コロナウイルス

コロナチャレンジとは?アメリカなど海外でドアノブをなめるなどして炎上!

コロナチャレンジとは?若者のリスクを楽しむ遊びがやばい!
Pocket
LINEで送る

全世界で広まり猛威を振るう新型コロナウイルスですが、毎日感染者何人、死者何人との報道が出て不安な気持ちになりますね。

日本でも自粛で様々なイベントなどが中止になっています。

そんな中今アメリカなど海外の一部の若者が「コロナチャレンジ」といったものをしているようです。

言葉だけでも危険な感じがしますが、コロナチャレンジとドアノブなどをなめている画像、動画をアップしているようですが、この意味するところは何なのでしょうか?

今回は「コロナチャレンジとは?アメリカなど海外でドアノブをなめるなどして炎上!」と題しお届けします。

 

コロナチャレンジとは?

コロナチャレンジとは「不衛生な行為をsnsに投稿すること」であり、海外のネットユーザーが投稿するケースが非常に増えています。

その多くは新型コロナウイルスに関連した悪ふざけな内容で、目的は注目されるためであることがほとんどです。

ちなみに、アメリカのオンラインの辞書サイトである「urban dictionary」には「covidiot」という言葉が登録されました。

これは新型コロナウイルスの正式名称「covid-19」と、「馬鹿」の意味を持つ「idiot」を組み合わせた造語です。

買いだめをして周囲を困らせる人や、衛生上の警告を無視する人を指すスラング用語ですが、コロナチャレンジをする人も含まれると言います。

 

アメリカなど海外でコロナチャレンジドアノブをなめるなどする画像を紹介

これらのツイートは、海外でコロナチャレンジを行う人たちの光景を映したものです。

便座を舐めたり、手すりを舐めたりと、感染拡大を引き起こしかねない非常に危険な行為を行っています。

 

コロナチャレンジを見てのツイッターの反応

以下がコロナチャレンジを行う人たちに対してのツイートになります。

 

コロナチャレンジはメディアが意図的に選んだ?

コロナチャレンジとツイッターやインスタグラムで検索しましたら、たくさんの投稿がありました。

しかしドアノブをなめるなどの行為はほとんど見つけられませんでした。

そのような動画、画像は10個も見つけられませんでした。

ほとんどが以下のような挑戦が多かったです。

上記のツイートの1番目にある動画は「トイレットペーパーチャレンジ」というものです。

これはトイレットペーパーのロールをボールに見立てて、リフティングを何回できるかというのをチャレンジする動画を投稿することをいいます。

日本代表選手や各国の有名なサッカー選手も、動画を投稿したことで話題になっています。

 

コロナチャレンジまとめ

今回は、アメリカなど海外の一部の若者が行っている「コロナチャレンジ」を紹介しました。

ドアノブなどをなめている画像や動画は見つかりませんでしたが、便座を舐めていたり、手すりを舐めていたりなど、同じように危険な画像はありましたね。

ツイッターは今後不適切な画像・動画への対策を強化し、ガイダンスに反するような投稿は削除要請を行うなど強制的な対応を取るとのことです。

新型コロナウイルスの猛威を収束させるためにも、コロナチャレンジを行わないことはもちろん、関連ツイートをシェアしないことも意識するようにしましょう。

以上「コロナチャレンジとは?アメリカなど海外でドアノブをなめるなどして炎上!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る