僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカネタバレ260話最新話確定速報】ドクターの正体は無個性と判明?

【僕のヒーローアカデミアネタバレ260話最新話確定速報】ドクターの正体は無個性と判明?
Pocket
LINEで送る

2020年2月10日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌260話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

僕のヒーローアカデミアの前話259話では、ヒーローたちが一気に敵陣に乗り込み、ドクターと邂逅し、追いつめました。

これからヒーローと解放戦線の闘いはどう動いていくのでしょうか。

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ260話最新話確定速報】ドクターの正体は無個性と判明?」と題し紹介していきます。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話260話ネタバレ最新話考察

前話ではヒーローたちがドクターの元に集結し、追いつめる展開でしたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

ヒーローVS解放戦線

今のところ、ホークスの入手した情報により、先手を打つことが出来ているようにみえるヒーロー側。

ですが、これでドクターを確保し、戦線側の不意をうち一網打尽にすることができたら、いささか順調すぎる気もします。

戦線側の反撃がある可能性が高いでしょう。

あるいは、この戦いではヒーロー側があっさりと勝利をおさめて、一ヶ月後の死柄木の覚醒で反撃を受ける展開もあり得そうですね。

どちらにせよ、このままヒーロー優勢のままというわけにはいかないでしょう。

 

最前線組の雄英生

最前線に集まっているのはプロヒーローだけかと思いきや、雄英生も混じっているようです。

上鳴、常闇、B組の小森。

広範囲の攻撃や、攻撃力に優れたメンツなので、敵側の不意をつける戦闘開始時に個性を放って、一気に敵を仕留める要因かと思われます。

学生を最前線に配置するのは驚きですが、彼らの個性の強さを買われてのことでしょう。

さすがに、はじめの段階で個性を放出させて、あとは安全な場所に避難させようという作戦かと思いますが、ヒーローの作戦通りに物事が進むとも限りません。

上鳴、常闇はメインキャラクターで強個性ながら、しばらく活躍の場に恵まれていなかった印象がありますので、ここでの活躍を期待してしまいますね。

 

プロヒーローたちの活躍

今後の展開で期待したいのは、何よりもプロヒーローたちの活躍ですね。

今回の話でメインになりそうなエンデヴァーはもちろん、マンダレイやロックロック、エッジショットなど、多くのプロヒーローが集結しています。

どのヒーローにも活躍してほしいですが、スライディン・ゴーの肩に腕を回して捕まえたデステゴロの登場がかっこよくて、特に期待してしまいますね。

デステゴロは第一話から登場していたヒーローなので、この登場には胸が熱くなります。

 

知らないのは「裏切り者」だけ

デステゴロが、今回のヒーロー側の作戦を知らないのは「裏切り者だけ」と言っていました。

そして、配置されている雄英高校ヒーロー科のなかで、ひとりだけ姿が描かれていないキャラクターが葉隠なのが気になります。

彼女の個性は全裸でいると読者からも完全に視認できなくなるため、本気モードで全裸になっているだけかもしれません。

しかし、前々から読者の間で内通者疑いのあった彼女だけに、姿が見えないのはすこし不安ですね。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話259話への感想・予想ネタバレツイート

以下が僕のヒーローアカデミア259話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話260話ネタバレ確定速報

話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターの真の姿

エンデヴァーたちが押し入った蛇腔病院とホークスのいる群訝山荘の間の距離は約80キロ。

この遠く離れている2地点を同時に制圧することがヒーローたちの目的です。

蛇腔病院ではドクターが、突如押し入ってきたエンデヴァーや相澤、プレゼントマイクをはじめとした多くのヒーローたちを見て驚き、叫びながら逃げていきます。

相澤が捕縛布を使い、逃げるドクターの足を引っかけ転倒させました。

他の医師たちは事態が飲みこめずに、突然現れたヒーローたちを訝しがっている様子。

相澤が個性を発動した瞬間、ドクターの顔はしわくちゃなお爺さんのような顔になってしまいました。

艶々とした顔は個性によるものだったのです。

 

詰め寄るプロヒーローたち

相澤の個性により、真の姿はしわくちゃなお爺さんだったことが分かったドクター。

戸籍に登録している「無個性」は偽造で、実際は個性を持っていて、その個性の力により、外見を偽っていたのです。

個性を持っていることをエンデヴァーに詰め寄られたドクターは、力も絶え絶えにズリズリと逃げていきます。

あとから駆け付けた塚内がドクターに、今まで個性を複製し、人造個性を作り出して、その技術をワンフォーオールに提供してきたのかと問います。

恐怖に震えながら逃げていくドクターの肩に、掴みかかるプレゼントマイク。

そして、こういった技術こそ、再生医療などに活用するべきではないか、何故こんな悪だくみに使うのかと、怒りの形相で詰め寄ります。

あまりにも鬼気迫る様子に、何が起こっているのかも分からないまま、走り寄ってきてドクターを庇う他の医師たち。

相澤は、脳無を調査し得た情報によると、特定の人間が指示さえしなければ脳無は単なる遺体だということを告げます。

相澤の捕縛布に拘束されたドクターは、見逃してくれと言いながら泣き出します。

しかし、泣いていたはずのドクターはそこで一瞬、にやりと笑みを見せました。

それを見て、エンデヴァーはすぐにミルコに通信を繋ぎます。

 

分身だったドクター

次の瞬間には、病院は戦場と化しました。

壁を壊して突入してきた大型の脳無が、ドクターを狙って、ドリルのようなもので突き刺したのです。

途端、ドクターはドロドロになって消えてしまいました。

消える瞬間に、「2倍にした生産物には相澤の個性”抹消”が効かない」ということを呟いて。

そう、ドクターはトゥワイスの個性により、分身を作り出していたのです。

 

人生のすべてが詰まる場所

本物のドクターの実際の居所は、病院の奥深く。

ドクターがいる部屋の中には無数の管に繋がれたカプセルが設置されていて、その中には脳無の姿が。

同じようなカプセルの中に、死柄木も浮かんでいました。

ドクターは慌てて椅子に座り、施設内を忙しなく移動します。

膨大な資料やカプセルを前に、ドクターは叫びました。

個性を複製し、培養するのに、多くの設備と時間を費やしたことを。

自分の人生のすべてがこの部屋に詰まっているということを。

 

ミルコの登場

ドクターは小さな脳無に向かって自分と死柄木をワープさせろと指示します。

そこに、ミルコが現れ、小さな脳無もろとも壁を吹き飛ばしてしまいました。

カプセルもすべて割れてしまい、施設内はボロボロに。

ミルコは不敵に笑いながら、ドクターに本物かどうかを尋ねます。

ヒーローの姿を前に、ドクターは再び涙を流して叫んだのでした。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)260話ネタバレ最新話確定速報まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌の前話259話では、ヒーローたちがドクターの居場所をつきとめ、ついに邂逅を果たしました。

最新話確定速報としまして260話のネタバレを紹介してきました。

ドクターを確保し、ヒーローは解放戦線に対してこれからも有利に進めることができるのでしょうか?

今後の展開も気になりますね。

以上「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ260話最新話確定速報】ドクターの正体は無個性と判明?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る