Dr.STONE

【ドクターストーンネタバレ144話最新話速報】龍水とゲンの最強イカサマ攻撃を制したのは千空!

【ドクターストーンネタバレ144話最新話速報】白熱する千空と龍水のポーカー勝負は作戦!?
Pocket
LINEで送る

2020年3月23日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のDr.STONE(ドクターストーン)本誌144話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

Dr.STONE(ドクターストーン)の前話143話では、龍水と千空の船のルートを賭けたポーカー勝負が始まりました。

千空提案の最短過酷40日ルート、龍水提案の長距離安全70日ルート、どちらも正解のため揉めた挙句ポーカー勝負に発展しました。

勝負はペアで行うことになり、千空&コハクVS.龍水&ゲンという構図でスタートします。

イカサマとイカサマがぶつかり合った結果、体を張った千空が勝利を掴みました。

GPSで地球を渡る科学のショートカットルートに決定!?

今回は「【Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ最新話本誌速報144話確定】龍水とゲンの最強イカサマ攻撃を制したのは千空!」と題し紹介していきます。

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

ドクターストーン最新刊15巻を無料で読むには?収録話は何話から何話までで発売日やネタバレあらすじを紹介

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに無料で読むことができます。

さらには無料で今までのDr.STONEのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ最新話144話考察

前話ではアメリカに行くための船のルートをポーカーで決めることになりました。

考えられる展開や見どころを紹介していきたいと思います。

 

ポーカは作戦?船のルートを居間決めるワケ

船のルートを何故か今決めることになりました。

ルートというものは出発前に決めるものではないでしょうか。

それなのに今更揉めて、ポーカーで決めるというのは別の意図があるように思えます。

ゲンがよく使う手品のテクニック「フォーシング」かもしれません。

好きなカードを引かせるけれど、実は選ばせるカードは決まっているというテクニックです。

千空と龍水の考えるルートはどちらも正しいため、出発前にリーダーがルートを決めてしまうと船員たちには不満が生まれます。

しかし二人のポーカー勝負が始まり、陽が賭けようと言ったことで、船員たちもルート選定に加わるという流れになりました。

千空たちはこの効果を狙っているのではないでしょうか。

 

ポーカー勝負の行方

科学王国の五智将の内、三人が参戦するポーカー勝負。

これはすごい勝負になりそうです。

単行本11巻のおまけメカ千空Q&Aに、五智将の中で一番頭がいいのは誰かという質問が来たことがあります。

その際メカ千空は、全員タイプが違うと回答しました。

このことから誰が勝ってもおかしくないということが分かります。

ちなみに千空は思考力、龍水は決断力、ゲンは策謀力に優れていると追記がありました。

ゲンがイカサマをしかけ、コハクのずば抜けた動体視力でそれを見抜き、千空が策を考えて、勝敗が見えなくなったところで龍水が決めの一手を放つ、という感じになるでしょう。

原作者の稲垣理一郎先生は大ヒットマンガ『アイシールド21』の原作を担当されていて、その中でもポーカー勝負を出したことがあります。

悪魔的な才知を持つ蛭魔が使った伝説の技が出てくる、という可能性もありそうです。

 

科学王国の恋

科学の話がメインでイマイチ恋バナが出てこない科学王国。

しかし船内という限定された空間は恋の発展を助けるかもしれません。

船の中で南が船員たちの意気込みを聞くシーンがあり、その中でキリサメが金狼のことを聞かれ、顔を赤らめていました。

1コマだけの描写だったので、金狼に好感触を持っているのか、恋に奥手なだけかはまだわかりません。

ただ嫌いといった感じはしないため、今後恋へ発展する可能性もあるのではないでしょうか。

またインタビューする南自身も司への想いが未だ健在なことがわかっています。

ただ真逆な考えを持つ龍水のことも憎からず思っていることが142話で判明しています。

高潔な司と真逆ながらも魅力ある龍水、彼女がどちらを選ぶのかも今後の見どころの一つとなりそうです。

そして千空とコハクの進展も気になります。

二人はポーカー勝負となった際、流れるように自然にタッグを組みました。

恋の欠片もないような二人ではありますが、この以心伝心な感じ、もはや夫婦です。

この二人が船の中で急接近することはなさそうですが、すべてが終わったらいずれは・・・と考えてしまいます。

 

司と龍水は仲良くなれ?

選別思想のあった司と全てを欲しがる龍水は一見考え方が真逆です。

しかし龍水はヤバイ奴だと心配していた南ですら龍水をよく知る内に、そんなに悪い奴ではないと考えるようになりました。

龍水自身も司のことも欲しいと言っていて、みんなの力を合わせるべきだと考えています。

となると司が龍水をどう思っているのかということになりますが、まだそれは明かされていません。

ただ143話冒頭、舵を取る龍水の横には司の姿がありました。

会話している描写はなかったため、どうして横にいたのか、何をしていたのかといったことはわかりませんが、司を欲しがっている龍水なら何らかの会話を交わしたことでしょう。

司は今の自分の仕事は、銃によって人が人から吸い上げる構造を阻止すること、科学を血に染めさせないことだと話していました。

つまり龍水が人から搾取するような奴でないなら、二人は協力関係を築けると考えます。

 

5つの街はどこ?

千空がつくると言った街は5つあります。

コーンの街、超合金の街、アルミの街、ゴムの街、数学の街です。

一番初めにつくると言ったコーンの街はアメリカです。

他の街はどこなのか、地球儀の場所とリアルでの地域特性から考察します。

  • コーンの街・・・アメリカ
  • 超合金の街・・・アフリカ
  • アルミの街・・・オーストラリア
  • ゴムの街・・・東南アジア
  • 数学の街・・・ヨーロッパ

超合金は鉱物資源が豊富なことからアフリカ、アルミがオーストラリアなのはアルミの産出量もそうですが地球儀の場所的にそのままオーストラリアだからです。

ゴムは産出量が高い東南アジア、数学は数学界で権威ある賞をとっている数学者が多いのがヨーロッパでした。

ストーンワールド時代以前は国境に阻まれて協力が難しいときもあったかと思います。

でも今は国がないストーンワールド時代です。

世界中の専門家が力を合わせたらどんなすごいことができるのか・・・ワクワクしますね!

 

ホワイマンからの追撃はある?千空の見解は・・・

通信越しに地球丸ごと石化しようとしたホワイマン。

それ以降は今のところ動きがありません。

通信越しに攻撃してきたということは、石化装置は持っていない、あるいは持っていても地球に送り届けられないと考えられます。

前者であればひとまず安全です。

後者であれば時間をかけて送ってくる可能性もあるため、急いで月に行かなくてはいけません。

14話で千空は石化について仮説を立てていました。

宇宙人の攻撃、どこかの国からの攻撃、新種のウイルスといった仮説でした。

また復活したときに治癒される点から、石化は攻撃でないかもしれないとも考えているようでした。

しかしホワイマンが現れ、石化装置を実際に手に取り、悪意ある通信を受け取ることで思考の材料が増えたはずです。

そのため今後はアメリカ復活をさせつつ、千空がホワイマンの思惑を推理したり、対策を発表したりすると考えました。

 

Dr.STONE(ドクターストーン)最新話144話への感想・予想ネタバレツイート

以下がDr.STONE(ドクターストーン)143話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ最新話速報144話

Dr.STONE最新話144話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

開戦前

龍水とゲン、千空とコハクのペアでポーカー勝負が始まろうとしています。

ディーラー席には羽京が座り、船員たちは賭けを始めました。

陽は大量の札束を出して龍水に賭けると張り切り、スイカもゲームなら龍水が強そうだと言いました。

大樹は頭脳ゲームなら千空が勝つと言い、銀狼はコハクの視力をみんな知らなすぎだと千空チームに札束を掛けました。

南は実況をつとめながら、自分の命に関わることなのに楽しんでいるとたしなめ、その後ろに立つ司は無の顔でみんなの騒ぎを見ています。

早速ゲンがカードに触ろうとしてコハクに腕を掴まれます。

ゲンがハートのAを取って運ぼうとしたのです。

コハクは羽京に、このペラペラ男にカードを触らせるなと注意しました。

 

イカサマに次ぐイカサマに次ぐイカサマ!

勝負が始まりました。

龍水が次々と掛け金を上乗せする中、千空は龍水の度胸が良すぎてハッタリかどうか見抜けないと焦ります。

クロムが一進一退だと評価すると、スイカは龍水が少し勝っていると言いました。

またしてもコハクがゲンの腕を掴み、山札に何か振りかけたと言います。

ゲンは山札に砂糖や塩を振り掛ければカードを引き抜くときの目印になると種明かしします。

千空は砂糖と聞いてゲンの袖に注目し、中にカナブンがいることを発見します。

コハクがどれだけ小細工する気かとちょっと怒り出すと、ゲンはこれで全部だ、全カードをチェックしてもいいと言いました。

全員がカードの山札に注目します。

その瞬間、龍水がチップを山ほど上乗せしてきました。

コハクは今の一瞬で龍水の手札の向きが変わっていることに気づき、千空はゲンがわざと山札に視線を集中させた、マジックの基本の視線誘導だと指摘します。

そして手札のカードを4枚すり替えたと言いました。

 

千空の反撃

龍水の手札の中には4枚のAが揃いました。

千空が勝つにはストレートフラッシュしかありません。

千空はいつもの思考ポーズをとると、コハクにボソっと上から2、5枚目、下から2枚目と指示を出しました。

さらにチップを全て出し、全部賭けると宣言します。

その瞬間、コハクが目にもとまらぬ速さでカード3枚をチェンジしました。

ゲンが本当に上から3枚取ったのかと尋ねますが、コハクはしらじらしくもちろんだと返しました。

後方から見ていた司だけが山札の途中から取ったと見抜きますが、クロムはそんなことしてもカードが何かわからないんだから意味がないのではと言います。

ゲンは山札を見つめ、目印は見当たらないと言い、龍水はそれならハッタリの可能性もあるなと言います。

龍水と千空が数秒見つめ合います。

龍水が面白い、それならば自分もオールインだと言って、全チップを差し出しました。

 

決着と種明かし

勝負と言って龍水は4カードを出しました。

しかし、千空は最強の手札ロイヤルストレートフラッシュを出しました。

勝負は千空の勝ちです。

一同が驚く中、羽京はAが5枚あることになるけどそれはいいのねと心でツッコミます。

ゲンがトリックは何かと聞きます。

すると千空は無色透明のウルシを袖に塗って、目印のカードに塗ったと明かしました。

スイカは何で千空にはウルシが塗ってあるとわかるかと聞こうとして、答えを察します。

千空の顔がウルシにかぶれて、ぶっくり腫れていたからです。

千空はウルシにかぶれやすい体質のため、体がオートウルシセンサーになるのです。

太平洋横断はムズさ100億%の大圏航路に確定しました。

本土にいるルリと密に連携を取りながら進む科学のショートカット航海が始まります!

 

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ最新話速報144話まとめ

Dr.STONE(ドクターストーン)本誌の前話143話では、千空たちがアメリカ大陸に向けて出発しました。

過酷だけど40日で行けるルートと安全だけど70日で行けるルートで千空と龍水が揉めた結果、ポーカーで決着をつけることにしました。

最新話確定速報として144話のネタバレをお届けしました。

千空とコハクはゲンのイカサマの多くを見抜きますが、それらは大勝負のためのカモフラージュ、龍水の手の中にAカードが4枚揃ってしまいます。

しかし千空は体を張ったイカサマでロイヤルストレートフラッシュを揃えて龍水に勝利、ルートは難易度MAXの40日ルートに決定しました。

どんな航海になるのでしょうか!?

以上「【Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ最新話速報144話確定】龍水とゲンの最強イカサマ攻撃を制したのは千空!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る