Dr.STONE

【ドクターストーン160話ネタバレ】クロム科学の灯を託される!

【ドクターストーンネタバレ160話最新話確定速報】千空重症でゼノ追い打ち?
Pocket
LINEで送る

2020年8月3日(月)発売号の週刊少年ジャンプ本誌に掲載予定のドクターストーン160話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ドクターストーンの前話159話では、ゼノが現在の千空の声や身長を割り出し、スタンリーが千空を狙撃しました。

160話では銃撃を受けた千空が倒れ、ルーナに手当てが託されました。

また、司たちがクロムとコハクのところに到着し、城に潜入しようとしたところ千空銃撃の報せが入ります。

そして千空からは一言「クロム」というメッセージが入り、クロムの目に科学の灯が灯りました。

ストーンワールドの科学者Dr.クロムがゼノに立ち向かう!?

今回は「【Dr.STONE(ドクターストーン)160話ネタバレ】クロムが科学の灯を託される!」と題し紹介していきます。

 

これまでのドクターストーン話を読み返したいと思われる場合は、ドクターストーン単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにドクターストーン無料で読むことができます。

さらには無料で今までのドクターストーンのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐドクターストーン読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ドクターストーン160話ネタバレ考察

ドクターストーン前話ではスタンリーによって千空が狙撃されました。

これから考えられるドクターストーンの展開や見どころを紹介していきたいと思います。

 

ドクターストーン160話ネタバレ考察|千空は致命傷を負う?

スタンリーの狙撃は、千空が船内に隠れたのにも関わらず、正確に届きました。

建物内に入った相手でもためらいなく撃つということは、壁面や障害物を粉砕してでもターゲットを殺傷する威力があるということです。

つまり遮蔽物によって威力が衰えたり、銃弾が砕けたりしても、千空が死なない根拠にはなりません。

ポイントは千空の防御策、ダイラタンシー流体がどこまで働いてくれるか、ということになります。

衝撃を受けると固まるというダイラタンシーという性質が、銃弾の破片をどこまで防ぐのでしょうか。

古くからこの現象は認知されているようですが、防弾チョッキへの実用化はなされていないようです。

さらに袋の一部が破裂している描写もあったため、千空へのダメージは多少なりともあると考えます。

千空が瀕死になった場合、科学王国は電池切れとなった石化装置メデューサを使いたいと思うはずなので、充電するためにゼノの科学力を借りようとする、という展開も考えられますね。

 

捕捉:リキッドアーマー動画はCG?

2000年代初頭からダイラタンシー現象を利用した防弾チョッキ「リキッドアーマー」の動画がUPされています。

これを見るとあたかも実用化されていて、銃弾をも防ぐ、と思われるかもしれませんが、CGだろうという意見も多かったです。

 

科学のリーダー代理はクロム?

千空が重傷を負った場合、ゼノ側は追い打ちをかけてくるでしょう。

投降を求め、それが叶わなかった場合はスタンリーに追撃を仕掛けさせると予想します。

科学王国側が投降するとは思えません。

龍水や司といったカリスマ性があり有能な人材がまだまだいて、司のゼノを捕らえる作戦は決行中だからです。

もし司がゼノを捕らえた場合、形勢は逆転しますが、そろそろ司たちの行動も描かれそうですね。

またクロムが科学のリーダー代理を務める、という展開もありそうです。

 

ドクターストーン160話ネタバレ考察|ゼノと仲間の関係性

強い殺意はなくても千空を排除すると決めたゼノに、目的のために手段を選ばない冷酷さを見ました。

それは仲間に対してもそうなのではないでしょうか。

千空の様に仲間と信頼関係があるわけではなく、ゼノと仲間はあくまで利害が一致しているから行動を共にしているだけで、もし千空側に寝返ったら容赦なく切り捨てることでしょう。

今のところルーナが科学王国との距離が違いので、もしかしたらルーナとルーナの信奉者カルロスとマックスが寝返る、という展開もありそうです。

 

ドクターストーン160話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がDr.STONE(ドクターストーン)159話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ドクターストーン160話ネタバレ

Dr.STONE(ドクターストーン)最新話160話「科学の灯」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン160話ネタバレ|混乱

銃撃のあと、千空は倒れました。

杠や銀狼が警戒しますが、龍水は音よりも着弾の方が速い、もう撃ち終えたと言います。

大樹が千空の名を呼び、駆け寄りました。

手ごたえを感じたスタンリーは、カルロスたちに仕事は終わったから戻る、ルーナは好きにしろと言って立ち去り、船上のルーナはどうしようと狼狽えていました。

ペルセウス号は大混乱に陥りかけますが、龍水がひときわ大きな声を張り上げます。

科学のリーダー千空を消した、あとはじっくり降伏を促すだけだ、敵は今そう油断している、反撃のチャンスだと叫びます。

陽は状況が違うと言い、銀狼は千空の墓を作ろうと言いますが、龍水は早合点するなと返します。

千空は生きていました。

声は出せず横たわったままですが、死んでいない、弾も抜けていると口を動かし、高速で手当てしているフランソワが日本語と英語でそれを伝えます。

 

ドクターストーン160話ネタバレ|医学生ルーナ

涙目のカセキは千空が弾の威力を殺した袋を抱え、これで止めたのか、すごいことしちゃうねと賞賛します。

千空は頭だったら死んでいた、復活液のレシピを残すかもしれないから敵も遺言の時間を与えようと胸を狙ったんだと返し、無理にしゃべるなと叱られます。

目に涙をためたルーナがあの状況でよく頭を回した、すごいと胸を押さえたところで、千空が気絶しました。

フランソワが応急処置しかできない、これ以上は医者の助けが必要だと言うと、ルーナが前に出て千空の二の腕を掴みました。

軽く握ったり、強く握ったりすることで血圧の状態を確認すると、龍水が医者なのかと尋ねます。

ルーナは医学部の学生だったと答え、デキる女になって知的なイケ男子を彼氏にすると張り切って大学に入学したことを思い出します。

ただ父のコネを使って入学したものの、授業にはついていけなかったと話すと、大樹がルーナの手を掴みます。

頼む、千空を、俺たちの友達を護ってくれ、懸命に頼む大樹をルーナは見つめます。

 

ドクターストーン160話ネタバレ|逆大脱走

クロムとコハクはゼノの城を監視していました。

攻めるにしても丸見えだからすぐに返り討ちだとクロムが言うと、実際にはマシンガンの十字砲火で瞬殺だろうという声が後ろから聞こえてきました。

突然の気配と声にクロムとコハクは驚き、振り返ります。

するとそこには科学王国の精鋭たち、司に氷月、羽京、スイカが立っていました。

司が夜間に侵攻したいが開けすぎていると言い、氷月は敵の城内には入れれば負けない、羽京はゼノをどうやって確保して脱出しようかと言いました。

穴を掘るしかない、逆大脱走だ、司のその提案に氷月が同意します。

コハクと羽京、スイカは動揺しますが、クロムは興奮します。

羽京が千空に穴を掘るのに必要なアイテムを頼もうと言って通信機器を取ると、丁度向こうから通信が入りました。

 

ドクターストーン160話ネタバレ|科学者はテメーだ

科学王国の暗号は上杉謙信が使っていたもので、いろはにほへとの表に対応した数字でやりとりするというものでした。

ゼノは「いろはにほへと」を知らないだろうと考えてのことです。

通信を終えた羽京の顔色が変わります。

千空が狙撃された、生きてはいるが千空の手助けは期待できないと言うと、科学なしで掘るしかないという話になります。

しかしそこで羽京は、千空から3文字だけメッセージがあると言います。

「47 12 42」、それは「ク ロ ム」でした。

クロムの脳裏に千空とのやりとり、もう妖術とは言わないと言ったこと、次は科学で何を作ると相談したこと、方解石を見つけたことなどがよぎります。

千空の父であり石神村の開祖である百夜はかつて、人類がどんな状況になっても世界の仕組みを知りたいという欲張りな奴は沸いてくると言いました。

そして今、千空はクロムに向かって呼びかけます。

「Dr.クロム 科学者はテメーだ」

 

ドクターストーン160話ネタバレまとめ

Dr.STONE(ドクターストーン)本誌の前話159話では、ゼノが卓越した思考力で千空を割り出し、スタンリーが軍人的感覚で千空を見つけて狙撃しました。

最新話確定速報としてドクターストーン160話のネタバレを紹介しました。

ドクターストーン160話で千空は倒れ、医学生だったというルーナが大樹に手当てを頼まれました。

また、司たちはクロムの下にたどり着き、千空は通信越しにクロムに科学を託しました。

クロムはゼノの城への道を拓けるのでしょうか。

以上「【Dr.STONE(ドクターストーン)160話ネタバレ】クロム科学の灯を託される!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る