Dr.STONE

【ドクターストーン174話ネタバレ】千空が仲間と別れゴムを手に入れる!

【ドクターストーンネタバレ174話最新話確定速報】千空とゼノのバイクづくりスタート?
Pocket
LINEで送る

2020年11月16日(月)発売号の週刊少年ジャンプ本誌に掲載予定のドクターストーン174話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ドクターストーンの前話173話では、スタンリーがレーダーを使って千空たちを捕捉、すぐ傍まで迫りました。

しかし千空はチェルシーが使っていた凧を帆に変えて、ボートを帆船にレベルアップすることで振り切りました。

174話では、千空たちが囮作戦でスタンリーを一歩リード。

カセキやクロムは囮役との別れに涙しましたが、千空はドライに見送ります。

その後、千空たちはゴムの木を発見、ゼノの協力もあってすぐにゴムを完成させました。

ついにバイクが完成する!?

今回は「【Dr.STONE(ドクターストーン)174話ネタバレ】千空が仲間と別れゴムを手に入れる!」と題し紹介していきます。

 

これまでのドクターストーン話を読み返したいと思われる場合は、ドクターストーン単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにドクターストーン無料で読むことができます。

さらには無料で今までのドクターストーンのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐドクターストーン読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ドクターストーン174話ネタバレ考察

ドクターストーン前話では、スタンリーに追いつかれそうになりますが、チェルシーの凧を帆に変えてスピードアップしました。

いよいよアマゾンに行って、ゴムの木探しが始まります!

これから考えられるドクターストーンの展開や見どころを紹介していきたいと思います。

 

ドクターストーン174話ネタバレ考察|バイク作りづくり突入!

凧を帆に変えることでスタンリーを一歩リードした千空たち。

龍水がスピードは互角と言っていたため、そこまで引き離すことはできないはずです。

ボートはそれほど大きなものではないので、入り江に停泊してすぐに隠せば見つからないのかもしれません。

または見つかったときは、戦闘員の誰かが足止めをしてバイクを作る時間稼ぎをするのかもしれません。

すでに松風とモズという槍の使い手が破れているので、二人の師である氷月が足止め役を買って出るという展開も面白そうです。

 

ドクターストーン174話ネタバレ考察|千空とゼノさらに仲良しに

今後バイクを作る中で、ゼノの助けがあれば百人力です。

立場上で言えば千空とゼノは敵ですが、チェルシーの言う通り、科学が関わると二人は途端に仲良しです。

ちょっとしたアドバイスは期待できるのではないでしょうか。

また、今のところゼノは千空とクロムくらいとしか話していませんが、一緒に製作することで他のメンバーと会話することもあるはずです。

武器を悪用しようとする司がゼノのことをどう思っているのかが興味深いところです。

 

ドクターストーン174話ネタバレ考察|バイクづくりでチェルシー活躍

大陸を大回りするのではなく、アマゾンの熱帯林を突っ切ることになりました。

そのためバイクが必須、千空は早速バイク完成までのロードマップを描いています。

ロードマップを見たゼノがゴムはあるのかと指摘していたことから、ゴム調達が難関となりそうです。

ゴムはアマゾンにあるヘベアというゴムの木の樹液から作ることができ、硫黄を使うことで強くなるようです。

おそらく新メンバーであるチェルシーが地理学者らしい考察で、ゴムの木を見つけ出すのではないでしょうか。

 

ドクターストーン174話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がDr.STONE(ドクターストーン)173話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ドクターストーンアニメ2期放送時期決定!

2019年12月に最終回を迎えたアニメDr.STONE(ドクターストーン)1期ですが、2期の放送時期が決定しました。

2021年1月です!

詳しくは公式Twitter、公式サイトもご確認ください。

ティザービジュアル公開や壁紙データプレゼントなどの情報盛りだくさんです!

ドクターストーンアニメ公式サイト:https://dr-stone.jp/

 

ドクターストーン174話ネタバレ

ドクターストーン最新話174話「幻のパナマ運河」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン174話ネタバレ|敵のレーダー屋を出し抜くには

スタンリーと全速力でレースしながらゴムの木をゲットすることになった千空たち。

チェルシーは海に近いゴムの木への案内は任せてと明るく請け負いますが、スイカやルーナはのんびりゴムなんて取っている時間はないのではと悲観的です。

カルロスとマックスもスタンリーはヤバい、この船がスタンリーの空母から飛行機で届く位置に来たらすぐに撃ち殺されると言いました。

千空も同意し、龍水も復活液のレシピを知った今となっては殺さない理由はないと言い、大樹が羽京にレーダーマン電波対決のようなことはできないのかと迫ります。

しかし羽京は、電波出したら位置を知らせるようなもの、向こうは敵影を絶対に見逃さない、スピードが五分になってもぴったりとくっついてくると返しました。

そこでチェルシーがパナマ運河さえあればいいのにとボヤきました。

 

ドクターストーン174話ネタバレ|パナマ運河は使える?

クロムがパナマ運河とは何かと聞くと、フランソワが地球儀を持って解説を始めます。

昔、船で南米を回りこむのは大変だった、だから大陸同士のつなぎ目の細い所を運河にしたと言うと、クロムはとんでもないなと驚きます。

チェルシーは放置された運河では空母は通れない、ただ放置されているからきっと埋まっているだろうと言うと、千空が「それだ!!」と言いました。

龍水も指を鳴らし、今からパナマ運河行きと二手に分かれようと言います。

コハクやクロムたちがどうやってと言うと、千空たちは早速科学の準備を始めました。

ゲンと羽京が金属のものをたくさん吊るし、レーダーに見つかりやすい工夫をしながら、敵のレーダー屋は優秀だから敵影を見落とさない、そこを逆手に取ると話します。

コハクがパナマ運河は埋まっているのなら行き止まり、スタンリーに捕まってしまうのではないかと指摘します。

すると千空は厳しい顔を作り、パナマ行きの囮にはそのまま撃たれて死んでもらう、と言いました。

クロムが囮とは誰なのかと聞きます。

 

広告

ドクターストーン174話ネタバレ|仲間との永遠の別れ

囮となった無人のラボカーが出航、自動運転で去っていきました。

カセキが号泣し、千空だって一緒に作ったじゃないか、カワイくないのかと責めますが、千空はラボの方は取った、ただの機械だろとドライに返しました。

「機械は機械だよ派」と「ラボカーも仲間だったよ派」に別れてしまったものの、ともかくボートからは一人の人間も減ることなく、囮のラボカーとは永遠の別れをしました。

そのころ空母では、千空たちの思惑通り、レーダー屋が敵影を二つ見つけていました。

一つはパナマ運河に向かっている、もし運河を使われたら完全に詰むと混乱を呼びます。

スタンリーだけは落ち着いていますが、逐一いい小細工を入れてくると鋭い目をして言いました。

ボートにいるゲンは、その混乱を予測したように、囮と分かっていても追うしかないだろうと勝ち誇りました。

 

ドクターストーン174話ネタバレ|ゴムを手に入れた!

その後ほどなくしてチェルシーの予測通り、ゴムの木を発見しました。

千空が刃物で切り込みを入れ、ここから出る樹液をひたすら集めると言うと、カセキやコハクがウルシと同じだ、石神村出身者が強そうだと言って取り掛かります。

ゲンはゼノにも刃物を渡そうとします。

ゼノが人質に武器になるものを渡してもいいのかと言うと、ゲンはせっかくならスーパー科学屋に手伝って欲しい、変な船を作ったらゼノも一緒に沈んじゃうでしょうと返します。

さらにゲンは、千空と一緒でゼノは科学には嘘をつかないと言うと、ゼノは笑って受け取りました。

その後ゼノの協力もあり、ゴムの調合は順調に進み、ゴムのテストとして巨大スーパーボールを作って遊びました。

龍水が高笑いしながらこれで待望の本物のタイヤがクラフトできると言います。

そして千空も爆速でフィールドをねじ伏せる新次元の科学の脚だと言いました。

 

ドクターストーン174話ネタバレまとめ

Dr.STONE(ドクターストーン)本誌の前話173話では、千空たちがボートを改造してスタンリーを一歩リードしました。

チェルシーが使っていた凧を帆にすることで、千空たちはスピードアップできました。

いよいよゴムの木を探すため、アマゾンに上陸します。

最新話確定速報としてドクターストーン174話のネタバレを紹介しました。

174話では、千空たちがパナマ運河の存在を利用し、ラボカーを囮として発進させました。

ゼノはゲンに科学には嘘をつかないだろうと言われ、ゴムづくりを手伝いました。

そしてついにゴムが完成しました!

バイクはもうすぐそこ!?

ドクターストーンのつづきが待ち遠しいですね。

以上「【Dr.STONE(ドクターストーン)174話ネタバレ】千空が仲間と別れゴムを手に入れる!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る