Dr.STONE

【ドクターストーン161話ネタバレ】Dr.クロム大活躍二週間で穴を掘る!

【ドクターストーンネタバレ161話最新話速報】Dr.クロムの逆大脱走作戦
Pocket
LINEで送る

2020年8月11日(火)発売号の週刊少年ジャンプ本誌に掲載予定のドクターストーン161話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ドクターストーンの前話160話では、狙撃を受けた千空が倒れ、クロムが後を託されました。

161話では、クロムがドリルを、ゼノが秘密兵器を二週間で作ることに!

龍水たちは穴を掘る時間を稼ぐため、メデューサとゲンを使ってゼノをけん制します。

ゼノたちも秘密兵器を作るための時間が必要だと言い、結果的に二週間の時間を稼ぐことができました。

ドリルが先か、秘密兵器が先か、クラフト名人たちの戦いが始まります!

今回は「【Dr.STONE(ドクターストーン)161話ネタバレ】Dr.クロム大活躍二週間で穴を掘る!」と題し紹介していきます。

 

これまでのドクターストーン話を読み返したいと思われる場合は、ドクターストーン単行本を電子書籍でお得に読みましょう。


電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにドクターストーン無料で読むことができます。

さらには無料で今までのドクターストーンのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐドクターストーン読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ドクターストーン161話ネタバレ考察


ドクターストーン前話では千空が倒れ、クロムたちがゼノの城を目指しています。

これから考えられるドクターストーンの展開や見どころを紹介していきたいと思います。

 

ドクターストーン161話ネタバレ考察|Dr.クロムの逆大脱走

千空は重傷となりましたが、後継として名指しされたクロムの反撃がここから始まるはずです。

クロムは原始の世界ストーンワールドの住人でありながら、珍しいものを片っ端から集め、試していることから、千空からも一目置かれている立派な科学者です。

そんなDr.クロムの一番得意とするのは「観る」ことです。

不思議な石や草、ISSの発見、メデューサで攻撃されたときも石化速度を観ていました。

また、単行本11巻に掲載されているおまけ「メカ千空Q&A」のコーナーで、科学王国五智将の中で最も「発想力」に優れていると明記されています。

穴を掘るために必要な手段や道具を、きっと現地調達してくれることでしょう。

掘りやすいところ、地盤の緩いところなどを見つけるのは得意そうです。

大規模な工事はバレるのでパワーショベルなどは使わないし作れないはずです。

クロムのことだから自然の力を借りて穴を掘る手段を見つけるのかもしれません。

 

捕捉:映画「大脱走」とは?

ちなみに160話で出てきた「逆大脱走」というワードは映画「大脱走」から来ています。

囚人たちが牢から3つの穴を掘って脱獄を目指すというストーリーで、司たちはゼノの城を牢と見立て、牢に行こうとしているから「逆大脱走」なのでしょう。

また、映画では牢から出たあとも貨物列車や自転車、飛行機、船といった交通手段をいくつも使って逃げ切ろうとします。

この映画を参考にするのなら、穴はカモフラージュを含めて複数掘るという可能性、地下だけでなく空路も使うかもしれません。

穴を掘るより、新月の日にグライダーなどで近づく方が時間は短縮できるように思えます。

果たしてDr.クロムの作戦は!?

 

ドクターストーン161話ネタバレ考察|スタンリーがアッサリ退いたワケ

狙撃を終えたスタンリーが帰っていきました。

当たったことを確信し、千空が死んだかどうかは確認しませんでした。

考えられるのは、自分の腕前に自信があったから、またはあれで死なないのなら構わないと思ったのか、ということです。

前者であれば今度仕掛けるときはさらに念入りに攻撃してくるでしょうし、後者であればゼノに何か思うところがあるのかもしれません。

スタンリーとゼノは幼なじみということですが、まだ互いの能力を互いに信用しているという点しか分かっていません。

スタンリーはゼノが持つ最も強力な武器とも言えます。

彼が何を考えているのかが、今後ゼノを倒す上で重要になってきそうです。

 

ドクターストーン161話ネタバレ考察|ルーナは寝返る?

医者の卵であることがわかったルーナですが、瀕死の千空を護ってくれと懇願する大樹に対して、返事はしませんでした。

ただルーナが船上に来て千空が狙撃されたので、ルーナが千空を狙撃する手助けをしたと思われるのは必然です。

大樹の懇願に心が動かなかったとしても、このままではタダで済まされないと考え、千空を治療するはずです。

また千空のことを知的ですごい奴と思ったことから、治療後は寝返るのではないかと考えます。

そしてカルロスとマックスはルーナを大切に思っているようなので、ルーナが治療したあともペルセウス号に残るようなら一緒に寝返りそうです。

それにしても大樹の「護ってくれ」という表現が印象的ですね。

「助けてくれ」ではなく「護ってくれ」、どんな意味が込められているのでしょうか。

 

ドクターストーン161話ネタバレ考察|ゲンピンチ!

Dr.大樹は影武者、本当の科学のリーダーはDr.千空だとバレました。

嘘を教えたゲンはタダでは済まないはずです。

ゲンの傍にいて肉を喰らっていた女性がゲンの見張り役と思われるので、彼女から何らかの制裁を受けるかもしれません。

また、改めてゼノがゲンに科学王国の実状を聞くという展開もありえます。

ゼノは正直者も嘘つきも大好きだと言っていましたので、ゲンを即処刑するというよりは、嘘の可能性ありきで尋問を続けるかもしれません。

ゲンは嘘をついた、それを頭に入れた上で効果的な尋問を行うのではないでしょうか。

ゲンは戦いに支障がない形で真実を混ぜつつ、嘘の上塗りをしようとするでしょうが、どちらが上手となるのでしょうか。

 

ドクターストーン161話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がDr.STONE(ドクターストーン)160話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ドクターストーン161話ネタバレ

ドクターストーン最新話161話「CRAFT WARS」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン161話ネタバレ|時間稼ぎ

敵本陣までつづく秘密のトンネル掘り大作戦のスタートです。

クロムは俺が全部つくる、ロードマップから何から何まで、と宣言しました。

司は少なくとも二週間は時間が必要だと言います。

一方、ペルセウス号では龍水が中心となって作戦会議が行われていました。

千空を倒したことで科学の芽を摘んだと思っているはずだから、これからゼノたちは随時降伏を促してくるはずだと言います。

断り続けたら攻撃されるだろうがそれがいつかは分からない、強硬策はリスキー、時間をかけた方がいいと思わせようとつづけました。

そこでルーナに治療を受けている千空が口を動かし、フランソワが訳します。

ソッコーで時間を作ろう、羽京が持っている本物のメデューサをゼノにプレゼントすると言いました。

 

ドクターストーン161話ネタバレ|続・ゲンのハッタリ

ゼノの城の門に、羽京が放った矢が刺さりました。

そこには石化装置メデューサがつけられています。

メデューサを渡す意図は、ゼノほどの科学者ならメデューサが21世紀の科学を超えた超科学物体であることを理解するからです。

それがゼノに対するけん制になり、ダメ押しの威圧としてゲンも働きます。

ゼノがメデューサを持っているのを見たゲンは、早速千空たちにハッタリを求められていると察し、のけぞって驚くフリをします。

まさかそれは石化装置、南の島でいっぱい拾った、それは不発弾みたいだけどちゃんと動けば石になる、迫真の演技でそう訴えます。

しかしゼノの仲間のメカニックDr.ブロディは大笑いして、フカシをこくな、リーダーの情報も嘘だったじゃないかと言います。

するとゲンはさらに驚いたフリをして、そうだったんだ、千空と大樹はいつも一緒にいたから千空がすご腕科学者だとは知らなかったと返しました。

 

広告

ドクターストーン161話ネタバレ|二週間のクラフトバトル

ゼノは千空から送られてきた写真にあった大樹の姿を思い出し、ゲンの話はさておき、メデューサが旧世界の技術を超えているのは間違いないと言います。

ペルセウス号から戻ってきたスタンリーも会話に参加します。

起動法、発動時間、効果範囲はどうなんだと言うと、ゲンは詳しいことはわからない、分かっているのは数千年前の石化光線と同じく不可避だということだと言いました。

そして焦って船を攻めれば全員石化されちゃうと言って笑いました。

ゼノが確かめる術がないと言って合図を送ると、大柄な女性がゲンの顔を両手でバチーンと挟み、大声で歌い出しました。

耳栓です。

ゼノとスタンリーが部屋を出て、ゲンを両手で挟んだ大柄な女性がそれに続きます。

らせん状になった階段を下りながらスタンリーは、例のアレが完成すれば問題ないと言い、ゼノが階下で作業するブロディに完成はいつかと尋ねます。

階下で何やら大掛かりなモノを相手に作業をしていた天才メカニックDr.ブロディは、二週間だと返しました。

 

ドクターストーン161話ネタバレ|つまりドリル!

城の外ではクロムたちが協力しながら穴掘り作戦を進めていました。

羽京が三角測量で距離を測り、スイカやコハクがそれを手伝い、クロムが頭をパンクさせながら様々な計算を行っています。

たどたどしくもきちんとした計算式が書かれているのを見て、羽京たちは驚きます。

そうしている内に司と氷月が戻り、クロムが完成したロードマップを披露しました。

そこにはとある機械を作って穴を掘るまでの行程が書かれていて、クロムはこんな機械は21世紀にもなかったんじゃないかと自信満々です。

名付けて「土木採掘 輪転式 ループナイフ」、頭文字を取って「ドリル」だと発表します。

司と羽京はすぐに21世紀にもあった「ドリル」だと理解しました。

 

ドクターストーン161話ネタバレまとめ

Dr.STONE(ドクターストーン)本誌の前話160話では、狙撃された千空が倒れて、通信越しに千空がクロムに後を託しました。

最新話確定速報としてドクターストーン161話のネタバレを紹介しました。

161話では、クロムが穴を掘るまでのロードマップを作り、ドリルを作ることにしました。

ゼノたちも秘密兵器を作っていることがわかり、その完成は二週間後。

クラフト対決を制するのはどちらでしょうか。

つづきが気になりますね!

以上「【Dr.STONE(ドクターストーン)161話ネタバレ】Dr.クロム大活躍二週間で穴を掘る!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る