ゴールデンカムイ

【ゴールデンカムイ251話ネタバレ】ヴァシリが尾形を発見し杉元は二階堂と遭遇!

【ゴールデンカムイネタバレ251話最新話本誌確定速報】ついに尾形が登場し上エ地との対比が描かれる?
Pocket
LINEで送る

2020年9月10日(木)発売号の週刊ヤングジャンプに掲載予定のゴールデンカムイ本誌251話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ゴールデンカムイ前話250話では、事件の真犯人とみられるマイケル・オストロングとみられる人物が登場しました。

さらに、もう一人の囚人・上エ地も登場し、ビール工場周辺に囚人、土方一行、杉元一行、第七師団、鶴見中尉までも集結。

また、土方一行が杉元たちと手を組んでから姿を見せていない尾形もこの場にきているようですが、誰とも手を組むことなく金塊を求めるのでしょうか?

今回は「【ゴールデンカムイ251話ネタバレ】ついに尾形が登場し上エ地との対比が描かれる?」と題し紹介していきます。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ考察

ゴールデンカムイ前話250話では、焦ったキラウシが犯人発見の合図である花火を打ち上げてしまいました。

この花火はビール工場付近にいた第七師団、土方一行、杉元一行、尾形、さらに鶴見中尉にもみられていたのです。

金塊を狙う者たちが集結していますが、ここからどうなってしまうのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ考察|宇佐美vs牛山は宇佐美に勝敗が上がる?

「不敗の牛山」という異名を持つ牛山は、圧倒的な強さを誇る柔道家です。

対する宇佐美は体格こそ牛山に勝りませんが、柔道家としての素質は鶴見を唸らせるほど。

どちらも向かうところ敵なしですが、対決するとどちらが勝つのでしょうか?

そもそも牛山は性欲で暴走するときがあるものの、基本的には紳士的で優しい性格をしています。

アシリパが牛山を「チンポ先生」といって慕うくらいなので、女子供に対する振る舞いの良さはかなりのもの。

一方、宇佐美は鶴見中尉に心酔するあまり、親友を殺してしまった過去を持っています。

さらに、今回犯人を捜す際に見せた、異常なまでの執着心。

それらを持ち合わせた宇佐美が、牛山に簡単に負けるとは考えられません。

どちらも引かず、引き分けとなるのが予想されます。

戦いの最中に杉元が現れ、2人の戦いが中断され可能性もありそうですね。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ考察|251話への感想・予想ツイート

以下がゴールデンカムイ250話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ

ゴールデンカムイ最新話251話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ|牛山組のもとへ向かう

キラウシがあげた花火を確認した杉元、アシリパ、白石の3人は、牛山組の持ち場に向かっていました。

牛山組の主戦力である牛山はさておき、キラウシと門倉が犯人を逃すことを心配する杉元。

もちろん、反対側にいた都丹庵士、海賊、有古も急いで牛山組のもとへ向かっています。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ|宇佐美vs牛山

一方、宇佐美と対峙した牛山。

宇佐美が発砲するも、牛山は難なく回避し、取っ組み合いになってしまいました。

宇佐美が牛山と戦うのは初めてでしたが、組んだ瞬間、牛山の強さを確信。

牛山に負けず劣らずの柔術家である宇佐美は、組んだだけで牛山の強さを感じ取っていたのです。

同じ様に、宇佐美の強さを感じとる牛山。

さらに、牛山は門倉から、宇佐美は犯人ではなく鶴見中尉の部下だと知らされます。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ|第七師団集結

そこへ花火を確認した鯉登、月島、菊田、二階堂の4人がやってきました。

走りながら銃を構え、宇佐美に牛山から離れるよう指示する菊田と月島。

このまま撃ってしまえば、牛山どころか宇佐美にも危険が及んでしまう。

そう考えた鯉登は、銃ではなく剣で攻撃しようと考えていました。

しかし、当の宇佐美は隠し持っていたナイフを取り出し、牛山に攻撃を仕掛けようと構えている最中。

牛山は宇佐美のナイフなどお構いなしに、宇佐美のことを投げ飛ばしました。

牛山の動きから鯉登へ逃げるよう叫ぶ月島。

月島の読み通り、宇佐美は鯉登の方へ投げ飛ばされていきます。

地面に転がった宇佐美を避ける月島と菊田ですが、その隙に牛山はビール工場の窓を壊して逃げてしまいました。

入れ墨囚人でもある牛山を逃がしたくないと考えた一行は、二手に分かれて牛山を捕えることに。

月島が裏口に回り込む中、何故か宇佐美は門倉のもとへ…。

急いで逃げる門倉ですが、その後ろを宇佐美が追いかけまわします。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ|訂正の花火が打ちあがる

事件の真犯人と思われるジャックは、土方組のところへ現れていました。

娼婦役の夏太朗が話す背後から、刀を構えて忍び寄る土方。

土方のとんでもない気迫はジャックにも伝わり、危機を感じたジャックは走り出しました。

逃がさないようにジャックの服を掴む夏太朗ですが、ジャックの振り回したナイフによって顔を切られてしまいます。

それを見た土方は無言で銃を発砲。

銃弾はジャックの左肩を撃ち抜きますが、ビール工場の壁を盾にして逃げてしまいました。

このままでは逃げられると感じた土方は、永倉に花火を上げるよう指示を出します。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ|ヴァシリが尾形を発見

2度目の花火に驚き、犯人が逃げたのかもしれないと考える杉元。

同じ様に牛山組のもとへ向かっていた都丹たちも混乱してしまいます。

一方、ビール工場の屋上で、望遠鏡をのぞき込むヴァシリ。

ビール工場の周りには街灯がなく、花火のおかげで辺りが一瞬見えるようになりました。

すると、やぐらの中に人影が…。

その正体は、土方陣営が杉元たちと手を組んで以来、どこにも戻ることが出来なかった尾形でした。

因縁の相手である尾形を見つけ、目つきを変えるヴァシリ。

 

広告

ゴールデンカムイ251話ネタバレ|憧れの土方に心配される夏太朗

ジャックに切り付けられた夏太朗を心配する土方。

目の上から血が流れていますが、持っていたタオルを巻いて止血を済ませます。

そんな夏太朗に、ついてくるよう指示する土方。

憧れの土方に心配してもらい、夏太朗は目を輝かせながら「はい!」と返事をするのでした。

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレ|杉元が二階堂と対峙

ようやくキラウシと合流し、牛山の居場所を尋ねる杉元。

牛山は工場内にいることを伝えますが、相手が第七師団であることを伝えそびれてしまいます。

犯人も工場内にいると勘違いした杉元は、アシリパと共に工場内へ…。

慌てて相手が5人であることを伝えるキラウシですが、すでに杉元とアシリパの姿はありません。

相手は第七師団だと教えるため、白石も急いで工場内へ入っていきます。

時間差で工場内へ入ったため、白石の姿を探す杉元。

工場内は暗く、ビール樽があるため簡単に白石を見つけることは出来ません。

すると、樽の間から人影が…。

白石だと思って声をかける杉元ですが、そこにいたのは白石ではありません。

なんと、杉元の因縁の相手・第七師団の二階堂だったのです。

ついに対峙した2人はどのような戦いを見せるのでしょうか?

 

ゴールデンカムイ251話ネタバレまとめ

ゴールデンカムイの前話250話では、宇佐美が門倉の正体に気付いてしまいました。

危険を感じた門倉が助けを呼び、現れた牛山が宇佐美と対峙。

焦ったキラウシが犯人発見の合図である花火を打ち上げてしまいましたが、実は犯人は土方組の前に現れていたのです。

さらに、真犯人とは別の囚人・上エ地も工場付近に来ていました。

また、到着した鶴見中尉もこの花火を見ており、ついに第七師団、土方一行、杉元一行が大集結。

そして最新話確定速報としてゴールデンカムイ251話のネタバレを紹介してきました。

ついに牛山と宇佐美の戦いが始まるかと思いましたが、花火を見た鯉登、月島、菊田、二階堂のせいで戦いは中断されてしまいました。

一方、土方は事件の真犯人・ジャックと対峙しますが、運悪く逃げられてしまいます。

すぐさま訂正の花火を打ち上げますが、2度目の花火ということもあり、各組に混乱が広がります。

そんな中、ヴァシリは因縁の相手・尾形を発見。

ようやく尾形を見つけることが出来たヴァシリは目つきを変えますが、次週以降はヴァシリvs尾形が描かれるのでしょうか?

また、杉本も因縁の相手・二階堂と遭遇。

お互いに姿を確認し、戦闘態勢に入りましたが、どんな戦いを見せてくれるのでしょうか?

以上、「【ゴールデンカムイ251話ネタバレ】ヴァシリが尾形を発見し杉元は二階堂と遭遇!」と題しお届けしました。

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、ゴールデンカムイの単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

ゴールデンカムイ22巻を無料で読むには?収録話や発売日とあらすじや見どころを紹介

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにゴールデンカムイを無料で読むことができます。

さらには無料で今までのゴールデンカムイのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐゴールデンカムイを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

>>今すぐ無料でゴールデンカムイ最新刊を読む<<

Pocket
LINEで送る