炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話確定速報】限界突破ドラゴンとアーサーの奥義

【炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話確定速報】限界突破ドラゴンとアーサーの奥義
Pocket
LINEで送る

炎炎ノ消防隊のアニメ2期は2020年7月から放送され大好評でした!

また、2021年5月12日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の炎炎ノ消防隊本誌266話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

炎炎ノ消防隊前話265話では、引き続きアーサーとドラゴンの激戦が描かれます。

ドラゴンはアーサーの攻撃を全て受け止め、アーサーの力はこんなモノではないだろうと言います。

すると押され気味だったアーサーは徐々に力を強め、最後には紫電八連を放ち、ドラゴンに吐血させるところまで行きました。

このまま圧倒できるのでしょうか!?

今回は「【炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話確定速報】限界突破ドラゴンとアーサーの奥義」と題し紹介していきます。

 

現在、炎炎ノ消防隊は266話となっていて、白装束がもたらした大災害を乗り切ろうとする特殊消防隊の奮闘が描かれています。

特殊消防隊と白装束の攻防は一進一退、いくつもの名バトル、名シーンが生まれてきました。

これまでの話を読み返したいとなる人も多いのではないでしょうか?

ここで最新刊を読んで振り返ってみませんか?

ちなみに、漫画を読むならお得に読みたいですよね?

漫画を無料で読める違法海賊版サイトもありますが、ウイルスに感染してスマホが使えなくなってしまったり、違法ですので最悪逮捕されてしまう可能性だってあります。

そこでおすすめなのがU-NEXTというサイトです。

U-NEXTは公式のサイトなので安全です。

そして今だけ31日間無料トライアルキャンペーンを実施しており、その間に漫画を1冊無料で読めてしまうポイントがもらえます。

さらには漫画だけでなく炎炎ノ消防隊のアニメも無料で見れてしまうんです!

もし継続したくないと思っても、31日間の間に解約してしまえば、無料で利用することが出来ます。

試しに無料期間内に解約したことがありますが、1円もかかることなく31日間利用できました!

ですので、完全無料で炎炎ノ消防隊最新刊を読めます!

コロナの影響で会員数も増えて、このキャンペーンがいつ終わってしまうかわかりませんので、今のうちに試してみませんか?

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなく炎炎ノ消防隊をすぐに無料で読むことができます。

今すぐ炎炎ノ消防隊を読み直したいと思ったら、下のリンク先でおすすめのサイトを紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

\炎炎ノ消防隊アニメも無料でイッキ見!/

→炎炎ノ消防隊最新刊についてはこちら!

本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

目次

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察

炎炎ノ消防隊の前話では、アーサーがドラゴンの言葉「こんなモノではない」とともに進化し、ドラゴンに大きな傷を負わせました。

今後の考えられる炎炎ノ消防隊の展開を紹介していきたいと思います。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|ドラゴンの限界突破

紫電八連という大技でドラゴンを攻撃したアーサー。

ドラゴンは攻撃を避けずに受け止めるので直撃を喰らいます。

首と腹から大量出血、吐血もしていました。

それ以外は微動だにせず、表情も変わりませんので、ダメージはあるけれどHPはまだあるといった感じです。

アーサー優勢に見えますが、不穏な次回予告が出ました。

「制限不可の戦い」です。

陸海空を駆ける二人の戦いですが、まだ制限がかかっていたのでしょうか。

予告の字面から戦いがさらに過熱することが窺えます。

そういえばドラゴンは体を自在に焔ビト化することができますが、現時点ではヒトの姿です。

大きなダメージを負ったことで体を焔ビト化し、強化するという展開はありそうです。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|アーサーが進化している

ドラゴンがまだまだこんなものではないだろうと言ってから、アーサーの進化が顕著です。

炎炎ノ消防隊264話では苦しがっていた海中の戦いも、265話では慣れたように突っ込んでいきます。

当たり前のように空も歩き、走ります。

当たっては吹き飛ばされていたドラゴンの拳も、265話ラストでは体をくるっと回して衝撃を逃がし、そのまま攻撃に転じました。

アーサーは自分とドラゴンが望むように強くなってきていると言えるでしょう。

264話まではRPG風のモノローグがありましたが、それがぱったりなくなったのも、挟む隙もないという風に思え、戦いの良さを引き立てていました。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|アーサーが奥義を放つ?

強者ドラゴンに対してアーサーは首を狙い、腹を刺し、八連で斬りつけると善戦しています。

ただ攻撃するたびに反撃も喰らっていたので出血量は少なくありません。

強くなっているとはいえ、これ以上体力を消耗すれば大技も出せなくなるでしょう。

ドラゴンが焔ビト化してさらにアドラの力を引き出した場合は不利となりそうです。

早々に大技や奥義を放って決着をつけてくれることを期待します。

ちなみにアーサーも真エクスカリバーを受け取った際、「星の指輪」というものももらっています。

ヴァルカンは「首にかけていろ…時が来た時につけるんだ」と言いました。

これが窮地に陥ったアーサーを救うというパターンも考えられます。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|ドラゴンが失った目的

アーサーは約束を守る男なのでドラゴンとの戦いには勝つはずです。

ドラゴンも目的なく生きることに辟易していたため、この戦いに全力を尽くしその果てに負けても異論はなさそうです。

そのためアーサーの勝利は疑わないのですが、一点気になるのはドラゴンの過去回想にあった「目的すら失ったドラゴン」です。

この言い方だとドラゴンにはかつて目的があったことになります。

圧倒的強者であるドラゴンの目的、気になります。

回想の中でドラゴンの目的については名言されていません。

そのため今後の戦いの中、あるいはドラゴンが負ける際、その目的が明らかになるのではないでしょうか。

「好敵手」や「対等な戦い」などが考えられますが、意外なところで「敗北」や「希望」なんかもありそうです。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|フェアリーもアドラから来た?

ドラゴンとフェアリーの年齢は200歳以上だと分かりました。

ただドラゴンは少しずつでも年を取っているのに対して、フェアリーの姿は変わりません。

フェアリーの正体は人間ではないのでしょうか。

人間でないのであればヨナと同じようなアドラから来た悪魔なのかもしれません。

ただ前回の大災害の柱であったスミレや黒の女も不老のようなので、特定の条件下であれば年を取らないという可能性はあります。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|絶望の巨竜ドラゴンを倒す影響

アーサーはドラゴンのことを強者だと言い、ドラゴンが絶望しているから大災害が加速していると考えています。

どこでそう理解したのか分かりませんが、アーサーは現状を正しく把握しているところがあります。

きっと合っているのでしょう。

つまりドラゴンを絶望から救うことで大災害は良くなるはずです。

具体的には火災旋風が収まってきたり、焔ビトの大量発生が若干落ち着いたりするのではないかと考えます。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|アーサーがシンラも何とかする?

アーサーはユウだけでなく、ドラゴンとシンラも何とかすると言いました。

またリヒトやスミレは、モブは世界に影響を与えないけれど強者ならまた違ってくるという話をしていました。

アーサーやヴァルカンはこの物語上でモブではありません。

彼らの意識が変化したり、シンラ救出を強く願ったりすることで、アドラとの道が繋がる可能背はあると考えます。

シンラ救出よりもアーサーとドラゴンのリベンジマッチが先になりそうですが、シンラと先に合流して共闘という展開も面白そうですよね。

アーサーが背中を預けられるのはやはりシンラです。

 

広告

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|特殊消防隊の絶望への対抗策

大災害を止めるためには希望が必要だという話でしたが、モブの希望では意味がないと判明しました。

この話が広まってしまうと、絶望が加速してしまいそうです。

特殊消防隊の中でも諦めてしまう隊員も出てきそうです。

それでも誰かが希望を見せなければいけませんので、新しい対策が打ち出されると予想します。

ここ最近姿を見せていない浅草の人たちや大企業灰島なんかも協力してくれるかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|シンラの登場回数が減っている理由

炎炎ノ消防隊の主人公はシンラですが、シンラはアドラに消えてから、ほとんど登場していません。

オグンの回想シーンや柱として1コマ登場した程度です。

読者の間でも心配する声が上がっています。

ただこれはそういう演出かもしれません。

伝導者率いる白装束たちはこれまでヒーローシンラを消そうと躍起になっていました。

さらに実写スミレも登場し、リヒトは世界が作られた物語であるというような発言をしています。

つまりアドラが近づいたことで、白装束は炎炎ノ消防隊という漫画自体に干渉できるようになった、それでシンラの存在ごと消そうとしているという可能性です。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|パーンが戦闘不能になる?

パーンが自身にバフをかけて「ピー」すると言っていました。

それを聞いた火鱗がたじろいでいました。

よほど強力な技なのか、それとも特殊な方法なのでしょうか。

また、これを使うと「ピー」になってしまうと言っていたことから副作用や反動などがあるのかもしれません。

連続使用は厳しく、パーンの戦線離脱も考えられます。

今アーグを野放しにするのもきついですが、第4の中心的存在であるパーンを失うのも厳しいですよね。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|災害隊が動き始める?

カリムたちの戦いを見ていた「大災害執行特化部隊」、通称「災害隊」。

彼らのこれまでの活動と言えば、ミサに参加したり、フェアリーがシンラたちのちょっとした邪魔をしたり、時間を稼いだりといった程度です。

災害隊には何人かいるようですが、フェアリー以外の目立った活動はありません。

2020年2月ころに登場して大災害とかなり関わりありそうな名前なのに、2020年12月発売の公式キャラクターブックにも掲載されなかった災害隊…。

柱がアドラにいき、災害と絶望は広がる一方なのでやることがないのでしょうか。

特殊消防隊が希望を広め始めたら動き出しそうな予感!

 

広告

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|アドラでの柱たち

アドラに消えていった柱たち。

アドラも広そうなので一か所にいるとは限りません。

ただ想いが影響する世界のようなので、思い入れのある人たちの近くにいるというパターンもありそうです。

期待しているのがシンラと伝導者の邂逅、アイリスと天照の接触、過去に行って以来発言していないインカの様子などです。

伝導者は何を考えてこの星を太陽にしようとしているのか、全てを憎んでいる天照はやはりアイリスも憎んでいるのか、シンラと同じ過去を見たインカはどんな影響を受けたのか、すごく気になります。

 

アイリスVS一柱目天照?

シスターアイリスが力を覚醒させました。

鬼を複数操るほどの力を持つラフルスの攻撃を防ぐなんてすごい防御力です。

火鱗やパーン大隊長の力すら上回っているように見えます。

これからは戦力として活躍しそうですが、となると戦う相手が必要です。

アイリスの相手として考えられるのは、アイリスを憎んでいるであろう一柱目天照です。

本物になり変わろうとするのがドッペルゲンガーの習性のようなので、アイリスVS天照という展開はあり得るのではないでしょうか。

 

シンラはアドラで母と再会?

シンラはアドラに行っていることが判明しています。

ショウやアイリスといった他の柱とは一緒ではないようです。

体を動けるようであれば他の柱を探すでしょう。

アドラは元の世界と法則が違うようなので、何が起こるか本当に分かりません。

しかし動けない、危害を加えられるようなピンチになるのなら、アドラにいる母が助けに来るというパターンもありそうです。

もしくは府中で鬼に取って代わられたバーンズと再会するという展開も面白そうです。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|希望を捨てずにいられるのか?

桜備が全隊に向けて通信しました。

人々に希望を持たせることで絶望を打ち消して炎が消せる、「希望を捨てるな」と伝えています。

聴いていた人々の反応は様々でしたが、バカにするような人はおらず、真剣でした。

ただ希望を持たせることについて、具体的なことを言っていません。

不安でいっぱいの人たちに口頭で希望を持ってと言っても響かないでしょう。

各隊がどんな対応を取るのか、各隊の特徴に合った対処法が見られそうで楽しみです。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|浅草の様子がない

全体に向けて通信とありましたが、浅草の様子が描かれていません。

浅草と連絡が取れなかったというよりは、無線機器は持っていないのかもしれません。

そういえば浅草に連絡をとるときはいつも備え付けの有線電話でした。

今後浅草に電話をかけるか、ジョーカーあたりが直接伝えに行くかもしれません。

浅草は紅丸がいるから大丈夫そうですが、その紅丸が不安になってしまうと、最強のドッペルゲンガーが生まれてしまいます。

紅丸には気を確かに持って欲しいですね。

 

紅丸のドッペルゲンガーが出現したら?

世界各地でドッペルゲンガーが出現しています。

通常の焔ビトや火災に加え、大隊長クラスのドッペルゲンガーが出てしまったらさらに厳しい状況となります。

以前、浅草で火鉢と紅丸が戦ったあと、紺炉が紅丸のドッペルゲンガーが出ることを想像していました。

イメージが実体化する世界なので、そう考えるだけでドッペルゲンガーを引き寄せる可能性もあります。

近々、紅丸と紅丸のドッペルゲンガーの戦いが描かれるかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|リヒトが知りたいことが判明する?

リヒトが世界のルールが分かるようになったことに疑問を感じていました。

イメージを反映できる世界ということは、理解したいと思ったら理解できるという超法則なのでしょうか。

となると、他にもリヒトの知りたいことがあって、知りたいと望めば答えが出てくるのかもしれません。

リヒトは連載初期のころからジョーカーと組んで、白装束たちや大災害のことを調べていました。

その行動原理は好奇心から来ているようでしたが、実は他にも真理を知りたがる理由があるのではないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|アドラのバーンズとジョーカー

ジョーカーがアドラのバーンズの目を通して世界のルールを理解しました。

バーンズはドッペルゲンガーに飲み込まれたはずですが、意識やその残滓が残っているのかもしれません。

シンラとショウの母もそんな感じですしね。

何にしてもジョーカーがアドラのことを見えているのは大きいです。

柱たちの救出方法もわかるかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|ハウメアの涙

炎炎ノ消防隊253話でどこからか響く声、おそらく伝導者の声を聞くハウメアの目から涙が流れました。

これは大切な人カロンを失ったことに対する悲しみが残っていたためなのでしょうか。

それとも伝導者の「真の希望なんてものはないのです」という言葉に対してでしょうか。

ハウメアは聖女であり、誰よりも善の心があると明かされました。

どちらの理由でも涙を流しそうです。

ただ前者だった場合、大災害で全てを消し去ることへのためらいに繋がる可能性はありそうです。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|人類の集団的無意識がネガティブしかない点

アドラで聞こえてきた声は、人類の集団的無意識は8つだと言いました。

狂気、受動、無関心、激怒、破滅、恐怖、嫌悪、絶望です。

ネガティブな意識しかないですね。

さらに声は、この世にある希望が楽観ともいえる諦めでしかないと言っています。

しかし人の意識はつねに変わるものです。

狂気一つとっても、狂気から正気に戻ることもあるし、そこが終着点だと決めつけるのは早計です。

このことから人が死を求めているというより、伝導者が死を求めているからこそ人をそこに誘導しようとしていると思えます。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|天照の真の力とは?

ジョヴァンニが話していた250年前の出来事の中で気になったのは、ヴァルカンの先祖が天照の真の力を封印したという事実です。

まずは真の力とは何なのかということ、次に封印という手段を取ったことが気になります。

ヴァルカンの先祖がヴァルカンと同じような人格であれば、天照の声を聞いて助けたいと思ったはずです。

しかし救出ではなく封印という手段を取っているのは何故なのでしょうか。

救出に失敗したのか、方法が分からなかったのか、人々を救うため天照を見捨てたのか、いずれにしろ天照の現在の憎しみに満ちた姿を見る限り、簡単には許してもらえなさそうです。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|最強と最狂の共闘?

守リ人と第8の戦いにスポットが当たっていますが、今後は焔ビトが激増している各消防隊についても描かれそうです。

その中で注目したいのが、最強と呼ばれる紅丸と最狂と呼ばれる黒野の動向です。

通常なら浅草第一の紅丸は浅草に戻って焔ビトを倒していそうですが、紺炉から第8の助けに行った方がいいと言われて天照に来るというパターンもありそうです。

黒野も上司から天照に異変があった、行ってこいと言われたら断らずに行くはずです。

最強と最狂の共闘展開、くるのではないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が炎炎ノ消防隊265話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話確定速報

炎炎ノ消防隊最新話266話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回炎炎ノ消防隊掲載のマガジン発売日の週の火曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話確定速報まとめ

炎炎ノ消防隊本誌の前話265話では、アーサーとドラゴンを上回る勢いで強くなっている様子が描かれました。

アーサーはドラゴンの攻撃を受けて負傷しますが確実に攻撃を返し、新技「紫電八連」によって大きなダメージを与えました。

今後はドラゴンが焔ビト化して力を増し、アーサーがピンチになった際は星の指輪が救ってくれると考えました。

炎炎ノ消防隊266話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

炎炎ノ消防隊のつづきが気になりますね。

以上「【炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話266話確定速報】限界突破ドラゴンとアーサーの奥義」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。