ワンピース

ワンピースのビッグマムの能力ソルソルの実とは?弱点はブルックのヨミヨミの実?

ビッグマムの能力ソルソルの実とは?弱点はブルックのヨミヨミの実?
Pocket
LINEで送る

ワンピースの新世界を牛耳る、大海賊の頂点ともいえる四つの海賊団の船長の一人がビックマムです。

ビックマムは四皇でありながら万国の女王であり、ソルソルの実の能力を使って自身の子供たちやビックマム海賊団の傘下たちを従えています。

ソルソルの実の能力は大きく分けて2つありますが、極端に言えば自分や他人の「魂」を自由自在に操るものでした。

さらに異名である『天候を従える女』の通り、ビックマムは雷雲「ゼウス」と太陽「プロメテウス」の2つの擬人化した雲と火を従え、天候を操ります。

そんなビックマムの能力は一見無敵のように思えますが、作中で唯一その能力に対抗していたのがブルックです。

ブルックは作中でビックマムが魂を与えて従えていた兵隊を倒し、その魂を抜いていました。

果たしてブルックは、ビックマムの弱点となりえるのでしょうか?

今回は「ワンピースビッグマムの能力ソルソルの実とは?弱点はブルックのヨミヨミの実?」と題しお届けします。

 

ワンピースビッグマムの能力ソルソルの実とは?

まずはビックマムの食べた悪魔の実、「ソルソルの実」について見ていきましょう。

 

ソルソルの実の能力とは?

ソルソルの実は「魂(ソウル)を自由自在に操る」ことのできる能力で、超人(バラミシア)系の悪魔の実の中では強力な能力を持つ実ともいえるでしょう。

自分の魂を具現化させて操ることはもちろん、他人の魂をも操ることができます。

その他人の魂を操る能力ですが、大きく分けて2つあります。

一つは、相手からの同意を得るか、もしくは能力者に対して恐怖心を持った相手から、寿命を奪って自分のものにすることができる能力です。

ビックマムは半年ごとに一か月分の寿命を抜き取る代わりに、万国の住民の安全を保障したり、自身を恐れる敵対者や傘下、暴走時には自身の子供からも寿命を奪っていました。

そしてもう一つが、奪った寿命を物品や植物や動物達に魂として分け与えて擬人化させ、動いたり喋ったりと意志を持たせるという能力です。

同時に、ソルソルの実の能力者を創造主として絶対的な服従心を持つようになり、また本体の代わりに他人の魂を徴収するものも作中には出ていました。

ビックマムは擬人化させたモノたちを「ホーミーズ」と呼び、実質ビックマムの魂を分け与えられているので、強い戦闘力を持つようになります。

上記の点を見れば弱点のないように見えますが、ソルソルの実の能力によって集めた寿命や魂は死体や他人には与えることができません。

さらに寿命を奪うことも、ソルソルの実の能力者に対して恐怖心を抱いておらず、強靭な精神力で本体に臆さない相手には微塵たりとも寿命が奪えないという弱点があります。

事実、ビックマムに脅されたジンベイは、彼女から寿命を奪われずに済みました。

しかしあのビックマムを恐れない人物は、並大抵の海賊や人間の胆力では無理だと思われます。

 

ソルソルの実の能力者は?

現在は四皇ビックマムがソルソルの実の能力者ですが、その前の能力者はビックマムが現在も敬愛している聖母マザー・カルメルでした。

マザー・カルメルは作中では、リンリンが初めて食いわずらいを起こしたときに、ソルソルの実の力を使って村を燃やす業火を支配下に置いて鎮火していました。

悪魔の実はその能力者が死亡したとき、世界のどこかで再び悪魔の実として現れると言われています。

しかしビックマムの場合は、マザー・カルメルの失踪後直後になぜか使用できるようになっていました。

作品中では、能力者死亡直後にその能力が悪魔の実にならずに継承されたのは、ビックマム以外には白ひげのグラグラの実を奪った黒ひげだけです。

黒ひげがどうやって白ひげからグラグラの実の能力を奪ったのかは、いまだに明らかにされていません。

マザー・カルメルの失踪は、直接描写はありませんが、たぶん自我を失った幼き頃のビックマムがマザー・カルメルや他の子供たちを食べてしまったと思われます。

もしも能力者を食べることが、悪魔の実なしで能力を継承できるというのならば、マザー・カルメル失踪後にビックマムがすぐに能力を使えるようになった理由も納得ですね。

 

ワンピースビッグマムの能力ソルソルの実の弱点はブルックのヨミヨミの実?

ルフィとエネルのように、ビッグマムのソルソルの実の能力とブルックのヨミヨミの実の能力は天敵と言える能力だと思われます。

この2つの能力について考察していきます。

 

ブルックはソルソルの実の能力に対抗できる?

ルフィの仲間であるブルックはヨミヨミの実を食べ、一度死んで甦った骸骨人間ですが、その実の能力はただ甦るだけではありません。

能力の本質として「魂を現世に呼び戻す」という自然に反する現象により、ブルックの魂は限りなく実体に近い強力なエネルギーの塊となっているのです。

なので骨をかなり砕かれさえしなければ、本人の意思で切り飛ばされた頭や関節を繋いで復活したり、牛乳を飲んで骨の損傷もすぐに治ります。

そしてブルックは現在、魂というエネルギー体の塊として現世にいることになるので、同じエネルギーである他人の魂にも干渉することができます。

ブルックの場合は魂の干渉方法が音楽で、ブルックの奏でる音楽は人の感性を強烈に刺激し、戦闘時には敵に幻覚を見せたり催眠を掛けたりして翻弄させていました。

そしてホールケーキアイランド編では、ビックマムが作り上げたホーミーズたちを瞬時に無効化させています。

これは無理矢理ソルソルの実の能力によって「取ってつけた魂」を埋め込まれた相手から、その魂を引きはがしたということです。

悪魔の実の似たような能力でも上下関係があるので、ヨミヨミの実はソルソルの実の上位互換である可能性があります。

ホーミーズたちはビックマムの魂を分け与えられて生まれた存在なので、ブルックのその力は本体であるビックマムにも届くでしょう。

 

ツイッターでのビッグマムの能力についての反応は?

 

まとめ

ビックマムの持つソルソルの実の能力の紹介を中心とした考察でした。

まだまだ謎の多い悪魔の実ですが、その中でも特に強大な力を持つともいえるソルソルの実は、とても厄介な能力であることは間違いありません。

なぜマザー・カルメル失踪後、すぐにビックマムがソルソルの実の能力を使用できるようになっていたのかは、はっきりと作中で紹介されていない謎の一つです。

しかしこのソルソルの実の「魂」を奪い、「魂」を与えるという2つの能力のおかげで、ビックマムは四皇という大海賊に上り詰めれたと言えるでしょう。

現にビックマムの魂を与えたホーミーズたちだけでも、かなりの戦力になると思われます。

そんなホーミーズを一瞬で無効化できたヨミヨミの実の能力者であるブルックこそ、ビックマムの弱点ともいえるのではないでしょうか?

今後の展開によっては、暴走をし続けるビックマムをブルックが倒すかも知れませんね。

以上「ビッグマムの能力ソルソルの実とは?弱点はブルックのヨミヨミの実?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る