僕のヒーローアカデミア

ヒロアカデクの個性のワンフォーオールとは?必殺技やフルカウルについて紹介

ヒロアカデクの個性のワンフォーオールとは?必殺技やフルカウルについて紹介

週刊少年ジャンプで連載中のヒロアカ。

無個性だった主人公デクは、憧れのヒーロー・オールマイトからワンフォーオールという個性を譲渡され、最高のヒーローを目指していきます。

はじめはワンフォーオールの力があまりに強大で、デクの身体では耐えることが出来ず、個性を発動するたびに反動で身体がボロボロになっていました。

しかし、だんだん力を制御することを覚え、少しずつフルカウルの上限をあげていくデク。

最新話では、45%の力を引き出すことが出来ていました。

そんなデクの個性・ワンフォーオールや、必殺技、フルカウルについて調べてみました。

今回は「ヒロアカデクの個性のワンフォーオールとは?必殺技やフルカウルについて紹介」と題しお届けします。

 

ヒロアカデクの個性のワンフォーオールとは?

デクは元々無個性でしたが、そのヒーロー性を見出され、オールマイトに個性「ワンフォーオール」を譲渡してもらいます。

 

ワンフォーオールの能力

簡単に言えば、「超パワー」。

単純にパンチや蹴りの威力をとてつもなく引き上げてくれます。

オールマイトはその能力を最大限まで引き出して使用していましたが、オールマイトほど身体ができあがっていないデクには負担が大きく、出力を制限しなければまともに闘うことが出来ませんでした。

 

譲渡する個性

ワンフォーオールは、これまでにも何代にわたって継承され、培われてきた個性。

元々は、巨悪の根源である敵の個性「オールフォーワン」から生まれたものでした。

それから8人の人間の間を渡って、デクに受け継がれます。

その個性には歴代継承者の個性も蓄積されており、「超パワー」だけじゃなく、他の能力もデクの代で発現し始めるといいます。

また、オールフォーワンには歴代継承者の「意志」も備わっており、デクはこれまでに何度かオールフォーワンの初代と接触をしてきました。

 

ヒロアカデクの必殺技やフルカウルについて紹介

ワンフォーオールはその凄まじい威力から、使う人間の器がしっかりしていないと自身の身体もボロボロになってしまう能力です。

そこで、デクは身体を鍛えつつも、少しずつ上限を引き上げていっています。

フルカウルは、全身に一定のワンフォーオールを発動し、継続的に身体能力を強化している状態です。

フルカウル発動時には、全身に血管のような赤いラインが浮き出てきて、緑色の電気のようなオーラを纏っています。

 

ワンフォーオール フルカウル 5%

ワンフォーオールの負荷に耐えられないデクが、どうやったら自分の身体を壊さずに技を出せるかを考え、はじめて出した技です。

5%というかすかな出力でも、一点に力を集中させることで威力を上げ、自分の身体への負荷を少なくしました。

 

ワンフォーオール フルカウル 8%

爆豪勝己との闘いで出した技です。

身体を壊さないギリギリの最大出力を少しずつ上げていき、この時点では8%の力を出すことが出来ています。

結果は爆豪に負けてしまったのですが、その闘いはどちらが勝ってもおかしくないほどに接戦で、最終的には爆豪の「負けてたまるか」という強い意志が勝ったというふうに感じられる描写でした。

 

ワンフォーオール フルカウル 20%

オーバーホール戦で出した、当時の最大限の出力です。

しかしこの技はオーバーホールに見切られ、かわされてしまいます。

 

ワンフォーオール フルカウル 100%

オーバーホールとの闘いのクライマックスで、壊理を抱えながら放った一撃です。

いままでは、自分の身体を壊さないように制限をかけながら闘っていたデク。

しかし、壊理の「巻き戻す個性」の暴走に抗うために、あえて「身体を壊しながら闘う」選択をしました。

身体を思いきり壊しても問題ないならば、リミッターは外れます。

ワンフォーオールの力を最大限に出力し、100%の力でオーバーホールを倒しました。

 

ワンフォーオール フルカウル 20%

文化祭準備の合間にオールマイトに呼ばれ、フルカウルを出してみなさいと言われて出したのが20%のフルカウル。

この時、「20%の力を出すと身体がもたない」とデクは語っていました。

 

ワンフォーオール フルカウル 45%

超常解放戦線とヒーローとの闘いが激化する中、オールフォーワンを継承された死柄木弔が目を覚まし、更にパワーアップした「崩壊」の個性で街を壊してしまいます。

津波のように伝わってくる崩壊の波に向け、技を放ったデクが出力したのが、45%のフルカウル。

文化祭の頃からかなり倍近い成長を遂げています。

 

デクの必殺技

ワンフォーオールを使用したデクの必殺技を見ていきましょう。

 

デトロイトスマッシュ

オールマイトと同名の技。

技としては、拳をぶつける、いわゆる単純なパンチですが、拳の圧だけでビル三階分の床を破壊するほどの威力を持っています。

 

デラウェアスマッシュ

オールフォーワンの力を指先に集中させて放つ、いわゆるデコピンのような技。

風圧で衝撃波のようにもなるので、中距離での攻撃が可能。

 

100万%デラウェア・デトロイトスマッシュ

マスキュラーとの闘いで、繰り出した技です。

ネーミングは100万%ですが、実際にその程度出力している訳ではなく、気合いのかけ声のようなものらしいです。

それでも威力は相当のものがあり、かなり強さに差があったであろうマスキュラーを倒すことができました。

 

シュートスタイル

オールマイトが拳で闘う戦闘スタイルだったことから、先入観でデクもずっと拳を使っていました。

しかし、拳はもう今までの戦闘で負荷がかかりすぎていて、次に無理をすれば使えなくなるかも知れないと言われます。

そこで編み出したのが、シュートスタイル。

特に脚技は、腕よりも力が出しやすく、低い出力で攻撃の威力をあげることができます。

いままでパンチで攻撃するのがメインでしたが、脚を使った技を多く繰り出すようになりました。

 

マンチェスタースマッシュ

オーバーホール戦で繰り出した脚技。

かかと落としのように、敵の脳天に脚を振り落とす技のようです。

しかしオーバーホールにこの技はかわされ、不発に終わってしまいました。

 

セントルイススマッシュ

シュートスタイルに変わってからの蹴り技。

跳び上段蹴りで相手を刈り取るようにして蹴りつけます。

 

デラウェアスマッシュ エアフォース

ジェントル戦で使用した技で、遠距離攻撃を可能とした技です。

発目明の作ったサポートアイテムを使用し、指先から瞬間的に20%の力を引き出し、空気の衝撃により相手に攻撃を与えます。

 

歴代継承者たちの個性

オールフォーワンの「筋力増強」「超パワー」に加え、デクには歴代継承者たちの「個性」が今後発現すると明かされています。

現在、明らかになっている個性が「黒鞭」。そしてオールマイトの師匠であり、死柄木の祖母である志村菜奈の個性「浮遊」。

他にはどんな個性が発現するのでしょうか。

詳しいことは以下の記事に書いてありますのでチェックしてみてください。

 

まとめ

ヒロアカの主人公デク。

憧れのオールマイトから継承した個性・ワンフォーオールを使いこなすための努力を着実に積み重ねてきています。

最新話ではフルカウルの状態で、力を45%まで出力していました。

ワンフォーオールを使った個性技や必殺技も、大分増えてきましたね。

今後、どのような戦いを繰り広げてくれるのか、どれだけワンフォーオールを使いこなすことが出来るのか、非常に楽しみですね。

以上「ヒロアカデクの個性のワンフォーオールとは?必殺技やフルカウルについて紹介」と題しお届けしました。

【ヒロアカネタバレ最新話278話速報】デクたちは死柄木をこのまま倒すことが出来る?
【ヒロアカネタバレ最新話278話速報】デクたちは死柄木をこのまま倒すことが出来る?https://youtu.be/2hOACVLT8Pk ヒロアカのアニメ5期も制作決定されましたね! 2020年7月13日...
Pocket
LINEで送る