炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊246話ネタバレ】ジョヴァンニがヴァルカンに告げる太陽の真実

【炎炎ノ消防隊最新話ネタバレ246話確定速報】焔ビト化したドラゴンとアーサーの秘策
Pocket
LINEで送る

2020年12月2日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の炎炎ノ消防隊本誌246話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

炎炎ノ消防隊前話245話では、アーサーとドラゴンの戦いが始まりました。

新エクスカリバーによってアーサーの力は増し、前回の戦いでは傷を負ったドラゴンの攻撃も見切っています。

しかし両者ともに無傷、戦いは始まったばかりです。

炎炎ノ消防隊246話では、天照内部に入ったヴァルカンたちと後から入ったジョヴァンニついて描かれました。

ジョヴァンニが語る真実とは!?

今回は「【炎炎ノ消防隊246話ネタバレ】ジョヴァンニがヴァルカンに告げる太陽の真実」と題し紹介していきます。

 

これまでの炎炎ノ消防隊の話を読み返したいと思われる場合は、炎炎ノ消防隊単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに炎炎ノ消防隊無料で読むことができます。

さらには無料で今までの炎炎ノ消防隊のアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐ炎炎ノ消防隊を読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

炎炎ノ消防隊246話ネタバレ考察

アニメも絶好調な炎炎ノ消防隊ですが、前話ではアーサーとドラゴンの戦いが始まりました。

今後の考えられる炎炎ノ消防隊の展開を紹介していきたいと思います。

 

炎炎ノ消防隊246話ネタバレ考察|ヴァルカンVSジョヴァンニ

天照内にはおそらくヴァルカンとリサの因縁の相手ジョヴァンニがいるはずです。

ジョヴァンニは自らの体に蟲を入れるような狂気の男で、239話では異形の姿の片鱗を見せていました。

かなり強そうですが、ヴァルカンとリサとユウ、家族三人で力を合わせて倒すという展開になりそうです。

ヴァルカンが地下で見つけた素材を使った新兵器もあるかもしれません。

また、ジョヴァンニは科学者でおしゃべりでもあるので、天照をどう使って大災害を起こすのかの説明も聞かせてくれそうです。

 

炎炎ノ消防隊246話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が炎炎ノ消防隊245話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊246話ネタバレ

炎炎ノ消防隊最新話246話「滅びの呪文」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊246話ネタバレ|天照内部

戦いの轟音は、天照の中に入ったヴァルカンとリサ、ユウのところにも届きます。

リサが急ごうと言い、ヴァルカンも白装束たちの好きにはさせない、キーの穴を探しに行こうと応じました。

電源が落ちているため天照の中はとても暗く、三人はかすかな明かりを頼りに歩き続けます。

ヴァルカンが先祖の遺産をじっくり見て回りたいが時間がないと言うと、リサにキーが何かわかっているのかと聞かれます。

ヴァルカンは大災害を起こすスターターなのは間違いない、あとは例の数列だと言いました。

一通り見て回り、ユウがすごい技術だと言うと、ヴァルカンはこの辺りは発電の補助設備だ、中華半島の天照のデータを見る限り、キーの鍵穴は中央部にあるはずだと返しました。

 

炎炎ノ消防隊246話ネタバレ|蟲はどこからでもいつの間にか

ジョーカーからもらったマップを見て進み、三人は大きな扉の前にたどり着きました。

この扉の向こうにあると言うと、リサは電源が入っていないのにどうやって開けるのかと尋ねます。

するとヴァルカンはユウにウルトラ外付けバッテリーを用意させ、扉を開けました。

しかしその直後、背後からジョヴァンニが自分のためにご苦労だったと声を掛けました。

リサが戦闘態勢に入り、漁火でジョヴァンニの体を弾き飛ばします。

ジョヴァンニは少し後退しますが、ヴァルカンにどこから入ったと聞かれると、蟲はどこからでもいつの間にか入ってくるものだと得意満面に答えました。

 

炎炎ノ消防隊246話ネタバレ|感謝

ジョヴァンニは自分たちで何とかしなくてはいけない、ヴァルカンがそう言うと、ユウが不安そうにお腹を押さえます。

ヴァルカンは以前ユウがジョヴァンニに傷つけられたことを思い出し、大丈夫かと声を掛けます。

するとユウは傷を負ったことは感謝している、生きていることや愛に溢れていることを確かめられたと言ってヴァルカンの想定の斜め上の解釈を披露し、ジョヴァンニにありがとうと頭を下げました。

ジョヴァンニは体を変化させながら、感謝したいのはこちらの方だ、250年も天照のキーを大事に保管していてくれたと言います。

 

炎炎ノ消防隊246話ネタバレ|一つ目の地球

つづけて扉の中が何だか分かっているかと言うと、ヴァルカンは円周率だと返します。

ジョヴァンニは「いかにも」と応じ、円周率には伝導者が古代に仕込んだ滅びの呪文、滅びのイメージが完成した今、円周率は解き終わったと言いました。

ヴァルカンが円周率は延々とつづくものではないかと言うと、それは前の大災害が起こる前の話だと返します。

さらに夜空に浮かぶ月や星を見て分かる通り、物理法則が変わった、前の大災害で人体発火がメジャー化したように円周率も解けるようになった、人類は進化の終点「死」にたどり着くと言いました。

ヴァルカンはカルトだと言いますが、ジョヴァンニは宗教もカルトも原点は同じ、伝導者が人の深層心理に植え付けたもの、太陽崇拝は絶滅のイメージをしやすくするためだと言います。

そして、この地球は二つ目だ、今空に浮かぶ太陽ははるか昔の大災害によって生まれたものだと言いました。

炎炎ノ消防隊246話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊本誌の前話245話では、アーサーが前回完敗したドラゴン相手に対等に渡り合います。

ただまだ二人とも無傷、勝負の行方はわかりません。

炎炎ノ消防隊最新話確定速報として246話のネタバレを紹介しました。

炎炎ノ消防隊246話では、天照の中でヴァルカンとジョヴァンニが再会します。

ジョヴァンニは大災害についての衝撃の真実を明らかにしました。

そして今、ジョヴァンニは何をしようとしているのでしょうか。

炎炎ノ消防隊のつづきが楽しみですね。

以上「【炎炎ノ消防隊246話ネタバレ】ジョヴァンニがヴァルカンに告げる太陽の真実」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る