炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊248話ネタバレ】火縄新型バレルの弾速暴走でカロンを制す?

【炎炎ノ消防隊ネタバレ最新話248話確定速報】ヴァルカンとジョヴァンニの戦い決着?
Pocket
LINEで送る

2020年12月23日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の炎炎ノ消防隊本誌248話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

炎炎ノ消防隊前話247話では、ジョヴァンニとヴァルカン一家が戦いました。

ジョヴァンニは250年前の因縁を明かしたあと襲い掛かり、ヴァルカンは新兵器によってジョヴァンニの本体を暴きました。

炎炎ノ消防隊248話では、ユウが蟲を入れられピンチとなります。

それを知った火縄が天照内に入ろうとしますが、カロンが足止めします。

ユウはこのまま焔ビトになってしまうのでしょうか!?

今回は「【炎炎ノ消防隊248話ネタバレ】火縄新型バレルの弾速暴走でカロンを制す?」と題し紹介していきます。

 

これまでの炎炎ノ消防隊の話を読み返したいと思われる場合は、炎炎ノ消防隊単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに炎炎ノ消防隊無料で読むことができます。

さらには無料で今までの炎炎ノ消防隊のアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐ炎炎ノ消防隊を読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレ考察

アニメも絶好調な炎炎ノ消防隊ですが、前話では天照内にいるヴァルカンたちがジョヴァンニと戦い、ジョヴァンニの本体を見つけました。

今後の考えられる炎炎ノ消防隊の展開を紹介していきたいと思います。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレ考察|カロンはどうなる?

火縄によってヘヴィなダメージを負ったカロン。

対するオグンもかなり無理をしていたようなので、二人の戦いは終わりではないでしょうか。

やってきたドラゴンがカロンのことを情けないと言っていたため、ドラゴンの強さを再認識させるため、カロンにトドメを刺すという展開もあるかもしれません。

ただ一点、カロンがオグンにトドメを刺そうとしていたシーンが気になります。

胸に人差し指と中指を向け、「ギュイイイ」と回転を起こしていました。

カロンは第2世代で自ら発火させることはできません。

蓄えていた力を放出しようとしているとも考えられますが、ドッペルゲンガーを呼び出して同化させようとしていたとも取れます。

カロンの能力は相手の攻撃を返す「反射(カウンター)」ですが、このシーンからまだ披露していない応用技があるように思えました。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレ考察|天照防衛線は死守できる?

第8と白装束がついに衝突します。

直前の作戦では次のようになっていますが、実際はどんな戦いになるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

遠距離班と近距離班の奮闘

火縄は銃、アローは弓を使うため各々遠距離攻撃が可能です。

ただアローの弓を火縄が加速させるといった使い方をすれば、さらにすごい威力になりそうです。

マキとタマキは組むというよりは各々動いた方がよさそうです。

桜備はどう動くかまだ分かっていません。

ただヴァルカンから装備があると聞いていたため、ヴァルカン特製の新装備を着けて戦う展開になるのではないでしょうか。

リツのゾンビは大量で、中には鬼のようなシルエットもあり一体だけでも苦戦しそうです。

また悪魔ヨナも姿を見せていません。

これらの敵に通用するような破壊力のある新装備だといいですね。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が炎炎ノ消防隊247話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレ

炎炎ノ消防隊最新話248話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレ|恐怖のプレゼント

惨めだと言われたジョヴァンニは高笑いをします。

そして詰めが甘いと言うと、すぐに蟲を集めて体を再構築し、自分に報いた褒美に恐怖をプレゼントしようと言いました。

直後、ユウから悲鳴が上がります。

ユウは自分の体に蟲が入ったと言うと、再び絶叫します。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレ|内部への応援

その異変は、天照の外にいる桜備たちにも伝わりました。

桜備が防衛線を下げて内部に応援を送ろうと言うと、アローがここは一人でいいから行けと火縄に言います。

火縄は頼むぞと言うと、大きなカバンを肩に掛け、扉へと駆け寄ります。

するとその横を何かが駆け抜け、扉の前で立ち止まりました。

カロンです。

腹から出血しているにも関わらず、大災害はこの星の浄化、この地獄を終わらせると叫び、火縄の行く手を阻もうとします。

火縄はカバンから大量のバレルを取り出すと、退けと叫び返しました。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレ|足止めをされていたのは

タマキが火縄のバレルが以前と違うことに気づくと、マキは灰島から素材支援を受けられるようになってから造られた新型だと言います。

さらに、以前は弾速暴走を一発撃つだけでダメになったけれど連射が可能になったと付け加えます。

弾速暴走の連射が始まりました。

カロンの体を貫く勢いで命中します。

ただカロンは鬼気迫る形相で耐え、火縄もそこから目を離さず、撃ち続けます。

そこでリツがようやく気付いたか、足止めをされていたのは自分たちではないと言いました。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレ|リヒトの知恵

リヒトが天照内部のヴァルカンに向かって何度も通信を試みます。

内部ではユウが焔ビトへと変貌しようとしています。

リサがユウに向かって声を掛けますが、ユウから声は返ってきません。

ジョヴァンニが高笑いをつづける中、ヴァルカンはリヒトの通信を受け、状況を説明します。

磁場で方向感覚を操る以外の方法で蟲を統制する方法はないかと聞き、知恵を貸してくれと言います。

するとリヒトは、任せて、そのためにここにいると応じました。

 

炎炎ノ消防隊248話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊本誌の前話247話では、ジョヴァンニがヴァルカンに、250年前の天照建築時、ヴァルカンの先祖は天照の真の力を封印したことを明かしました。

その後、ヴァルカンはジョヴァンニの体を構成する蟲を新兵器によって吹き飛ばしました。

炎炎ノ消防隊最新話確定速報として248話のネタバレを紹介しました。

炎炎ノ消防隊248話では、ジョヴァンニが態勢を立て直し、ユウに蟲を入れます。

そこで火縄が助けにいこうとしますが、カロンが行く手を阻んだので、ヴァルカンはリヒトに知恵を借りようとします。

リヒトに策はあるのでしょうか!?

炎炎ノ消防隊のつづきが楽しみですね。

以上「【炎炎ノ消防隊248話ネタバレ】火縄新型バレルの弾速暴走でカロンを制す?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る