炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊258話ネタバレ】スーファミ登場!アーサーとパーンが偽物を倒す!

【炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話258話確定速報】アーサーが世界を救う試練に挑む!

2021年3月10日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の炎炎ノ消防隊本誌258話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

炎炎ノ消防隊前話257話では、カリムがレッカの真意を知ろうとしますが、レッカは最初からアドラの使徒だと言い、フォイェンを攻撃しました。

アーグと対峙しているパーンは自分にバフをかけて「ピー」すると言い、火鱗に本気かと言われました。

またアーサーは試練があると言って第8特殊消防教会を訪れました。

炎炎ノ消防隊258話では、アーサーとヴァルカンがスーファミを開始。

アーサーいわく、ゲームの偽ドラゴンを倒せない奴が真エクスカリバーを使えるわけがない!

一方、パーンも偽物アーグに対して奮闘しています。

二人は偽物退治をクリアできるのでしょうか!?

今回は「【炎炎ノ消防隊258話ネタバレ】スーファミ登場!アーサーとパーンが偽物を倒す!」と題し紹介していきます。

>>炎炎ノ消防隊の最新話ネタバレはこちら<<

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ考察

炎炎ノ消防隊の前話では、アーサーが第8特殊消防教会に到着、カリムはまだレッカと戦う決意ができずにいます。

今後の考えられる炎炎ノ消防隊の展開を紹介していきたいと思います。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ考察|アーグが見ちゃったもの

アーグのドッペルゲンガーが出現。

第4の隊員を殺し、パーンにまで攻撃して「アーグ見ちゃった…」と呟きました。

アーグは生前から変わったところがあり、アドラを見て傷を負った際には「聖痕」だと喜んでいました。

そしてアドラに行ったことで何らかの真理を見たようです。

そのことを伝えたいのではないでしょうか。

絶望を推奨するような言葉でも、元大隊長から発せられると説得力を持ちそうです。

隊員の何人かがドッペルゲンガーに呑まれるという展開はありそうです。

パーンには現大隊長として気を確かに持って欲しいです。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ考察|第8でアーサーは秘策を得る!

ドラゴンとの再戦に備え、アーサーがヴァルカンを「マーリン」と呼び、約束の地第8に連れて行ってほしいと言いました。

約束の地とは…?

アーサーは相変わらず突拍子もないですね。

ちなみにマーリンとは12世紀の偽歴史「ブリタニア列王史」に登場する魔術師で、アーサー王を湖の乙女の下に導き、エクスカリバーを与えることに尽力した人です。

アーサーが現実とこの伝説を重ねているのなら、第8が湖のような場所になっていて、ここで剣がさらなるパワーアップをしてもおかしくありません。

それにしてもヴァルカンの「お前のためならなんだってやる!!」発言は驚きました。

いつのまにこんな固い信頼関係を築いていたのでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ考察|アドラのバーンズとジョーカー

ジョーカーがアドラのバーンズの目を通して世界のルールを理解しました。

バーンズはドッペルゲンガーに飲み込まれたはずですが、意識やその残滓が残っているのかもしれません。

シンラとショウの母もそんな感じですしね。

何にしてもジョーカーがアドラのことを見えているのは大きいです。

柱たちの救出方法もわかるかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ考察|ハウメアの涙

炎炎ノ消防隊253話でどこからか響く声、おそらく伝導者の声を聞くハウメアの目から涙が流れました。

これは大切な人カロンを失ったことに対する悲しみが残っていたためなのでしょうか。

それとも伝導者の「真の希望なんてものはないのです」という言葉に対してでしょうか。

ハウメアは聖女であり、誰よりも善の心があると明かされました。

どちらの理由でも涙を流しそうです。

ただ前者だった場合、大災害で全てを消し去ることへのためらいに繋がる可能性はありそうです。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ考察|人類の集団的無意識がネガティブしかない点

アドラで聞こえてきた声は、人類の集団的無意識は8つだと言いました。

狂気、受動、無関心、激怒、破滅、恐怖、嫌悪、絶望です。

ネガティブな意識しかないですね。

さらに声は、この世にある希望が楽観ともいえる諦めでしかないと言っています。

しかし人の意識はつねに変わるものです。

狂気一つとっても、狂気から正気に戻ることもあるし、そこが終着点だと決めつけるのは早計です。

このことから人が死を求めているというより、伝導者が死を求めているからこそ人をそこに誘導しようとしていると思えます。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ考察|天照の真の力とは?

ジョヴァンニが話していた250年前の出来事の中で気になったのは、ヴァルカンの先祖が天照の真の力を封印したという事実です。

まずは真の力とは何なのかということ、次に封印という手段を取ったことが気になります。

ヴァルカンの先祖がヴァルカンと同じような人格であれば、天照の声を聞いて助けたいと思ったはずです。

しかし救出ではなく封印という手段を取っているのは何故なのでしょうか。

救出に失敗したのか、方法が分からなかったのか、人々を救うため天照を見捨てたのか、いずれにしろ天照の現在の憎しみに満ちた姿を見る限り、簡単には許してもらえなさそうです。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ考察|最強と最狂の共闘?

守リ人と第8の戦いにスポットが当たっていますが、今後は焔ビトが激増している各消防隊についても描かれそうです。

その中で注目したいのが、最強と呼ばれる紅丸と最狂と呼ばれる黒野の動向です。

通常なら浅草第一の紅丸は浅草に戻って焔ビトを倒していそうですが、紺炉から第8の助けに行った方がいいと言われて天照に来るというパターンもありそうです。

黒野も上司から天照に異変があった、行ってこいと言われたら断らずに行くはずです。

最強と最狂の共闘展開、くるのではないでしょうか。

 

広告

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が炎炎ノ消防隊257話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ

炎炎ノ消防隊最新話258話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ|「善と悪の間」こと「アーサーとシンラの部屋」

覚醒の祠(第8の教会)にアーサーとヴァルカンが入ります。

誰もいないようだとアーサーが言うと、そりゃそうだろとヴァルカンが返します。

改めて不安になったヴァルカンは、大災害の最中に何でこんな所に来ているんだ、本当に大丈夫なのかと確認します。

アーサーはブレることなく、騎士王への道の試練は「善と悪の間」で行われると返します。

シンラとアーサーの部屋の前に着きました。

ヴァルカンはアーサーの中ではアーサーが善でシンラが悪かと納得します。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ|これってスーファミだろ

部屋を開ける前、アーサーは心の準備はいいかと言います。

ヴァルカンがむしろ何でダメだと思うとツッコむと、心強いと言って扉を開けました。

ヴァルカンが意外と片付いていると驚くと、アーサーはいつもシンラが掃除をしていると返します。

それから悪はしぶといから消えてしまっていても心配いらないとつづけました。

そして試練に使う「ある機械」の準備を始めました。

これが自分のやり残したこと、ヴァルカンの知恵が必要だと言います。

ヴァルカンはその機械を凝視したあと、呟きます。

「これってスーファミだろ」

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ|ゲーム開始

スーファミのソフトは「DRAGON QUESTION」。

アーサーはコントローラーを手に持ち、大真面目な顔で語ります。

ゲームのラスボス「竜王ドラゴーン」を倒していない奴が真エクスカリバーを扱えるはずがない、と。

さらに一人では中々進まないと言うと、プレイを始めました。

ヴァルカンも大真面目な顔をして思います。

「マジか…」と。

ただすぐに心をたて直し、「このマーリン…お前を導くために生まれてきたのだろう…」と返しました。

 

広告

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ|アーサーとパーンはバフをつかった!

アーサーは中ボス「ニセドラゴーン」の攻略に手間取り、コーラらしき飲み物を飲んで悔しがります。

ヴァルカンはお菓子を食べながら冷静に分析します。

敵の攻撃力が高くて主人公が耐えられないようだ、魔法やバフを使ってみようとアドバイスします。

アーサーは早速バフを使ってみようとします。

一方、第4のパーンもバフの重ねがけをしていました。

「四重層強激」状態となったパーンの顔は険しく、向かってくるアーグのドッペルゲンガーを叱責します。

「アーグ大隊長の尊厳を穢すなニセモノ!!」と叫び、ドッペルゲンガーの両腕をへし折り、蹴りを食らわします。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレ|ニセモノをたおした!!

パーンはつづけて何かを言っています。

ただ笛を咥えているため「ピピーピュピュルル」となります。

それから力を溜め、「豪激裂重層(ごうげきれつじゅうそう)」という拳撃を繰り出しました。

ドッペルゲンガーの腹が貫かれ、体が砕けて消えていきます。

パーンは笛を咥えたまま「ピュートム」と言います。

そして改めて、このドッペルゲンガーはアーグ大隊長ではない、間違ったイメージは人を傷つけるだけだと言いました。

同じころ、ゲームをしている二人が「よっしゃ!!」と言って、ハイタッチをします。

ゲーム上のニセドラゴーンを倒しました。

二人は次に進めると喜びます。

 

炎炎ノ消防隊258話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊本誌の前話257話では、レッカとフォイェンが戦う中、カリムはまだレッカは根っからの敵ではないと信じようとします。

一方、容赦なく襲い掛かるアーグに対してパーンはピーを使うと言います。

最新話速報として炎炎ノ消防隊258話のネタバレを紹介してきました。

炎炎ノ消防隊258話では、アーサーとヴァルカンがスーファミでドラゴン退治を開始!

アーサーはゲームのドラゴンを倒せない奴が真エクスカリバーを使えるわけがないと言い、ヴァルカンを絶句させます。

ただヴァルカンは覚悟を決めて付き合うことにし、アーサーは見事中ボス偽ドラゴンを倒しました。

一方、第4のパーンもバフの重ねがけでアーグを圧倒!

小さく見えるけれど大きな意味を持つ勝利!

炎炎ノ消防隊のつづきが気になりますね。

以上「【炎炎ノ消防隊258話ネタバレ】スーファミ登場!アーサーとパーンが偽物を倒す!」と題しお届けしました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。