五等分の花嫁

【五等分の花嫁ネタバレ116話最新話確定速報】三玖の想いはどうなる?

Pocket
LINEで送る

2020年1月8日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の五等分の花嫁本誌116話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

五等分の花嫁115話では、学園祭も終わり、風太郎は一花とお出かけします。

そこで風太郎は四葉とまだ付き合っていないことを一花に明かします。

どうやら、二人がすんなりと付き合うことにはならなかったようです。

学園祭の夜、四葉はまだやらなくちゃいけないことがあると風太郎に言ったようです。

やらなくちゃいけない事とは何でしょうか?

そして四葉は二乃と会いますが、二乃からは姉妹の縁を切ると言われてしまいます。

そして三玖は四葉の格好で現れて、私が三玖の恰好をして風太郎と付き合うと言います。

果たして四葉は姉妹と分かり合うことが出来るのでしょうか。

今回は「【五等分の花嫁本誌ネタバレ116話最新話確定速報】三玖の想いはどうなる?」と題し紹介していきます。

>>最新話の内容はどうなった?<<

 

五等分の花嫁最新話116話ネタバレ確定速報

五等分の花嫁116話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

四葉、三玖とカラオケへ

夜の海で会っていた四葉と三玖ですが、風が強くなり電車が止まってしまい、家に帰れなくなってしまいます。

四葉と三玖はカラオケで朝まで時間を潰すことにし、三玖は一花に電話で帰れないこと、四葉と一緒にいる事を一花に連絡します。

三玖が一花との電話を終えて戻ってくると、四葉がドリンクバーの前で飲み物を選んでいます。

四葉が三玖に飲み物どうする?と尋ねると、四葉と同じ物を、と三玖は返事をします。

四葉は少し困った表情をしつつもオッケーと返します。

個室でも四葉と三玖は気まずい雰囲気で会話も弾みません。

二人とも無言でいると、三玖は頭のリボンを取り、四葉になり変わり風太郎と付き合う…というのは冗談だと言います。

私は四葉の真似はできても四葉にはなれない、このジュースは私には甘すぎると三玖は四葉に言います。

 

2人とも二乃の好きな曲を選ぶ

その後せっかくだし歌おうと三玖が提案し、四葉も頷きます。

しかし2人が偶然にも選んだ歌は、二乃が家でしつこいくらい聴いていた曲、ラブ☆バケーションでした。

選曲が被った三玖は四葉と同じ曲を選んだ流れから、本気で風太郎を横取りしようとしているみたい…、と焦ります。

本当はもっと話したいことがあったはずなのに…と思いながら。

歌い終わり、採点結果は87点・・・。

三玖にとって微妙な点のようです。

もう一度歌いたいと思いタブレットを操作していると、誤って四葉の曲を中止にしてしまいます。

三玖は間違ったと四葉に謝り、四葉も三玖が怒っているかと思ったと笑いながら言います。

三玖は曲を中止にしたのはミスだと言いつつも、怒っているのは本当だと言います。

 

三玖、四葉に思いをぶつける。

三玖は私なら風太郎を困らせるようなことはしないと言い、四葉が風太郎への返事を保留にしいる事を問い詰めます。

しかし、三玖から問い詰められた四葉は、風太郎のことをずっと思い続けているとはっきりと答えます。

三玖は四葉の口からハッキリと風太郎への想いを聞く日が来るとは思わなかったと驚きますが、なおさら躊躇する理由はないはずと言い、四葉が前の学校でのことを気にしてるのでは?と、投げかけます。

三玖はそのあと、私達のことは気にしないで付き合っていいんだよと言い四葉は驚きます。

その直後に続けて三玖がなんて言うと思った?と聞きます。

どうしても感情が荒立ってしまう、それだけ本気だったと三玖は言い、私たちのこの感情も受け止めてほしいと四葉に想いを伝えます。

四葉は二乃の気持ちを分かってあげられてなかった…、怒られて当然だと言います。

三玖は二乃は怒ってるのがデフォルトみたいなものだからと茶化します。

恋愛で私たちは敵でも仲間でもないと二乃が言っていた事を伝えます。

そして三玖はせめてもの抵抗、絶対に背中を押してなんてあげない、と笑顔で話します。

行き場をなくした私たちの怒りを受け止めて欲しい。

三玖は四葉にそう願うのでした。

それを聞いた四葉はもう一度、ラブ☆バケーションをタブレットから選曲。

三玖に聞いてて、三玖より絶対上手く歌うからと言います。

三玖は私より良い点とってから言って、もちろん取られたら取り返すよ、と言い、四葉も望むところ!と返すのでした。

そのまま一晩歌い明かした四葉と三玖。

二人とも夜通し歌い続けたので声が酷い状態。

帰ったら皆に笑われちゃうので、三玖は帰らない?と四葉に提案しますが、四葉は皆に会いたいと言い、家に帰宅し始めます。

 

三玖の想いは…。

四葉と帰りながら、三玖は思います。

今の学校に来る選択をしたから風太郎に出会えた、少なくとも私はそれを不幸だと思わない。

風太郎に出会った時からの思い出を振り返り、そして三玖は自分が着けていたリボンを海に向かって投げてます。

私は四葉にはなれなかったけど、四葉だって私にはなれない。

そして、ようやくそう思えるほどに…、私は私を好きになれたんだ、そう思った三玖の表情は晴れやかな笑顔になっていました。

 

五等分の花嫁最新話116話のツイッターでの感想

以下が五等分の花嫁116話を読んでの感想ツイートの一部です。

 

五等分の花嫁116話ネタバレ最新話確定速報まとめ

五等分の花嫁本誌の前話115話では、風太郎がまだ四葉と付き合っていないことが明らかになります。

四葉は風太郎と付き合う前に、やらなきゃいけないことがあると言います。

しかし二乃とは対立し、さらに三玖は四葉の恰好をして風太郎と付き合うと言い始めます。

果たして四葉のやらなきゃいけないことは無事に達成できるのでしょうか。

そしてほかの姉妹の風太郎への想いはどうなっていくのでしょうか。

116話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。

以上「【五等分の花嫁本誌ネタバレ116話最新話確定速報】三玖の想いはどうなる?」と題しお届けしました。

>>最新話の内容はどうなった?<<

Pocket
LINEで送る