五等分の花嫁

【五等分の花嫁本誌ネタバレ121話最新話確定速報】五つ子の5年後はどうなっている?

【五等分の花嫁本誌ネタバレ121話最新話確定速報】五つ子の5年後はどうなっている?
Pocket
LINEで送る

2020年2月12日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の五等分の花嫁本誌121話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

五等分の花嫁120話では、風太郎と姉妹たちの受験と進路について描かれました。

風太郎と姉妹たちは迫る受験に向けて、放課後に勉強会をします。

勉強会が終わった後、風太郎が進む大学が東京であり、進学で上京することを姉妹たちに告げます。

進学のため、風太郎と姉妹たちは離れ離れに…。

それを聞いた姉妹たちは、そんな風太郎を応援します。

しかし、風太郎が帰った後、姉妹たちは寂しくて涙するのでした。

そして受験本番。

五月は学科試験、四葉は推薦面接に挑み、合格!

一花は女優として、二乃、三玖は調理師学校へ進学と、それぞれの道を進むのでした。

風太郎が結婚するのはここから約5年後。

五つ子たちはどのように成長していくのでしょうか。

今回は「【五等分の花嫁本誌ネタバレ121話最新話確定速報】五つ子の5年後はどうなっている?」と題し紹介していきます。

>>最新話の内容はどうなった?<<

 

五等分の花嫁最新話121話ネタバレ最新話考察

前話では五つ子の受験やそれぞれの進路などが描かれましたが、今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

五つ子卒業!!

風太郎の当初のミッションは五つ子を卒業させることでした。

おのおのの進路が描かれていますが、どうやら無事に高校を卒業できそうですね。

姉妹の父マルヲにミッション完了の報告をするのではないでしょうか。

風太郎と対立することも多かったマルオですが、どんな反応をするのか楽しみです。

その際、四葉と付き合い始めたことをマルオに報告する展開があっても面白いと思います。

 

風太郎、結婚までの5年間

模試で1位を取るくらいですから、風太郎は問題なく東京の大学に進学すると思いますが、どんな学生生活を送るのでしょうか。

風太郎は林間学校から2000日後…大学卒業後1年で結婚に至るわけですが、その間どんな出来事があったのかも気になるところです。

風太郎と四葉が結婚するまでに、呼び方が上杉さんから風太郎にと、親密な感じに変わるのですが、そのきっかけも、この5年のうちにあるのではないでしょうか。

それぞれ別の大学に進学するわけですが、在学中も2人が結婚するまでに、親密になっていく過程も知りたいですね。

 

姉妹たちの5年間

他の姉妹たちは風太郎結婚までの5年間をどう過ごしていくのでしょうか

まず一花は前回、ドラマの主演をゲットしたことから、女優として大成していくことが考えられますね。

また二乃と三玖はおなじ調理師学校のパンフレットを見ていて、二乃は三玖につきあってあげると言っていることから、同じ調理師学校に進学すると思われます。

調理師学校に通ったあとどんな進路を進むのでしょうか。

二乃の夢は日本一のケーキ屋さん(本人は否定していましたが)と風太郎が言っていたので、パティシエとしてケーキ屋さんで働いたり、開業したりするのかもしれません。

三玖もどんな料理の道を選ぶのかまだわかりませんが、将来的に2人でお店を経営したりするかもしれません。

四葉はスポーツ推薦で大学に進学します。

高校時代もスポーツでいい成績を上げていた四葉ですが、だれかのサポートをするのが自分には向いている、と本人が語るように、選手としてだけでなく、トレーナーなど選手のサポートをする進路もあるかもしれませんね。

もしかしたら体育教師の道もあるかもしれません。

そして五月は母のような教師を目指して受験勉強に挑み、見事大学に合格!

教職の道を歩んでいくでしょう。

どんな先生になるのか楽しみです。

五つ子がどんな道を歩むのか、次回描かれるのではないでしょうか。

 

五等分の花嫁最新話121話への感想・予想ネタバレツイート

以下が五等分の花嫁120話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

五等分の花嫁最新話121話ネタバレ確定速報

五等分の花嫁最新話121話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

あれから5年

五つ子たちは高校卒業後、それぞれの道に進んでいきました。

そして卒業から5年後…。

サングラスをかけた一花が飛行機から降りてきます。

どうやら海外に行っていたようです。

一花は女優として活躍しているようです。

一花の手には、何やら封筒が…。

そこには、新郎 上杉風太郎 新婦 中野四葉 と書かれているのでした。

一花は2人の結婚式の為に帰国したようです。

 

一花を迎えに来た五月

飛行機から降りてきた一花を五月が出迎えます。

五月は勉強の甲斐もあって、教師になれたようです。

降りてきた一花にもう有名人なんだから目立たないようにしてと促す五月。

そして2人はとあるお店に向かいます。

そのお店の名前は「なかの」でした。

 

二乃と三玖のお店

そのお店は二乃と三玖のお店でした。

2人は調理学校卒業後、2人でお店を出したようです。

二乃は、いつもアメリカの気取ったカフェに行く一花の口に合うかしら?などと軽口をたたき、三玖もいつも一花のインスタ見張ってると言います。

女優として知名度のある一花はこのお店を紹介したいと2人に話しますが、二乃と三玖はその申し出を断ります。

そのお店を出すために力を貸してくれた人たちのために、自分たちの力でやってみたいと言うのでした。

そして二乃は一花に、女優として売れなくなったら働かせてあげてもいいなどと言っています

そんなやりとりをしている横で、五月はあいかわらず何かを食べています。

姉妹の関係は5年前となんら変わりないようです。

 

四葉が合流

そんな4人のもとに、なぜか汗だくの四葉がやってきます。

家でじっとしていられないから、自転車を飛ばしてここまで来たようです。

するとここで三玖が、四葉は最近引っ越して風太郎と一緒に暮らしているとバラします。

名前の呼び方も、上杉さんから風太郎に変わっていました。

高校卒業後の5年間で風太郎と四葉の関係も進展したようです。

 

母の形見のピアス

ここで二乃が葉に結婚祝いとして、母の形見のピアスをプレゼントします。

しかし、まだ耳にピアスの穴をあけていない四葉。

これって当日に穴をあけて、そのままつけていいものなの?と不安そうですが、今日付けないと間に合わない、と言うことで覚悟を決めることに…。

皆で、四葉結婚おめでとう!の掛け声とともに耳に穴を空けます。

四葉はさすがに痛そう…。

 

結婚式の仕掛け

お店を閉めて、五つ子たちは結婚式場に向かいます。

そして五つ子たちは、どうやら結婚式に何か仕掛けを用意しているようです。

四葉は本当にやるの?と多少渋っていますが、二乃、五月はやる気満々のようです。

一体何をするつもりなのでしょうか。

 

風太郎とマルオ

結婚式場では新郎の風太郎が新婦を探しています。

そんな風太郎の前に、五つ子の父マルオが挨拶に来ます。

風太郎はマルオをお父さんと呼びますが、君にお父さんと呼ばれる筋合いはないと2人は以前と変わらないやりとりをします。

直前まで結婚式に出席するか悩んでいたマルオ。

マルオは風太郎に、四葉は心から喜んでいるか?と問いかけます。

風太郎はそんなマルオの問いかけに、はい、ぼくも同じく と即答するのでした。

それを聞いたマルオは特別な日にしか飲まないワインを手に取るのでした。

 

四葉のもとに行く風太郎

マルヲとの会話を終えた風太郎は、係の人の誘導に従って四葉のもとへ向かいます。

案内された部屋で、風太郎と四葉はカーテン越しに会話をします。

結婚式に他の姉妹が来ている、本当に問題児ばかりだったと言う風太郎。

四葉はそれって私も含まれるの?と言いますが、風太郎はお前が一番問題児!と言い返します。

そして風太郎は今朝も見た、五つ子たちとの高校時代の夢も思い出します。

脳裏に刻まれる、悪夢だったと。

しかし、感慨に耽る風太郎の前に現れたのは…。

 

最後の五つ子ゲーム

風太郎の前に花嫁姿の5人が現れます。

五つ子が結婚式に用意した仕掛け。

それは5人の花嫁から、本当の新婦を当てる、最後の五つ子ゲーム。

まだ俺は夢を見てるのか?と目の前の光景を疑う風太郎。

愛があれば、見分けられるよね。

風太郎は5人の中から、本当の新婦を見分けられるのでしょうか。

 

五等分の花嫁121話ネタバレ最新話確定速報まとめ

五等分の花嫁本誌の前話120話では、風太郎と姉妹たちの受験と進路について描かれました。

最新話確定速報として121話のネタバレを紹介しました。

121話では卒業から5年後が描かれました。

ついに二人の結婚ですね。

最後に花嫁を当てるという五つ子ゲームですが、風太郎は四葉を当てることができるのでしょうか?

ラストまであと少しですが、どうなってくのでしょうね?

以上「【五等分の花嫁本誌ネタバレ121話最新話確定速報】五つ子の5年後はどうなっている?」と題しお届けしました。

>>最新話の内容はどうなった?<<

Pocket
LINEで送る