Dr.STONE

【ドクターストーン157話ネタバレ】ゼノと千空の石化前夜から数千年後の邂逅まで

【ドクターストーン157話ネタバレ最新話速報】ゼノの闇堕ちにホワイマンの影あり?
Pocket
LINEで送る

2020年7月6日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のDr.STONE(ドクターストーン)本誌157話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

Dr.STONE(ドクターストーン)の前話156話では、千空とゼノの石化前の出会いと交流について描かれました。

独学でのロケット作りに限界を感じた10歳の千空は、世界の科学者たちにメールをして、NASAの科学者だったゼノがそれに応えました。

157話では石化前夜から石化が解けるまでのゼノたちの姿が描かれました。

ゼノはツバメが石化してなお生きていると知って国立公園にVIPたちを集め、その中にスタンリーやルーナ、カルロス、マックスもいました。

そんな中、石化光線が地球を包み、スタンリーが意識を飛ばさないよう叫んだため、ルーナたちは意識を保とうとしました。

石化したゼノは目覚めたあとにやるべきことを考え続け、千空と同様に脳を限界まで使います。

その結果二人は同日に目覚め、同じ場所を目指すことになったのでした。

邂逅、間近…!?

今回は「【Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ最新話速報157話確定】ゼノと千空の石化前夜から数千年後の邂逅まで」と題し紹介していきます。

 

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに無料で読むことができます。

さらには無料で今までのDr.STONEのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ドクターストーン157話ネタバレ考察

前話ではゼノと千空の出会いと思想の違いが描かれました。

これから考えられる展開や見どころを紹介していきたいと思います。

 

ドクターストーンネタバレ157話考察|ルーナが好きになるのは千空それとも大樹?

スパイとして奮闘しているルーナですが、その内実はちょっと私利私欲に負けている感じです。

Dr.大樹の人物像を想像してタイプかもしれないとときめいたり、千空の理知的な感じに好印象を抱いたりするあたり、乙女って感じで根も悪い子ではなさそうです。

このままペルセウス号にいると彼らに情が移りそうだし、本当に大樹か千空を好きになってしまうかもしれません。

彼らは名実ともに主人公、魅力十分な二人です。

ただ大樹には数千年片思いしている杠がいるし、千空には元妻ルリやほっぺにキスしたことのあるコハクがいます。

この事実を知ればショックを受けて、スタンリーにすぐ狙撃の合図を出してしまうかもしれませんね。

 

ドクターストーンネタバレ157話考察|復活液バレる?

ゼノは復活の条件について、数千年意識を飛ばさなかった人だけが硝酸によって復活できると話していました。

千空のようにトライアンドエラーによって復活液を完成させるところまで至っていないのです。

あるいは自分たちのことを選ばれしメンバーとも言っていたので、硝酸で復活できない人に興味がないのかもしれません。

このことからゼノは既存の知識は千空を上回るかもしれないけれど、発想力や根気は千空が勝るかもしれないと考えられます。

ただゼノの頭の良さやヒントがたくさん出てしまっていることから、復活液にたどり着いてしまう日は近いと予想します。

ゼノがどうやって復活したと聞いたとき、復活液は教えられないと大樹が答えました。

「復活液」って言ってしまっています。

まず液体だとバレた、そこからゼノは硝酸と無関係ではないだろう、科学王国は投降しなかった、アメリカまできた理由などを考えることでしょう。

そうして繋ぎ合わせることで復活液に辿りついてしまいそうです。

復活液は9話で千空が説明していましたが、硝酸とアルコールの混合液でそこまで複雑なレシピではありません。

バレる前に勝負を決めたいところですね。

 

157話への感想・予想ネタバレツイート

以下がDr.STONE(ドクターストーン)156話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ドクターストーン157話ネタバレ

Dr.STONE(ドクターストーン)最新話157話「同じ刻同じ場所で」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーンネタバレ157話|千空の分析、ゼノへの協力要請

人類石化前日、ゼノは老練な科学者とともに世界中で発見されているツバメの石像について話していました。

ゼノはツバメが石化したと考える日本の高校生がいると話します。

CDC(アメリカ防疫センター)では、ツバメの石像の解析が行われていました。

成分や強度、ほぼ全ての薬剤に反応しないことが分かると、NASAのゼノの下に解明の手掛かりを見つけるため協力してくれと要請が出されます。

日本にいる千空も一人ツバメの石像を調べていました。

ガソリンを作ってツバメの石像に用いて物理法則を探ろうとしていると、大樹が杠に告白すると宣言しに来ました。

千空は興味0の顔でそれを興味深いと言うと、ガソリンができた、NMR(核磁気共鳴装置)にかけてツバメの穴ボコの深さや物性がある程度読めると喜びました。

 

ドクターストーンネタバレ157話|アメリカのスーパーヒーロー集結

アメリカの国立公園。

その日は国防研究局DARPAによる技術の祭典が行われるはずでしたが、急遽軍まで護衛に駆り出されました。

スタンリーがキナ臭いと言うと、スタンリーの顔見知りらしき男もアメリカのスーパーヒーロー大集結だと笑いました。

ゼノはツバメの石像を取り出し、脳波が出ていること、つまり生きていると言います。

するとスタンリーはツバメが新兵器による攻撃を受けたと理解し、もし攻撃を受けるようなら意識を飛ばさなければワンチャンあると言いました。

同じ場所にはルーナやカルロス、マックスもいました。

カルロスはルーナをお嬢と呼び、もうすぐお嬢の誕生日だと言ってプラチナの指輪を差し出そうとします。

そこでルーナは、彼方から巨大な光が押し寄せてくるのを目撃します。

 

ドクターストーンネタバレ157話|石化直後それぞれ

スタンリーがゼノの肩をつかみ、周囲に退避を呼びかけ、石化は不可避だが意識を飛ばすなと叫びます。

カルロスたちはルーナを守ろうとしますが、石化光線によって石化していきます。

その中でカルロスはルーナにあげるプラチナの指輪をなくさないため、飲み込みました。

ルーナは石化する中、ぼっちのまま死にたくない、自分はデキる女だと意識を保とうとし、カルロスたちはルーナを一人にはしないと強く意識しました。

スタンリーは寝ないことには慣れていると冷静です。

しかし、スタンリーの部下たちは意識を保とうと努力したものの、次々と意識を失っていきました。

 

ドクターストーンネタバレ157話|必然の邂逅

ゼノもまた冷静でした。

国立公園は硝石の洞窟が多いから石化から目覚める可能性もある、目覚めることができたならコーンベルトでコーンを育てて畜産飼料やアルコールを確保しようと考えます。

そして科学屋がいたら同じことを考え、同じ場所に集まるかもしれないと思いました。

ゼノと千空、二人は脳を限界まで使って思考を続け、同等のエネルギーを消費します。

それは運命や偶然ではなく、同じ科学を見つめた必然。

数千年後、二人は同日に目覚めて同じ場所を目指し、ついに邂逅を果たそうとしています。

 

まとめ

Dr.STONE(ドクターストーン)本誌の前話156話では、千空とゼノの過去の交流が明らかになりました。

10歳の千空とNASAの科学者だったゼノ、ロケットが二人を繋ぎましたが、二人の思想には好奇心と支配という大きな違いがありました。

最新話確定速報として157話のネタバレを紹介しました。

157話では石化前日のゼノや千空の行動が明らかになりました。

ゼノは千空が発信したツバメ石化説を信じて解析を行った結果、石化してもツバメが生きていると知ります。

アメリカのVIPたちを集めてそれを話そうとする中、石化光線が降り注ぎ、スタンリーは意識を飛ばさないよう命じました。

ゼノと千空は数千年の間、同じことを同じだけ考え、復活しました。

二人の邂逅が当然のように近づいています。

以上「【Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ最新話速報157話確定】ゼノと千空の石化前夜から数千年後の邂逅まで」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る