炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊223話ネタバレ最新話速報】紅丸出動その相手は先代火鉢の鬼!

【炎炎ノ消防隊ネタバレ223話最新話速報】火鉢のドッペルゲンガーは敵それとも味方?
Pocket
LINEで送る

2020年6月17日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載の炎炎ノ消防隊本誌223話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

炎炎ノ消防隊の前話222話では、新たに第1の大隊長となったフォイェンとカリム、新人隊員コニャンゴが焔ビト鎮魂のため出動しました。

しかしそこに浅草の先代頭である火鉢の鬼が出現、紅丸も異変を察知しました。

223話では柱が二本同時に出現し、火鉢の鬼は七本目の所に飛んで行きます。

それを知った紅丸は誰にも手を出すなと言って、現場に急行しました。

浅草最強の火消したちによる、レベルの違う喧嘩が始まります…。

今回は「【炎炎ノ消防隊223話最新話速報】紅丸出動その相手は先代火鉢の鬼!」と題し紹介していきます。

 

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに無料で読むことができます。

さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ223話最新話考察


前話では火鉢のドッペルゲンガーが出現しました。

今後の考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

火鉢のドッペルゲンガーは敵なのか?

言葉を話す焔ビトにフォイェンたちが躊躇していると、そこに火鉢のドッペルゲンガーらしき鬼が現れ、焔ビトをかき消しました。

焔ビトと鬼は白装束側の存在なので、味方同士のはずです。

しかし鬼がそれをかき消したということは、鬼には自分の意思があり、味方になりうるとも考えられます。

今まで鬼が消防隊に手を貸したことはありません。

それに220話、221話で描かれた紅丸の回想で登場した火鉢は気性の荒い浅草の男って感じでした。

普通に話ができたとしても協力してくれるかどうかはまだわかりません。

 

火鉢と紅丸の喧嘩

火鉢のドッペルゲンガーが現れたとき、浅草にいる紅丸が動揺の色を見せていました。

火鉢の気配を感じ取ったのでしょう。

集合的無意識を集めているハウメアは、人のマイナスイメージを集め、アドラに流しているようです。

221話で紅丸は紺炉に、先代に認めてもらえなかったと話していました。

これらのことから紅丸が抱いた火鉢のイメージがアドラに流れて顕在化したのだとすると、火鉢のドッペルゲンガーは紅丸でも敵わない相手、実際よりも強い男になっているかもしれません。

火鉢と話が通じて再会したとしてもすぐに味方になるというよりは、喧嘩して力を認めさせて和解という流れになりそうです。

柱の出現で更に紅丸は強くなっているはずです。

パワーアップした「日輪」や「紅月」を見せてくれるかもしれませんね。

 

感想・予想ネタバレツイートは?

以下が炎炎ノ消防隊222話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊ネタバレ223話最新話速報

炎炎ノ消防隊最新話223話「暴れん坊、出る」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

二本同時出現

フォイェンは焔ビトを簡単に倒した鬼を見て、タダ者ではないと警戒を強めます。

しかし突如柱が立つ前兆である地震が起こると、火鉢の姿に似たその鬼は飛び立ちました。

フォイェンはその方角は浅草だと呟き、柱が立つのを見ているしかない市民は、東京はどうなるのかと不安を募らせました。

柱は隅田湾と多摩湾に二本同時に出現した、火縄からそう報告された桜備は驚愕しました。

火縄が一本目は今までと同様、灰島・皇国軍が迎撃するが、二本同時となると人手が足りないと続けると、桜備は隅田湾なら浅草に近いから自分たちが動こうと言います。

リヒトは逆賊である第8はヘタに動くべきでないと止めます。

 

先代火鉢

外で一服しながらそのやりとりを聞いていたジョーカーは、隣にいる紅丸に動かないのかと尋ねます。

紅丸は浅草には関係ないと言いますが、紺炉がある目撃情報を持ってやってきました。

若い衆が浅草上空を飛んで行く鬼を見た、その姿は火鉢と似ていると言いました。

ニュースでも柱出現について報道されています。

六本目の柱の傍には今までと同じく巨大な焔ビトがいる、しかし七本目の傍には人間大の焔ビトがいると伝えます。

その映像を見た紅丸は、あれは先代だ、狐にでも化かされているのかと自分の目を疑います。

ただすぐに七本目の所は自分が行くと言い、これは自分の喧嘩だから手を出すなと宣言しました。

 

喧嘩の始まり

六本目の柱の近くにはすでに灰島・皇国軍が到着していました。

巨大な焔ビトを前にした大黒と黒野は、そろそろ慣れた、こんなモノが見慣れるなんて世も末だと話します。

本田は七本目もある、早く倒そうと焦りを見せ、スーパー頭突きキャノンと呼ばれるカタパルトに入ろうとします。

大黒は七本目の下には第7の紅丸が出動した、こちらに集中しようと言います。

本田は原国主義に負けられないと意気込み、本田弾としてカタパルトにセットされました。

纏に乗った紅丸も七本目に到着しました。

紅丸の脳裏には生前の先代のことがよぎり、鬼をクソジジイと呼ぶと、何しに戻ってきたと問いました。

鬼が、紅丸の名を口にしました。

 

まとめ

炎炎ノ消防隊本誌の前話222話では、新体制となった第1の前に言葉を話す焔ビトが出現します。

フォイェンたちが戸惑っていると、そこに火鉢のドッペルゲンガーらしき鬼が出現し、焔ビトを瞬殺しました。

最新話確定速報として223話のネタバレを紹介しました。

223話では火鉢はフォイェンたちを襲わず、新たに出現した柱の方へと飛び去りました。

柱は二本同時に出現し、一本は灰島と第2が受け持ち、もう一本の所には紅丸が単身乗り込みました。

最強の火消したちによるド派手な喧嘩が期待できますね!

以上「【炎炎ノ消防隊223話最新話速報】紅丸出動その相手は先代火鉢の鬼!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る