僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカネタバレ270話最新話確定速報】マイクの必殺技炸裂し死柄木のカプセルを破壊!

【ヒロアカネタバレ270話最新話確定速報】マイクの必殺技炸裂し死柄木のカプセルを破壊!
Pocket
LINEで送る

2020年5月11日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌270話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

僕のヒーローアカデミアの前話269話では、ついに死柄木の入った装置が破られ、死柄木は仮死状態にされていたことが判明しました。

ヒーロー側の猛攻に、ドクターは絶体絶命ですが、これから一体どうなっていくのでしょうか。

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ270話最新話確定速報】マイクの必殺技炸裂!死柄木のカプセルを破壊!」と題し紹介していきます。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話270話ネタバレ最新話考察

前話では、死柄木の入っていた装置が破壊され、死柄木は仮死状態で眠らされていたということが判明しました。

ドクターも追い詰められ、完全にヒーロー側が優勢ですね。

このまま敵側の敗北に終わってしまうのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

ミルコの安否は?

かなり深い傷を負ってしまったミルコ。

左腕は完全になくなり、腹部も抉られ相当な出血をしています。

出血に関しては、エンデヴァーが焼灼し止血してくれましたが、ミルコの活躍はここまででしょう。

読者としては、ミルコは充分がんばったので、このまま戦線離脱して安全な場所で治療を受けて欲しいですね。

 

エンデヴァーVS女体型のハイエンド

「ウーマンちゃん」と名付けられた女体型のハイエンドが、エンデヴァーに襲いかかります。

ウーマンちゃんの個性は「液状化」。

前回の話では、液状化した自身の身体を炸裂させ攻撃していました。

液状のものが水なのかは不明ですが、炎を使うエンデヴァーにとっては少し相性の悪い相手かもしれません。

 

プレゼント・マイクの必殺技

今まで戦闘描写の少なかったプレゼント・マイクの技が披露されました。

  • ラウドヴォイス

範囲や威力が桁違いですね。声の振動で死柄木の入ったカプセルも周囲の装置もドクターも吹き飛ばしてしまいました。

  • DJパンチ

こちらはただのパンチのように見えますが、マイクの激情がこもった力強い一撃です。

「真贋確認」と言っていますから、ドクターが「二倍」の個性などで作られた偽物じゃないかどうかの確認も兼ねてのパンチでしょう。

 

このままヒーローの勝利か?

追い詰められた殻木。

「終わってしまう」という言葉通り、このままヒーローサイドの勝利で終わるのでしょうか?

今後の展開は以下の2点が考えられます

 

死柄木が目覚め、ヒーローを壊滅

このまま敵サイドが捕まって終わるというのは考えにくいです。

死柄木が目覚め、一瞬にしてその場にいるヒーローを殲滅する可能性もあります。

 

死柄木たちは捕まり、タルタロスへ

死柄木や殻木はこのまま捕まり、タルタロスへ収容されたとします。

しかし山荘側にいる解放戦線のメンバーたちは逃亡し、のちに死柄木奪還のためにタルタロスを襲撃するという展開も有り得るでしょう。

 

後者の場合、デクたち学生を戦いに絡ませるのが難しくなりそうです。

学生動員して総力戦をしているこの間に、デクたちを動かすほうが自然なので、やはりこの戦いの中で死柄木は目覚め、ヒーローたちを絶望に陥れることになるでしょう。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話269話への感想・予想ネタバレツイート

以下が僕のヒーローアカデミア269話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)最新話270話ネタバレ確定速報

ヒロアカ最新話270話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ドクターの捕獲

ドクターに攻撃をしたプレゼントマイクは、その後ドクターを持ち上げ連れ去ります。

そして、脳無はドクターの指示で動くことを確認し、今暴れているハイエンドをすべて止めろと命令します。

ドクターを連れ、ハイエンドたちの元へ走っていくプレゼントマイク。

一方で、死柄木の元にやってきたエクスレスは、倒れている死柄木の奥にとある機械を発見します。

なにかは分からないけれど、とりあえず破壊しておこうと考えるエクスレス。

 

個性特異点を提唱した学者

ここでまた、プレゼントマイクに担がれたドクターに場面が移ります。

ドクターは、プレゼントマイクに担がれたまま、ぽつりぽつりと話しはじめました。

70年前、「超常特異点」の論文を出した時に、世間からは根拠が足りないと相手にしてもらえなかったこと。

それを聞いたマイクは、今は「個性特異点」という言葉は現在カルト化し祀り上げられていることを語ります。

そして、少し考えながら、言葉を続けました。

「個性特異点」を説いた学者は発表後に失踪して、その何年か後に死亡し、生きていれば120歳を超えているはずだろうこと。

そこで、マイクは言葉を切り、ドクターが実は個性によってふくよかで健康的な肉体を維持しているだけで、本当はしわくちゃに年老いたおじいさんであったことを思い出しました。

 

ドクターの本当の個性

ドクターはさらに、学会から追放され生きる場所を失った自分に、オールフォーワンだけが手を差し伸べてくれたと言います。

ドクターは、オールフォーワンに圧倒的な存在感を感じていました。

そして、自身の個性である「加餐」。

「運動能力を対価に、人の二倍の生命力を持つ能力」を、オールフォーワンに捧げたことも告白します。

その話を聞きながら、マイクはドクターへの憤怒や、嫌悪感を募らせます。

ドクターは涙を流しながら、怪しげに笑い、マイクに、お前は黒霧の友だちだろうと聞いてきました。

その顔を見てマイクは、今とんでもなく大きくむごい物の一部と接触中であることを理解しました。

 

広告

死柄木の目覚め

場面は変わり、空間が歪み崩壊した世界に死柄木は立っていました。

死柄木は、状況を飲みこめない様子で、戸惑いながら周囲を見渡します。

そこへ、突如近くの空間から黒髪の少女が現れました。

それは死柄木の姉・志村華でした。

華は、かつての優しかった姉のままの表情で、死柄木の本名である「転弧」の名前を呼び、応援しているからね、と声をかけてきました。

後ろの空間からも華が現れ、死柄木に謝ります。

その謝罪に、死柄木は笑って大丈夫だと答えました。

次に死柄木の前に現れたのは、死柄木の母親でした。

死柄木の母親は、まだヒーローになりたいかと問います。

ここで死柄木はかつての幼少期の姿になり、自分の母親に対して、もう大丈夫だよ、と返事しました。

そして、父親も、怒りながら叫び現れました。

幼少の姿の死柄木は、父親を触ろうとして、崩壊させてしまいました。

父親を崩壊させてしまったことに驚いた子どもの姿の死柄木は、父親が崩れたあとの暗闇からオールフォーワンの姿を認め、また大人の姿に戻りました。

そして、オールフォーワンに手招きされ、歩いていきます。

すると、その死柄木を後ろからがっしりと捕まえるいくつもの腕がありました。

腕の先には母や姉、祖父の姿が。

さらに、祖母である志村菜奈も、死柄木を引き止めてきました。

しかし死柄木は、俺を否定するなと言いながら、闇の方へと進んで行ってしまいました。

 

いよいよデクと死柄木の正面衝突か!?

場面は戻り、プレゼントマイクに担がれたドクターは意識を失いかけつつ呟きます。

オールフォーワンは、後継である死柄木に、すべてを託したこと。

複製個性を自分が持って、オリジナルを死柄木に残そうとしたことを。

そして、エクスレスが目を離している隙に、死柄木が起き上りました。

一方、街の麓の方で、避難誘導をしていた爆豪、轟、そしてデク。

デクは避難誘導しながら、何かただならない気配が近づいてきていることを察知しました。

 

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)270話ネタバレ最新話確定速報まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌の前話269話では、ようやくプロヒーローたちが死柄木のカプセルの存在に気がつきました。

最新話確定速報として270話のネタバレをお届けしました。

ついに死柄木が目覚め、しかも一気にデクたちのもとに襲撃をしかけてきそうな勢いです。

本当に最終決戦の様相を呈してきましたね。

ますます目が離せない展開になってきました。

以上「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ270話最新話確定速報】マイクの必殺技炸裂で死柄木のカプセルを破壊!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る