炎炎ノ消防隊

【炎炎ノ消防隊262話ネタバレ】アーサーがユウを救ってドラゴンと対峙

【炎炎ノ消防隊 ネタバレ最新話262話確定速報】アーサーがユウを救ってドラゴンと対峙

2021年4月7日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の炎炎ノ消防隊本誌262話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

炎炎ノ消防隊前話261話では、アーサーがラスボスを前にしますが、コントローラーを置き、ヴァルカンの本物のドラゴンと戦う姿勢を見せました。

しかしその前にヴァルカンにユウのことを尋ね、ユウのことは自分が何とかすると約束します。

炎炎ノ消防隊262話では、アーサーがエクスカリバーを天にかざせばユウの居所が分かると言い、ヴァルカンがその通りにします。

するとエクスカリバーが光り始めました。

また宿敵ドラゴンの方にも動きがあり…?

今回は「【炎炎ノ消防隊262話ネタバレ】アーサーがユウを救ってドラゴンと対峙」と題し紹介していきます。

>>炎炎ノ消防隊の最新話ネタバレはこちら<<

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ考察

炎炎ノ消防隊の前話では、アーサーがゲームのコントローラーを置き、ヴァルカンの心に寄り添い、何とかすると誓いました。

今後の考えられる炎炎ノ消防隊の展開を紹介していきたいと思います。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ考察|ユウの中に自我が残っている

アーサーがヴァルカンにエクスカリバーを天にかざせばユウの居所がわかると言いました。

制作者であるヴァルカンはそんな機能はないと言いますが、アーサーの目は本気でした。

アーサーのそうなると信じる心がアドラに作用し、ユウの居所を示す展開になると予想します。

ユウはとびきりポジティブです。

もしかすると作中で一番そうなのではないかと感じます。

彼が簡単に意識を乗っ取られるとは思えない為、ヴァルカンと再会した後、ユウの自我が表に出てくるのはないでしょうか。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ考察|リヒトとジョーカーの異変

第8が希望を広げようとする中、炎が治まることはなく、リヒトとジョーカーは不安をぬぐえないようです。

二人には自我のない人間が事を荒立てるから火が消えないということが「何故かわかる」ようです。

さらに「この世界」と言ったあとで「この物語」と訂正し、この物語の仕組みがわかると言いました。

「物語」とは比喩的な意味でなく、「炎炎ノ消防隊」という漫画を指しているメタ発言に聞こえます。

炎炎ノ消防隊265話で読者たちを震撼させた実写スミレも、誌面を超えてリアルな読者を批判していたように見えます。

二人もアドラが近づいたことで、スミレと同じような感覚を獲得しているのかもしれません。

また仕組みがわかると理由がわからないと言っていたリヒトが少しの思案のあと、「そうか…」と言っていたことから、何かに気づいたようです。

もしリヒトが自分たちは漫画のキャラクターだと気づいたのだとしたら、リヒトも読者に干渉してきそうです。

「読者アンケートに結末を変えるよう書いてくれ」なんて言われるかもしれません。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が炎炎ノ消防隊261話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ

炎炎ノ消防隊最新話262話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ|エクスカリバーがユウの居所示す

アーサーは、ヴァルカンとリサとユウの三人で創った聖剣エクスカリバーならユウの居所を知っていると言います。

ヴァルカンは躊躇しますが、アーサーは嘘をつかないと思い直し、ユウを想いながら剣をかざします。

すると剣が光り出し、ある方向へと伸びました。

ヴァルカンが驚いていると、アーサーは転移魔法で移動すると言い出しました。

ヴァルカンがもっと驚き、さすがにそれは無理だろうと言います。

しかしアーサーは「ルーラ」と唱えました。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ|ユウを乗っ取ったジョヴァンニ

そのころ、ユウの体を乗っ取ったジョバンニは空を見上げていました。

若い体に寄生しながら、石橋を叩いて叩いて叩いて叩いて叩いてずっとこの時を待っていたと言います。

さらに、やっと世界の最後を見届けられると言うと、伝導者に向かって姿を見せてくれと叫びました。

そのとき、ジョヴァンニの背後にアナログゲームで出てくるようなビットの荒い光が現れました。

ジョヴァンニが振り返ると、アーサーとヴァルカンがいました。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ|アーサーがユウを救う

ヴァルカンはジョバンニにユウを返せと言います。

ジョヴァンニはすでに脳に寄生したから無駄だと言い、アドラを見た後なら返してもいい、世界は滅んでいるだろうがと言って笑います。

次の瞬間、アーサーは瞬時にジョヴァンニに近付き、剣の先から光の刃を生み出しました。

光はジョヴァンニの脳を貫きます。

アーサーはジョヴァンニのような上っ面だけを覗いてざわつかせるだけの奴は、何も残せず、何も知ることはないと言います。

それから「失せろ小心者のゲス蟲が」と言うと、ジョヴァンニの意識は消失しました。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ|騎士王アーサー

ヴァルカンが駆け寄ると、アーサーの腕の中にユウがいました。

アーサーがユウの脳に巣くっていたジョヴァンニを燃やしたと言うと、ヴァルカンはガンマナイフみたいだと呟き、ユウを抱きしめます。

すぐにユウは目を覚まします。

ヴァルカンが良かったと言うと、ユウはぽかんとしています。

ヴァルカンはアーサーにありがとう、何と言ったらいいかと言います。

するとアーサーは遠慮なく言えといいます。

言って欲しい言葉は「騎士王」です。

 

広告

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ|ドラゴン帰還

アーサーはヴァルカンのおかげで騎士を極めることができた、もう一つの約束を果たすと言います。

地震が始まり、RPGのような吹き出しが出てきました。

「地平線が燃える!!」

その吹き出し通り、地平線が燃え出すと、アーサーはドラゴンが絶望していると呟きます。

多摩湾ではドラゴンが攻撃を受けていました。

無数のミサイルを浴びたドラゴンはもちろん無傷で、人間はくだらんと言います。

その横の吹き出しには「絶望の巨竜ドラゴン」とあります。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレ|ドラゴンとアーサー

アーサーはドラゴンの絶望を感じ取り、強者であるドラゴンの絶望はこの世界の終焉を促進していると言います。

それからこれ以上奴を待たせるわけにはいかないと言うと、フードをかぶりまます。

一方、多摩湾にいるドラゴンがいつまで待たせる、童と叫びます。

ドラゴンの声を感じ取ったアーサーが「今行く!」と返します。

ドラゴンはニヤっと笑い、早く来いと言いました。

 

炎炎ノ消防隊262話ネタバレまとめ

炎炎ノ消防隊本誌の前話261話では、アーサーがゲーム機の前を離れ、本物のドラゴンと対峙することにしました。

それからヴァルカンに話を聞き、ユウもドラゴンもシンラも「なんとかする」と約束しました。

一方、市民を避難させる消防隊ですが、名もなき市民をいくら助けても「確立者」の絶望を打ち消さないと変わらないということが判明しました。

最新話速報として炎炎ノ消防隊262話のネタバレを紹介してきました。

炎炎ノ消防隊262話では、エクスカリバーでユウの居場所を見つけ、アーサーは転移魔法を使い出しました。

それから瞬く間にユウを救出すると、ドラゴンに今行くと言いました。

これまでのアーサーとは大分違うようです。

どうなるのでしょうか!?

炎炎ノ消防隊のつづきが気になりますね。

以上「【炎炎ノ消防隊262話ネタバレ】アーサーがユウを救ってドラゴンと対峙」と題しお届けしました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。