炎炎ノ消防隊

炎炎ノ消防隊アニメ2期は何巻までの話?ネタバレあらすじも一緒に紹介!

炎炎ノ消防隊アニメ2期は何巻までの話?ネタバレあらすじも一緒に紹介!
Pocket
LINEで送る

漫画「炎炎ノ消防隊」は謎の発火現象に立ち向かう特殊消防官シンラの物語です。

この漫画は週刊少年マガジンにて大人気連載中ですが、その人気を加速させたのがアニメ化です。

2019年に放送されたアニメ1期は好評で、2020年7月からはアニメ2期が放送されています。

そんな漫画に勝るとも劣らない魅力を持つ炎炎ノ消防隊アニメ2期は、どんな内容なのでしょうか。

原作でいうところの何巻から何巻何話までなのか、ネタバレあらすじも含めて見ていきましょう。

今回は「炎炎ノ消防隊アニメ2期は何巻までの話?ネタバレあらすじも一緒に紹介!」と題しお届けします。

>>炎炎ノ消防隊最新話のネタバレはこちら<<

 

炎炎ノ消防隊アニメ2期は何巻までの話?

アニメ2期は何巻から何巻までの話なのか、それはまだ公表されていません。

しかし1期と比較したり、放送中の2期の進行具合などを見たりすることで予想ができます。

 

炎炎ノ消防隊アニメ1期とアニメ2期の基本情報

まずは基本情報を比較してみましょう。

アニメ1期アニメ2期
放送期間2019年7月6日~12月28日、全24話2020年7月4日~
放送時間土1:25~1:55(金曜深夜)土1:55~2:25(金曜深夜)
放送局毎日放送・TBS系列毎日放送・TBSほか
制作会社david productiondavid production
原作1~11巻途中(1~90話)11巻途中~(91話~)

 

炎炎ノ消防隊アニメ2期は20巻まで?

上記の表の通り、1期と2期は放送局や放送時間、制作会社などがほぼ同じです。

そのため2期も同じように全24話構成、進行速度も同じくらいになりそうです。

ネット上でも11巻分進んで22巻あたりまでの内容になりそうだという意見をいくつも見かけました。

確かに22巻はシンラとバーンズの戦いに決着がつくキリの良いところです。

ただ、現在の進み具合は少しゆっくりなのでそこまで行けるかどうかは怪しいです。

2期の1話は原作11巻(91話)の内容から始まり、2020年9月4日深夜放送の10話では原作14巻(122話)あたりまで進んでいます。

3~4話で1巻のペースで進んでいった場合、20巻あたりで終わることになりそうです。

そのため現状のペースを守るなら20巻あたり、ペースを加速させるのなら22巻までの内容となるのではないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊アニメ2期のネタバレあらすじを紹介

炎炎ノ消防隊アニメ2期は原作でいうところの11~22巻くらいの内容になると予想しましたが、その内容は一体どういったものなのでしょうか。

アニメ1期の最終回、原作でいうところの90話では、シンラが鬼となった母を人に元に戻すと言い、白装束たちとの戦いの激化を予感させました。

これまで放送された分のネタバレあらすじと今後放送される内容をご紹介します。

 

アニメ2期の10話までのネタバレあらすじ

2020年7月から始まったアニメ2期では、初回にまさかのヌードカレンダーの回を持ってきてファンを驚かせました。

その後は、大災害やアドラ、伝導者などの秘密を暴くためシンラたちが内外への情報収集を開始、白装束たちも柱探しを本格化させます。

シンラは五柱目となる少女「インカ」が能力を覚醒させた直後に対峙しますが、インカは危険を好む人間だったため、白装束側につくことを選択しました。

後日、シンラは伝導者の正体の手掛かりをつかむため、前回の大災害の影響を強く受けた中華半島上陸作戦に参加します。

中華半島でシンラたちは喋るモグラ「スコップ」や前回の大災害から存在しているアドラバースト使い「黒の女」と出会い、皇国を支える天照と同じ仕組みの御神体を発見します。

そして強力な鬼に襲われますが、黒の女の力を借りて鬼を倒し、天照が一人の女性の犠牲の上に成り立っていることを知りました。

 

アニメ2期の11話からのネタバレあらすじ

アニメ2期の11話からの内容は、原作でいうところの15巻(123話)からです。

22巻までのあらすじネタバレを章ごとにご紹介します。

 

ジョーカーと紅丸の調査(15巻、123~130話)

シンラたちが皇国に不信を抱く中、ダークヒーローを自称するジョーカーが聖陽教の調査(という名の殴り込み)に乗り出しました。

ジョーカーは第7の大隊長である紅丸を引きつれて教皇庁に行き、待ち受けていたバーンズによって聖陽教は白装束によって作られたものではないかと聞かされました。

 

第8の灰島重工調査(15~17巻、131~148話)

つづいてシンラ含む第8は、灰島重工のアドラバーストの実験に目をつけます。

灰島では発火能力を持つ子供相手に過酷な実験を強いていました。

第8が灰島に乗り込むと、六柱目として能力を開花させた「ナタク」や弱い者イジメが大好きな能力開発研究所の主任「黒野」が立ちはだかり、白装束たちもナタクを奪おうと乱入します。

結果的に力を暴走させたナタクを黒野が抑えることで、白装束は黒野をナタクの守リ人だと認め、一旦は手を引きました。

 

第2と第8の共同戦線(18~19巻、148~166話)

第8の消防官であるマキは軍のエリートの令嬢で、マキの父や兄は第8をよく思っていません。

しかし軍直下の第2と第8で地下の調査を行い、マキが立派な消防官として務めを果たしていると知ると、マキの家族はマキを見守ることにしました。

また、シンラとアーサーは地下でDr.ジョヴァンニと戦いましたが、惜しくも逃がしてしまいました。

 

浅草修行と囚われの桜備(19~20巻、167~177話)

シンラたちがアドラリンクの秘密を知るため浅草に行くと、紺炉がドッペルゲンガーと遭遇したことを話し、紅丸が修行をつけてくれました。

しかしその裏で白装束たちは聖陽教と手を組み、第1の大隊長バーンズを回心させて第8の桜備を捕らえました。

シンラたち第8は国家に背くことを決め、桜備奪還へと行動を開始します。

 

府中大牢獄での死闘(21~22巻、178~195話)

第8隊員はジョーカーの助けを借り、桜備が囚われている府中大牢獄へと赴きました。

シンラとジョーカーはバーンズと戦い、他の隊員が特殊な力を持つ屠リ人を相手にします。

シンラは限界を超えて進化し、バーンズを倒すことができましたが、バーンズはドッペルゲンガーに襲われ、満身創痍の第8の前にハウメア率いる白装束たちが現れました。

シンラたちピンチ、そこに現れるのは…!?

 

以上が、アニメ2期の内容のあらすじネタバレでした。

キリが良いところといっても、シリーズを完結させるには少し半端な感じがします。

アニメ3期もありそうですね!

 

炎炎ノ消防隊アニメ2期まとめ

炎炎ノ消防隊のアニメ2期が原作の何巻から何巻何話までなのか考察し、ネタバレあらすじもご紹介しました。

アニメ1期が1~11巻までの内容で、アニメ2期は11巻から始まっているため、20~22巻くらいまで進むのではないかと考えました。

20巻では桜備が捕まり、22巻ではバーンズが襲われるという衝撃展開となるため、アニメ3期も期待してしまいます。

今後も炎炎ノ消防隊の漫画、アニメともに目が離せませんね!

以上「炎炎ノ消防隊アニメ2期は何巻までの話?ネタバレあらすじも一緒に紹介!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る