僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカネタバレ268話最新話確定速報】ミルコが死柄木を発見し覚醒阻止に動く!

【ヒロアカネタバレ268話最新話確定速報】ホークスの過去判明し荼毘の正体も明かされる?
Pocket
LINEで送る

2020年4月13日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌268話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

僕のヒーローアカデミアの前話267話では、ホークスと荼毘の戦い、ミルコとハイエンドの戦いが主に描かれていました。

そしてミルコのところにエンデヴァー、ホークスのところに常闇が現れました。

危機一髪といったところでしたが、2人とも間に合ったようですね。

これからどんな戦いとなっていくのでしょうか?

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ268話最新話確定速報】ホークスの過去判明し荼毘の正体も明かされる?」と題し紹介していきます。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話268話ネタバレ最新話考察

前話ではホークスと荼毘の戦い、ミルコとハイエンドの戦いが主に描かれていました。

そして、絶体絶命のピンチに、ミルコのもとにエンデヴァーが、ホークスのもとには常闇が、それぞれ駆けつけましたが、今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

ホークスの過去

おそらくヒーロー公安委員会の人間と思われる大人たちに、「鷹見啓悟」という名は捨て、厳しい訓練プログラムを受けることになると説明される幼いホークス。

エンデヴァーの人形を握りしめ、自分を救ってくれたこの人みたいになれるかと問うていました。

ホークスはやはり、エンデヴァーに救われた過去があり、そのことから、エンデヴァーにあこがれの気持ちを抱いていたようです。

 

鷹見という窃盗犯

エンデヴァーが過去に捕らえた「鷹見」という、ホークスと同じ苗字の窃盗犯。

その窃盗犯の息子がおそらくホークスでしょう。

ホークスの親が起こした窃盗事件の中で、ホークスはエンデヴァーに物理的に救ってもらったのか。

あるいは、ホークスの親が虐待をしていて、エンデヴァーが親を捕まえたことにより、間接的に救ってもらったと思っているのか。

どちらも可能性はありますが、かつてホークスはエンデヴァーに救われたという事実は判明しました。

 

特別なヒーローになるためのプログラム

ホークスが天賦の才を買われ、ヒーロー公安委員会に受けさせられていた「特別なヒーローになるためのプログラム」。

本人も了承していたようですが、どういう経緯でこうなったのかは判明していません。

このプログラムの内容や、受けさせられていたのはホークスだけだったのかなどは不明です。

 

荼毘の正体

いよいよ荼毘の正体がホークスに告げられました。

言葉は書かれず黒塗りの吹き出しのため、読者には分からないですが、荼毘の言葉を聞き、目を見開くホークス。

つまり、荼毘の言葉はホークスにとって驚くべきことだった、驚くほどの人物だったということです。

 

ホークスと幼少期に会ったことがある?

可能性のひとつとして考えられるのが、ホークスと幼少期に会ったことがある人物ということです。

ホークスは相手の顔を覚えてなかったけれど、名前を聞き思い出し、驚いたのかもしれません。

幼少期にホークスと接点があったならば、荼毘がホークスの本名を知っていた理由にも説明がつきます。

たとえば、ヒーロー公安員会によるヒーロー育成プログラムを、幼い荼毘も受けさせられていて、そこでホークスと知り合っていた可能性などがあります。

 

鷹見が逮捕された事件に関わりのある人物?

ホークスの父親、鷹見が窃盗犯として逮捕された事件に、何らかの関わりがあった人物という可能性です。

ホークスにとって直接関わりがなくても、親の起こした事件を調べていく内に見つけた名前と、荼毘の本名が一致していたら、ホークスは驚くでしょう。

また、親の鷹見と何らかの関わりがあったから、荼毘がホークスの本名を知っていたのかもしれません。

 

エンデヴァーの息子・轟燈矢

あそこで荼毘が「轟燈矢」や「エンデヴァーの息子」などと言っていた場合、ホークスの驚いた表情にも納得です。

しかし荼毘が轟燈矢だった場合、何故ホークスの本名を知っていたのでしょうか。

荼毘は轟燈矢として、ホークスと会ったことが過去にあるのかもしれません。

>>荼毘の正体は轟燈矢?

 

エンデヴァーVSハイエンド

満身創痍のなか目的達成のために戦い続けるミルコのもとへ、エンデヴァーが駆けつけます。

再びエンデヴァーとハイエンドの戦いになりましたが、今回は起動したばかりとはいえ数が違います。

ミルコと戦っている間も、強さを増してきているハイエンド。

エンデヴァーはハイエンドを制圧し、ドクターの身柄を確保することが出来るのでしょうか。

エンデヴァー以外にも応援が到着していれば、プロヒーロー達で力を合わせてハイエンドを抑え込むことが出来るかもしれません。

 

常闇の活躍

ホークスのもとに駆けつけたのは、インターンでの弟子・常闇です。

ファットに運ばれていたはずの常闇ですが、燃え上がる炎を目撃し、何かを感じ取り駆けつけたのでしょう。

常闇の個性・ダークシャドウは、プロも顔負けの強い個性ですから、ダークシャドウをコントロールできれば、荼毘にも太刀打ち出来るかもしれません。

しかし、ホークスが炎に弱いように、常闇のダークシャドウも炎や光は弱点です。

弱点である炎の個性に、どこまで対抗できるのかは不明ですが、これから常闇の活躍が見られそうでわくわくしますね。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話267話への感想・予想ネタバレツイート

以下が僕のヒーローアカデミア267話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話268話ネタバレ確定速報

ヒロアカ最新話266話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

蛇腔病院にて

先を急ぐエンデヴァーが辿り着いた場所では、No.6ヒーローのクラストが、ハイエンドと戦っていました。

ハイエンドは再生能力があるため、苦戦を強いられていたクラスト。

そこに、エンデヴァーと共にやってきていたイレイザーヘッドが個性を使用し、ハイエンドの能力を無力化しました。

更に、ハイエンドへ強力な一撃を食らわせるエンデヴァー。

ハイエンドとヒーローたちの戦いは激化していきます。

 

死柄木の入ったガラスの装置

一方で、ドクターのいる研究室に辿り着いたミルコ。

そこでミルコは、死柄木が眠るガラスの装置を発見します。

目に入れた瞬間に、ミルコは「それ」を出してはいけないということを兎の生存本能で感じ取りました。

死柄木の入ったガラスの横には「定着率74%」と表示されているモニターが。

必死の形相で攻撃を止めるように叫ぶドクターをよそに、ミルコはガラスを割るため、瞬時に攻撃を仕掛けました。

 

個性を分析するハイエンド

場面は戻り、ヒーローVSハイエンズの戦いです。

戦闘が激化する中、一体のハイエンドがヒーローひとりひとりの戦いを分析しはじめました。

そして、個性を抹消する能力を持っているのが、イレイザーヘッドであることを割り出します。

更にはその個性の発動条件や、個性を解除するための方法なども、すべて分析し割り出していきます。

次の瞬間には、ヒーローたちの前から姿を消したハイエンド。

そして、自身の身体能力や思考能力が発達していくのを実感したハイエンドは、歓喜を覚えつつも、ヒーローに向かって技を繰り出します。

ハイエンドは「液体化」+「炸裂」という技で、無数の液体を繰り出し、イレイザーヘッドたちに液体をぶつけて攻撃しました。

 

広告

エンデヴァーの到着

また場面は戻り、研究室で死柄木のいるガラスに攻撃を仕掛けていたミルコ側にもハイエンドの魔の手が忍び寄っていました。

妨害を受けながらも、攻撃の脚を止めないミルコ。

間一髪、というところで、エンデヴァーが乱入し、ミルコを抱きかかえ救いました。

死柄木の入ったガラスは真っ二つにひび割れています。

必死に呼びかけるエンデヴァーへ、ミルコは流血しながら叫びます。

奥にいる死柄木とじじいをつぶせ、と。

その言葉を聞いたイレイザーヘッドとプレゼントマイクは、驚きに動きを止めます。

ミルコは他のヒーローたちにも、死柄木を絶対に起こしてはいけないと叫びました。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)268話ネタバレ最新話確定速報まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌の前話267話では、ミルコ、ホークス、それぞれの絶体絶命に、エンデヴァーや常闇が現れ、ヒーローのかっこよさを改めて感じられましたね。

最新話確定速報として268話のネタバレをお届けしました。

268話では、ついにミルコが死柄木の入った装置を見つけました。

果たして死柄木の100%での覚醒をヒーローたちは阻止できるのでしょうか。

今後の展開からも目が離せません。

以上「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ268話最新話確定速報】ホークスの過去判明し荼毘の正体も明かされる?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る