僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカネタバレ258話最新話確定速報】街からヒーローが消えたその後

【僕のヒーローアカデミアネタバレ258話最新話確定速報】デクは志村菜奈の個性浮遊を使いこなせるか?
Pocket
LINEで送る

2020年1月27日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌258話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

僕のヒーローアカデミアの前話257話では、オールマイトのノートからOFA歴代継承者の個性についてすこし明かされました。

そして時期は桜の芽吹く春となり、モノローグで街からヒーローが消えたという衝撃の事実が語られます。

街からヒーローが消えたということはどういうことなのでしょうか?

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ258話最新話確定速報】デクは志村菜奈の個性浮遊を使いこなせるか?」と題し紹介していきます。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話258話ネタバレ最新話考察

前話ではオールマイトの師匠であり、OFAの7代目継承者である志村菜奈の個性が明かされました。

そして、季節が春になり、デクたちも2年生になる……というときに、「街からヒーローが消えた」という衝撃の事実が述べられましたが、今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

志村菜奈の個性は「浮遊」

オールマイトの先代である志村菜奈の個性は「浮遊」でした。

デクの超パワーや黒鞭に浮遊の個性が合わされば、機動力が格段に上がり戦闘にもかなり有利です。

死柄木の個性・崩壊に対しても、浮遊はかなり有効な力になるのではないでしょうか。

むしろ空での戦闘ができなければ、これから先の決戦で、パワーアップした死柄木と同じ土俵にも立てないということかもしれませんね。

すると、すでに爆破の威力で空を飛ぶことができている爆豪も、やはり決戦の中で大きな役割を担う可能性が高いでしょう。

 

穏やかな日常のなかで…

インターンの意見交流会も兼ねて鍋パーティを開催する1Aのメンバー。

和気藹々とした空気の中に自分がいられること、

あんなに険悪だった幼馴染とも普通に会話ができるようになったこと、

デクは、自分は恵まれすぎているのだと、かつて言っていたセリフを再びつぶやきます。

前回と同じセリフでも、今回はその重みがまったく違って聞こえますね。

物語が不穏な方向に進む中で、デクのこの感情がどう作用していくのかも気がかりです。

 

街から消えたヒーロー

物語は季節を移し、急転直下。

この街からヒーローが消えたという、かなりセンセーショナルなモノローグで締められています。

ヒーローが消えたというのはいったいどういうことなんでしょうか。

以下に、考えられる展開をいくつか予想してみました。

 

解放軍による襲撃?

解放軍が動き出して、街のヒーローが全員負傷、あるいは戦闘不能になったという可能性です。

しかし街のヒーローが全員負傷したともなると、街は大騒ぎ、病院なんて怪我人がたくさん運ばれてきそうなものです。

しかし、すくなくとも上から見た街は穏やかのように感じましたし、病院でドクターに話しかけていた看護婦からも、緊急事態というような雰囲気は感じられませんでした。

あるいはこの日、個性破壊弾によるテロ行為があり、街のプロヒーローのすべてが個性を奪われてしまったということなのかもしれません。

もうひとつは、戦線がヒーローたちを秘密裏に攫ってしまって、文字通り、この日忽然とヒーローたちが街から姿を消したという可能性もあります。

異能解放軍は大規模な組織ですので、不可能なことではありません。

 

公安の考えた作戦?

戦線を出し抜くための公安の作戦で、ヒーローたちが自ら姿を隠しているのかもしれません。

あるいはすでに動き出していて、街のヒーロー全員が解放軍のアジトに集結しているため、この街からはいなくなった、という意味にも取れますね。

ホークスが以前、「病院」という言葉を聞いたときに、ピースが揃ったという意味ありげな発言をしていましたので、この作戦に一枚噛んでいるのかもしれません。

どちらにせよ、ヒーロー側の作戦である可能性は大いに有り得ます。

 

ヒーローという職が消えた?

もうひとつは、解放軍のなんらかの策略で、街に絶対的平和が訪れて、もう二度と敵が現れないことが証明され、ヒーローが不必要になったという可能性です。

あるいは、これも解放軍のなんらかの策略により、市民のヒーローへの信頼がなくなり、地位が失墜して、結果ヒーローはいなくなったということも考えられます。

市民の意識をすこしずつ洗脳し、情報操作などでヒーローの地位を落とし、ヒーローの存在を社会的に抹消したという可能性もあります。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話258話への感想・予想ネタバレツイート

以下が僕のヒーローアカデミア257話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話258話ネタバレ確定速報

僕のヒーローアカデミア最新話258話「仲間」のネタバレ確定速報をお伝えします。

 

ホークスが超常解放戦線について把握

ホークスが「病院」というヒントを得てから、一週間が経ちました。

解放戦線のアジトにてトゥワイスが、ホークスに助けを求めてきました。

他のヴィランもいたので、トゥワイスはホークスを自分のほうに呼び寄せ、コソコソ話を始めます。

トゥワイスは、行動理念は何か聞かれたため、どのように答えればいいか聞いていました。

スピナーやコンプレスはいつも会議に出席しているため聞けず、ギランや荼毘はムシをするんだとホークスに泣きつくトゥワイス。

大笑いして、トゥワイスにその問いを聞いたのは、サンクタムだと目星をつけます。

ホークスは1カ月かけて、現在の超常解放戦線の部隊編成などを把握していたのです。

 

超常解放戦線の部隊編成

各部隊、実力者3任が隊長をしています。

1名は違いますが、ほかは全員各地の拠点を管理するリーダーです。

以下が開闢行動隊の各部隊の名称と隊長です。

部隊部隊名隊長
人海戦術隊BLACK(ブラック)トゥワイス
遊撃連隊VIOLET(ヴァイオレット)荼毘・外典
情報連隊CARMINE(カーマイン)トガヒミコ・近属
支援連隊BROWN(ブラウン)コンプレス・スピナー

公安から受けた交渉術の教育で得たものを駆使して、すべての部隊を把握したホークスは、解放戦線内に現在の制度に対する敵対心とうらみがあるのを知っていました。

彼らの目的は「ヒーローの懺滅」です。

まずは全国主要都市を同時多発的に襲撃。

無法地帯と化したすきに、リデストロと心求党の党首が政界入り、武器をばらまき、混沌の世界にすることを彼らは考えていました。

つまりこれは、オールフォーワンの再演ということになります。

 

死柄木の居場所

ホークスは、トゥワイスに行動理念について教えてやり、トゥワイスはホークスにお前はやっぱりいいやつだと言い残し、走り去っていきます。

ホークスは途端に目つきを変え、トラウマに打ち勝った今、トゥワイスが一番警戒しなければならない存在であると考えます。

前にトゥワイスに解放軍について講義をしていた時に、ホークスはトゥワイスの信用を得ていましたが、その時トゥワイスはホークスに、死柄木の居所を漏らしていました。

死柄木は、京都の山で4ヶ月間強化しているというのです。

トゥワイスは、走り去っていく途中で振り返り、ホークスに向かって仲間の助けになろうとするやつに悪い人間はいないと言います。

ホークスはその言葉を受け、少し寂し気に微笑むのでした。

 

時は戻り、桜の舞う春。

エンデヴァーを先頭に、相澤、プレゼントマイク、13号、グラントリノなどそうそうたるメンバーのヒーロー達がぞろぞろとどこかへ向かって歩いています。

一方、これより少し前の頃の雄英高校では、1Aの面々が寮に集まって話をしていました。

次のインターンは遠征だという事を聞かされていたようですが、なぜみんな揃って遠征なのだろうと不思議がっている面々。

現在に話がうつり。エンデヴァー事務所のサイドキック、バーニンが、街の方を指さします。

そして、麓にヒーローたちがいるので、わたしたちは後方で住民の避難誘導をするのだと言いました。

デクたちインターン生、雄英高校ヒーロー科は、覚悟を決めた表情で、街を眺めるのでした。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)258話ネタバレ最新話確定速報まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌の前話257話では、オールマイトの先代、志村菜奈の個性が「浮遊」であったことが明かされました。

そして、春、ヒーローがこの街からいなくなったという衝撃の事実が語られましたが、その言葉の真意が気になりますね。

決戦に向け、大きく物語が動いていくような兆しがあり、これからもヒロアカから目が離せません。

258話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。

以上「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ258話最新話確定速報】デクは志村菜奈の個性浮遊を使いこなせるか?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る