ハイキュー

ハイキュー日向はブラジルでのビーチバレーで急成長?レシーブやサーブやスパイクはどうなった?

ハイキュー日向はブラジルでのビーチバレーで急成長?レシーブやサーブやスパイクはどうなった?
Pocket
LINEで送る

最終章に突入して大盛り上がりのハイキュー。

高校卒業後の日向はなんとブラジルでビーチバレーをしていました。

日向は高校1年の春高終了後からも成長し続けて全国でも活躍。

日向のことですからスパイクだけじゃなくレシーブ、サーブの練習も頑張ったのでしょう。

そこからさらなる成長を求めブラジルでビーチバレーを学ぶことに。

今回は「ハイキュー日向はブラジルでのビーチバレーで急成長?レシーブやサーブやスパイクはどうなった?」と題しお届けします。

 

ハイキュー日向はブラジルでビーチバレー?

まずビーチバレーに挑戦したきっかけですが春高バレー全国大会前の1年生合宿。

そこで条善寺高校の練習方法2vs2を見たのが最初みたいです。

2vs2は全てを自分がしなくてはならない、苦手を補ってくれる仲間もいません。

そこで日向は自分の足りないところをマスターするために本場ブラジルでビーチバレーをすることを選びました。

勿論最終目標はインドアのバレー選手。

ビーチバレーで生きていこうと思ったわけではありません。

ビーチバレーはオーバーハンドパスのルールや風による影響も大きいのでインドアのバレーとはどうしても違います。

そこで日向はビーチバレー特有の癖がついてしまうのを防ぐため、インドアのバレーも定期的にプレイしていました。

継続的に筋トレなどのトレーニングをしている描写もあり、身体的にかなり成長したことは間違いありません。

さらに日本の裏側で孤独ということもあり、途中落ち込む場面もありましたが無事立ち直ります。

身体面だけじゃなく精神面でも大きな成長があったのではないでしょうか。

 

ハイキュー日向はブラジルでのビーチバレーでレシーブは成長した?

宮侑を抑えて日本トップサーバーの影山。

フランス相手に5点連続サービスエースを決めるなど世界でもトップクラスのサーブです。

その影山のサーブを1回で綺麗に返球しています。

高校1年の最初はレシーブが苦手であることは明らかでした。

徐々に克服していくも、1年の春高全国大会でもレシーブ力は全然なかったです。

しかしそこから2年間特訓したことで日向は全国大会でも活躍する選手に成長しています。

おそらく高校卒業時点でもかなりのレシーブ力を身に着けていたでしょう。

ではビーチバレーでレシーブが成長していないのかと言われるとそうではありません。

ビーチ特有の風によるボールの変化についていけるようになったり、ボールの正面に入る力は確実に上がったでしょう。

さらに地面を蹴りにくいビーチで鍛えた足腰はボールに追いつくために役に立つはずです。

結果的に高校卒業時点でも十分にレシーブは上手かったが、ビーチバレーの2年間でさらに上手くなったということですね。

 

ハイキュー日向はブラジルでのビーチバレーでスパイクは成長した?

この1本目の強力なスパイクの後に宮侑と日向は”変人速攻”を使っています。

つまり”変人速攻”が使える状態でも使わないでいいほどに日向のスパイクは強力になったのです。

1年生合宿で日向は白鳥沢高校の鷲匠先生に

「影山というセッターの居ないお前に俺は価値を感じない。」

と直接言われました。

影山頼りの日向はもういません、セッターに関わらず優秀な選手に見事成長しました。

スパイクの完成も早く・長くなり、潔子さんからは絶好調のウシワカや旭さんみたいとも。

威力だけではなく、ブロッカーやレシーバーを見る力があるのも確かでしょう。

ビーチを経て日向が一流のスパイカーに成長したことは間違いないです。

 

ハイキュー日向はブラジルでのビーチバレーでサーブは成長した?

日向は高校1年の春高大会までにレシーブやブロックはどうにか成長してきました。

しかしサーブは最初に比べると入るようになりましたが、それでもまだまだ。

昔から強烈なサーブやジャンプフローターに憧れていた日向のことですから練習をしていたのは間違いないでしょう。

しかし、まだ日向のサーブはビーチから続いて一度も出てきていません。

レシーブ、スパイクの大きな成長を考えるとサーブだけ成長していないことはないでしょう。

トップのスパイカーは大体強力なサーブを打っているので日向もその段階まで成長しているはずです。

しかし試合前に日向は宮侑のサーブをすごいと言っています。

嫌味やお世辞ではないでしょうから、「日向のサーブはかなり強力になったけど影山や宮侑ほどではない」が一番可能性が高そうです。

 

ハイキュー日向の成長に対してのツイッターの反応

成長した日向に対してのTwitterの反応は以下になります。

 

ハイキュー日向の成長まとめ

最終章に入ったハイキューですが日向の伸びがすごい。

高校卒業時の実力は明らかにはなっていませんが、全国で活躍していたことは確かです。

ブラジルでのビーチバレーを経て、スパイク・レシーブが大きく成長しました。

サーブはまだ未登場ですが間違いなく成長していることでしょう。

どんなサーブを打つのか今から楽しみですね。

成長した日向だけではなくブラックジャッカル、アドラーズの各選手にも大注目です。

以上「ハイキュー日向はブラジルでのビーチバレーで急成長?レシーブやサーブやスパイクはどうなった?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る