Dr.STONE

【ドクターストーン190話ネタバレ】石化装置が完成即没収!アメリカ勢最後の特攻!

【ドクターストーンネタバレ最新話190話確定速報】千空たちの砦全滅でチェルシーが動く?

2021年3月22日(月)発売号の週刊少年ジャンプ本誌に掲載予定のドクターストーン190話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ドクターストーンの前話189話では、スタンリーが通信機破壊は時間稼ぎだと見抜き、修理を待たず殲滅行動を開始。

千空はダイヤ完成が間に合わないと判断して、ルーナとチェルシーを離脱させます。

スタンリーは砦を攻撃し、大樹と龍水が致命傷を負い、ダイヤも全て焼失。

ドクターストーン190話では、涙にくれるカセキのところにジョエルから連絡が入りました。

それは石化装置が完成したという連絡ですが、同時にブロディにも勘づかれ…?

今回は「【ドクターストーン190話ネタバレ】石化装置が完成即没収!アメリカ勢最後の特攻!」と題し紹介していきます。

>>ドクターストーン最新話ネタバレはこちら<< 

 

ドクターストーン190話ネタバレ考察

ドクターストーン前話では、スタンリーの砦攻撃によって大樹と龍水が倒れ、ダイヤは炎に呑まれてしまいました。

これから考えられるドクターストーンの展開や見どころを紹介していきたいと思います。

ドクターストーン最新話189話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ドクターストーン190話ネタバレ考察|千空たちがアメリカにSOSしている?

何人かは生き残れるかもしれませんが、逃げたとしてもスタンリーたちの追っ手がかかります。

スタンリー相手に逃げ切れるとは思えません。

早急に片をつける必要があります。

あるいは、すでに手を打ってあるかもしれません。

司たちが通信機を破壊したため、千空はスタンリーに気づかれずに通信が可能です。

となるとアメリカにいるニッキーたちが動き、チェルシーたちと合流する展開もありえます。

 

ドクターストーン190話ネタバレ考察|通信機破壊達成で勝機!

通信機の破壊が達成されました。

ダイヤはまだ完成しておらず、司たちの死亡によって武力は大幅ダウンです。

ただ司が千空を信じて託していた様子、千空が思考のポーズに入っていたことから準備は佳境だと考えられます。

司が千空を信じたように、千空も司を信じていることでしょう。

銃声がしたということは戦闘になった、帰って来ないということは死んだ、でも3人のことだから通信機は破壊されていると考え、すべて込みで計画を練っていると予想。

あとは氷月が言ったように人質ゼノを前面に押し出し、ワルを演じて時間を稼ぐことができるかどうかではないでしょうか。

 

ドクターストーン190話ネタバレ考察|普通のダイヤモンドではダメ?

電池が「ダイヤモンド」、という前提で話が進んでいます。

しかしただのダイヤではなく「ダイヤモンド電池」ではないかという説を唱える人もいます。

ダイヤモンド電池とは、放射能を帯びている人工ダイヤモンドから放出される電子を電力に変換しているもので、数千年もの寿命を持つものらしいです。

遠隔地であったり、定期的なバッテリー交換が難しい場合を想定していたりする場合に使うものとしてダイヤモンド電池は生まれたそうです。

石化装置にぴったりですよね。

この場合は石化装置が動かないことになります。

石化世界でも作ることは可能なのでしょうか。

 

ドクターストーン190話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がDr.STONE(ドクターストーン)189話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ドクターストーン190話ネタバレ

ドクターストーン最新話190話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|ジョエルからの通信

龍水射殺の瞬間を見たゲンは絶叫します。

もうダメだと思い白旗を上げようとしますが、旗は撃ち抜かれました。

カセキと千空とクロムは未だ無傷でしたが、ダイヤ焼失に戸惑いを隠せません。

カセキは何もできなかったと言って涙にくれます。

するとクロムが、確かに自分たちの力だけでは無理だったかもしれないなと言い、ジリリリという連絡が入りました。

相手はコーンシティにいるジョエルです。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|人工石化装置を手に入れた!

ジョエルはワイングラスに石化装置を入れ、「0.03m10second」と言いました。

「10秒後に3cmを石化」というコマンドです。

それからプロとしての大仕事を完成させたときは、誰にも邪魔させない勝利の一杯を飲み干すと決めていると言い、グラスにワインを注ぎました。

21世紀にもなかった新しい未来科学を手に入れた、そう言った瞬間、ワイングラスが光ります。

石化装置の発動です。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|完成までの経緯

ジョエルは通信機に向かって、カセキのおかげだと言います。

フランソワは捕まる前、アメリカに「二手に分かれる」という通信を入れていました。

それは千空たちに向けたもので、敵に見つかったという合図のはずでした。

アメリカにいるブロディは通信内容を不審に思い、ニッキーたちに無線に近寄るなと指示を出しました。

しかしジョエルは腕時計を受信専用の盗聴器に改造し、無線が聞けるようにしていました。

 

広告

ドクターストーン190話ネタバレ|二手に分かれるのもう一つの意味

ジョエルは南たちにそれを明かし、「二手に分かれる」というのはダイヤの削り方ではないか、あっちのチームにもプロの技師がいるのではないかと言いました。

それからダイヤが真っ二つに分かれることに気づき、難しい加工だけれどプロの宝飾時計技師のプライドにかけて削ると決意。

そして今、ジョエルはカセキに向かって語り掛けます。

人工石化装置が完成できた、「アンタらと俺の共同作品だな…!」と言いました。

カセキは無駄じゃなかった、科学は生命を超えて未来に重なっていくと言い、また涙しました。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|石化装置没収

ブロディが突入してきました。

石化装置が奪われ、作業台が蹴り壊されました。

ブロディは、石化装置は危険すぎるから預からせてもらう、そう言うと頑丈な金庫に入れ、兵たちが銃をつきつけました。

通信が途絶えたあと、カセキはジョエルにおめでとうと言えなかったことが心残りだと言います。

クロムは今なら関係ないから言えばいいと言います。

そこにゲンがやってきました。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|通信網は独占中

ゲンは、スタンリーたちに無線機なんてないと言います。

さらにスタンリーは強引すぎる、最後通牒もなく白旗は無視、それは無線機が壊されたからと考えられる、コハクたちが何もできないでやられるはずがないと言いました。

クロムが今なら通信網独占中だなと言います。

ゲンが「だとしたら」と言うと、千空ははっとして、「最後の一か八か」と返し、賭けに出ることを決心しました。

 

ドクターストーン190話ネタバレ|生命を超えるため最後の特攻

ジョエルが腕時計で千空からのモールス信号を傍受しました。

日本語だったので南に通訳させます。

千空からの信号は驚くべきものでした。

全員で正面特攻です。

モズやマグマ、ニッキー、金狼にキリサメが武器を取り、銃を向けられながらも突っ込みます。

これ絶対全滅だと陽が言いますが、金狼は自分たちがみんな倒れても科学は未来に進む、生命をも超えていくと返します。

ジョエルはその後ろで何故そんなにも仲間を信じられるのかと思います。

そしてカセキと勝利の一杯を呑むと決意しました。

 

ドクターストーン190話ネタバレまとめ

Dr.STONE(ドクターストーン)本誌の前話189話では、スタンリーが通信機修理を待たず砦への攻撃を決行しました。

千空は石化装置が間に合わないと判断し、非戦闘員であるルーナとチェルシーだけを逃がしました。

砦への攻撃はすさまじく、大樹と龍水が死亡、ダイヤは蒸発してしまいました。

今後は生き残ったチェルシーらがアメリカ勢と連携し、逆転を狙うと考えました。

最新話速報としてドクターストーン190話のネタバレを紹介してきました。

ドクターストーン190話では、ジョエルが二手に分かれるのもう一つの意味を理解し、石化装置を完成させました。

石化装置は没収されますが、千空は全員正面特攻を指示します。

千空の意図とは…?

ドクターストーンのつづきが待ち遠しいですね!

以上「【ドクターストーン190話ネタバレ】石化装置が完成即没収!アメリカ勢最後の特攻!」と題しお届けしました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。