五等分の花嫁

【五等分の花嫁ネタバレ117話最新話確定速報】五月がついに自分の気持ちに気づく?

【五等分の花嫁ネタバレ117話最新話確定速報】二乃と五月の想いはどうなる?
Pocket
LINEで送る

2020年1月15日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の五等分の花嫁本誌117話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

五等分の花嫁116話では、四葉と三玖がカラオケルームで一夜を過ごします。

カラオケ店で三玖は自分の本当の想いを四葉にぶつけます。

これによって、四葉とのわだかまりも消えますが、その後三玖はカラオケ店を出た後、海に向かってリボンを投げます。

風太郎への想いをこれで終わりにするという意味でしょう。

しかし、この恋はネガティブだった三玖が自分を好きになることができたきっかけとなり、三玖の表情は晴れやかでした。

そして四葉は「皆に会いたい」と言い、ほかの姉妹に会うために歩き始めるのでした。

三玖とのわだかまりが解けた四葉ですが、果たして二乃とは仲直りできるのでしょうか?

今回は「【五等分の花嫁本誌ネタバレ117話最新話確定速報】五月がついに自分の気持ちに気づく?」と題し紹介していきます。

 

五等分の花嫁最新話117話ネタバレ最新話考察

前話ではカラオケルームで四葉と三玖が思いをぶつけあい、わだかまりを解き、前を向いていくという内容でしたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

四葉と二乃がガチバトルに発展?

三玖と四葉の関係はひとまず落ち着きましたが、115話にて二乃に「姉妹の縁を切る」と言われて絶縁宣言をされてしまった四葉。

二乃はまだ四葉に対して怒りを抱えているでしょう。

怒りっぽい性格の二乃なので、ガチバトルに発展するかもしれませんね。

三玖は116話で「私たちの思い」を受け止めてほしいと願っています。

「私たち」の中には、一花や二乃のことが含まれていて、二乃と再度、思いをぶつけあう展開があると思います。

三玖の気持ちを受け止めてなお、「皆に会いたい」と言う四葉。

姉妹の中で、最初に風太郎に恋心を告白した二乃と、最初に恋心を抱いた四葉。

果たして四葉は二乃の気持ちを受け止め、姉妹の絆を取り戻すことができるのでしょうか。

 

五月の気持ちに変化が?

ここまで五月だけ恋愛レースに参加せずにいました。

学園祭でも唯一キスをせずに終わり、ここまで四葉を応援する立場をとっていました。

しかし、五月は115話にて四葉と風太郎について「皆のことを考えると、素直におめでとうと言えない。」と言っていました。

傷つく姉たちのことを思うと素直に応援できない、という意味でしょうが、果たして五月本人の風太郎への気持ちはどうなのでしょう。

風太郎も自分の理想だと言っていた五月。

単なる友情、理想、憧れなのか、それとも・・・。

何かをきっかけに恋心が芽生える展開があるのでしょうか。

ですがそうなった場合や風太郎の四葉への気持ちが確定している場合、五月が傷つくことになってしまうかもしれません。

ここまで明確な恋の描写が無かった五月ですが、果たして気持ちに変化はあるのでしょうか。

 

京都の女の子について打ち明ける?

四葉が小学生の修学旅行の時に、風太郎と出会ったことは姉妹の中ではまだ一花と五月しか知らないはずです。

特にこのことを知らない二乃にとっては、風太郎が四葉を選んだことに納得がいっていないと思われます。

実は小学生時代の修学旅行で、四葉が風太郎に会っていた。

その時から四葉は風太郎のことを思い続けていた。

そのことを二乃に打ち明ける展開もあるのではないでしょうか。

それを知ったときの四葉以外の姉妹たちは、いったいどのような反応をするのか楽しみです。

 

五等分の花嫁最新話117話への感想・予想ネタバレツイート

以下が五等分の花嫁117話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です

 

五等分の花嫁最新話117話ネタバレ確定速報

五等分の花嫁117話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

五月が下田さんに悩み相談

五月は下田さんに、この前見たドラマに喩えて心情を話し、相談します。

ある男女の恋を応援している女の子がいて、女の子の望み通り2人は結ばれそうだが、いざその時が来るとモヤモヤして胸が張り裂けそう。

まさに今の五月の心情です。

五月は下田に、これはドラマの中の話で、文脈を読み解く観点から心境を解釈するように言い訳します。

下田は男を好きだから嫉妬していると言いますが、五月は即座に否定します。

下田は恋を自覚した女が男との距離を縮めていくもの、略奪するのがいいんだ、背徳感と同時に湧き上がる愛情などといいヒートアップしていきます。

自分のこととばれないようにしている五月ですが、下田のノリノリな返答に対して複雑な感情を抱きます。

下田はそのドラマは言った通りに進むと断言します。

五月はここで気が付きます。

「その男が好きだから」というのが自分のことだということに。

しかし、自分の気持ちに気づいても、五月はそうではないと否定しようとします。

四葉の想いがようやく届いたのに、今更自分がひっかき回すような真似はしないと考えます。

 

五月、風太郎と遭遇する。

そんな風に思っていたところ、五月はトイレを出たところで風太郎と遭遇します。

五月は動揺する気持ちをなんとか、寒いですねと世間話をしてごまかします。

そして五月は動揺していないと自分に言い聞かせます。

五月はその場から離れようとしますが、風太郎に止められ、少しも動揺していないと、つい自分の気持ちを言葉に出してします。

風太郎は言いたいことがあるからと、五月を昼食に誘います。

2人は食堂に向かいます。

五月のランチはカレー、コロッケ2個、ケーキを2つを食べます。

風太郎はK点越えの昼食だと突っ込みを入れます。

五月は2つあるケーキのうち1つをお祝いの気持ちを込めてと風太郎に渡します。

そしてこれで900円だと小食アピールをします。

五月は心の中で下田は間違っていて、2人を祝福していると思うようにしています。

 

四葉が食堂に現れる。

そんな話をしていると、食堂に四葉が現れます。

五月は四葉を見て驚き、再び席に向かっている風太郎を見ます。

そんな2人に気が付いた風太郎も驚きます。

風太郎にとっても食堂に四葉が現れるのは想定外だったようです。

四葉は恥ずかしくなったのか頬を赤くします。

四葉も五月と全く同じ世間話をして場所を変えようとする四葉。

五月は2人で会う約束をしていたのかと聞きますが、どうやら四葉は風太郎と会う約束をしていたわけではないようです。

 

二乃が四葉に、五月が風太郎に迫る

するとそこに二乃が現れます!

どうやら四葉は二乃と昼食の待ち合わせをしていたようです。

明らかに悪い雰囲気になるも、とりあえず4人は隣同士で席に座ります。

二乃もまた五月や四葉と同じく世間話をしますが、風太郎に今日はその話をよく聞くと言われ、盗み聞きはやめてと怒ります。

二乃は四葉に、五月は風太郎に「話したい事」について尋ねます。

 

話題は進路に

四葉に対して威圧感のある目で見つめる二乃・・・。

五月はそれを見て空気を変えようと進路の近況報告に話題を変えようとします。

五月は自分の志望校を先生に相談中。

前から志望していた学校もあきらめずに受験するとのこと。

五月は二乃に話題を振るも、そんな話をする気分じゃないと拒否されます。

風太郎は予定通り大学に進学するつもりで、試験に落ちる気はしないと自信満々。

そして四葉はスポーツ系の部活に参加して記録を残したことがあり、とある体育系の大学から推薦の話があると先生に言われているようです。

風太郎と五月は四葉を誉めるも、四葉は最低限の学力は必要と言い、今後も勉強を続けるようです。

するとここで、二乃が何もしなくても向こうから来てくれるなんて楽だと、四葉に対して憎まれ口を叩きます。

さらに四葉をまくしたてる二乃がヤバイと感じた五月は、すぐに食事を終えて二乃を食堂から連れ出します。

そして四葉も出て行ってしまいます。

五月が四葉に助け舟を出したように見えた二乃は怒り、五月にどっちの味方なのかと問い詰めます。

なにも言い返せない五月、二乃は五月の前から立ち去ってしまいます。

 

五月は自分の気持ちに気が付く?

五月が食堂に戻ると風太郎に遭遇、四葉もいなくなり2人で探しに行くことに。

とある暗い教室にはいり2人をさがす五月と風太郎。

そこにネズミが現れ、驚いた五月はつまずいて風太郎を押し倒してしまいます。

五月はすぐに離れる五月だったが顔は真っ赤。

「好きだから嫉妬してんだろ」

五月の頭の中に下田の言葉が浮かびます。

五月はずっと感じてる、このモヤモヤの正体がわかってしまいました。

 

教室に二乃、四葉が現れ…。

するとその教室に二乃と二乃を追いかけてきた四葉が入ってきます。

その声に気が付いて五月と風太郎はお互いを見つめ合います。

二乃と四葉は五月と風太郎がいることに気が付いていないようです。

ひとまず隠れた五月と風太郎は2人の会話に聞き耳を立てます。

二乃はここなら誰も来る心配がないから、言いたいことがあるなら言うよう四葉に言います。

かなり険悪なムードに五月は慌てますが、風太郎に落ちつけと言われます。

風太郎も天気の話を五月にしてしまいます。

風太郎自身もかなり動揺しているようです。

二乃と四葉、五月と風太郎。

4人の想いはどう動いていくのでしょうか。

 

五等分の花嫁117話ネタバレ最新話確定速報まとめ

五等分の花嫁本誌の前話116話では三玖が自分の本当の想いを四葉にぶつけます。

そして四葉は三玖の想いを受け止め、2人は前を向いて歩いていくのでした。

今後、四葉はほかの姉妹に会いに行くでしょう。

次の117話では四葉115話で仲違いをした二乃に会いに行く展開があるのではないでしょうか。

また、いまだ自分の気持ちを整理できていない五月の動向も気になるところですね。

118話ではどのような展開となっていくのでしょうか?

以上「【五等分の花嫁本誌ネタバレ117話最新話確定速報】五月がついに自分の気持ちに気づく?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る