Dr.STONE

【ドクターストーン177話ネタバレ】千空がリモートワークで石化装置を修理!

【ドクターストーンネタバレ最新話177話確定速報】ゼノの奇策で千空ピンチ?
Pocket
LINEで送る

2020年12月7日(月)発売号の週刊少年ジャンプ本誌に掲載予定のドクターストーン177話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ドクターストーンの前話176話では、スタンリーの包囲網を千空たちが突破して行きました。

スタンリーは千空たちに追いつき、様々な攻撃を仕掛け、飛行機によって追い詰めようとしますが、千空が仕掛けた科学の爆弾によって飛行機は墜落しました。

ただスタンリーの銃撃によって司と氷月は負傷、ゼノはスタンリーにモールス信号を送っています。

ドクターストーン177話では、千空がリモートワークで石化装置の修理に着手。

石化装置は復活させられるのでしょうか!?

今回は「【Dr.STONE(ドクターストーン)177話ネタバレ】千空がリモートワークで石化装置を修理!」と題し紹介していきます。

 

これまでのドクターストーン話を読み返したいと思われる場合は、ドクターストーン単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにドクターストーン無料で読むことができます。

さらには無料で今までのドクターストーンのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐドクターストーン読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ドクターストーン177話ネタバレ考察

ドクターストーン前話では、スタンリーの包囲網を千空たちが突破しました。

これから考えられるドクターストーンの展開や見どころを紹介していきたいと思います。

 

ドクターストーン177話ネタバレ考察|司は戦線離脱?

スタンリーの銃撃によって千空側の主戦力である司と氷月が負傷しました。

氷月は着込みしていたことが分かっていて致命傷には至っていないようですが、司はどうでしょうか。

銃撃シーンを見る限り、銃弾は肩付近をかすっていたようです。

血しぶきがあがっていたことから無傷という訳にはいかないでしょう。

医者の卵のルーナや救命処置に多少の覚えがあるフランソワもいますが、治療をしながら進むというのは難しそうです。

司自らが足手まといとなると考え、別行動を取るという展開もありそうです。

 

ドクターストーン177話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がDr.STONE(ドクターストーン)176話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ドクターストーン177話ネタバレ

ドクターストーン最新話177話「MEDUSA MECHANISM」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン177話ネタバレ|リモートワーク

スタンリーたちは墜落した飛行機を回収し、ブロディに無線で指示を仰いで修理を始めます。

マヤが石の世界でリモートワークだと笑いました。

その情報は暗号化されていなかったため、羽京が傍受して千空たちに伝えます。

すると千空はこちらも楽しいリモートワークといこう、石化装置(メデューサ)を分解してカラクリを解析しようと言い出しました。

早速千空たちはメデューサ解析のため動き出します。

川底に沈んでいたメデューサをホムラがサルベージしました。

そのメデューサを手にしたニッキーは、100万人復活させる中で怪我人や病人は必ずでるから直した方がいいとブロディに言います。

ニッキーは千空に思惑があることは分かっていましたが、理由を言えないならこちらは正論でいけばいいはずだと考えます。

ブロディもこのタイミングで修理を言い出すことに違和感を抱きますが、反論する理由はないと考え、メデューサ修理に協力することにしました。

 

ドクターストーン177話ネタバレ|石化装置の修理開始

バイクを走らせる龍水はやりとりを聞いたあと、ニッキーたちはこちらが石化の爆心地に向かっていることを知らないんだなと言います。

千空はそうだ、今の内に解析をしておいて到着次第、地球を包んだ石化装置をゲットすると返します。

ゲンは希望的観測だし電池切れかもしれないと言いますが、コハクはスタンリーに対抗するなら現状メデューサしかないと言いました。

ブロディが装置の管理はこちら、修理は監視すると条件を出し、杠たちが修理を始めます。

杠がスタンリーの狙撃でヒビは入っているから分解はできると言うと、マグマが力任せで叩こうとしてニッキーに力づくで止められます。

ニッキーは精密機器の技師に任せた方がいいと言い、新聞記者だった南が時計メーカーはどうかと言います。

 

ドクターストーン177話ネタバレ|FAXを手に入れた!

流れるように専門家たちが動き出しました。

龍水が有名時計メーカーの本社が空港近くにあったはずだと言い、チェルシーが当時の地図を描き、千空はこれを送信するためにFAXを作ると言って設計図を描きました。

地獄の様に細かい設計図をゲンがドイヒーと泣きながら通信で送り、杠が受け取りました。

地図を頼りに時計メーカーの人を復活させると、一番腕のいい天才技師ジョエルを紹介され、ジョエルを復活させました。

ジョエルは仕事の上ではプロフェッショナル、ただ男性には高圧的な態度、女性には免疫がなくて目を逸らすというような男でした。

メデューサを前にしたジョエルは、一目で21世紀の科学じゃないと見抜き、一言でも話しかけたら殺すと言って集中し始めました。

 

ドクターストーン177話ネタバレ|再稼働

ジョエルは石化装置を順調に分解します。

ほとんどの部品が3Dプリンタで出したみたいな立体、回路全体がガラスのような鉱物、仕組みは分からないが各部品の役割はわかるはずだと考えます。

そこで繋がっているコアの部品がダイアモンドだと気づき、その情報が千空に伝わります。

千空がいよいよメデューサに科学の手が入る、唆るぜと笑う中、ジョエルはダイアモンドが電池のような役割を果たしていると考え、一度外して入れ直します。

電池を入れなおせば一瞬だけ動くかもしれないと考えたのです。

そして「1m1second」と言った1秒後、ジョエルは石化の光に包まれました。

 

ドクターストーン177話ネタバレまとめ

Dr.STONE(ドクターストーン)本誌の前話176話では、スタンリーが千空たちに追いつき、様々な攻撃を仕掛けました。

スタンリーの銃撃によって司と氷月が負傷、飛行機も追いかけてきますが、千空が仕掛けをしていたため墜落します。

その隙に千空たちは砂漠の彼方へと走り去りました。

最新話確定速報としてドクターストーン177話のネタバレを紹介しました。

ドクターストーン177話ではリモートワークがスタートします。

スタンリーたちはブロディに指示してもらい飛行機の修理、千空たちは石化装置の修理に乗り出します。

復活させた時計技師ジョエルによって石化装置は分解され、電池の役目を果たしたダイアモンドを一回付け直すと、石化光線が復活しました。

いよいよ石化装置に科学の手が入る!?

ドクターストーンのつづきが待ち遠しいですね!

以上「【Dr.STONE(ドクターストーン)177話ネタバレ】千空がリモートワークで石化装置を修理!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る