僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカネタバレ最新話277話速報】ニアハイエンドが登場しデクと爆豪は再び死柄木の元へ

【ヒロアカ277話ネタバレ最新話速報】ネオハイエンドが登場しデクと爆豪は再び死柄木の元へ
Pocket
LINEで送る

2020年7月6日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のヒロアカ本誌277話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカの前話276話では、イレイザーヘッドを狙う死柄木に、デクと爆豪が再び向かっていきました。

277話では、エンデヴァーがデクと爆豪の加勢を受け入れますが、デクを守るよう爆豪に指示を出し、自らが死柄木に突っ込みます。

死柄木はデクを攫おうと考えつつ、頭の中で命令を出す「先生」の声に抗いました。

一方、ギガントマニアは死柄木の下を目指し、Mt.レディがそれを押しとどめています。

激しい攻防が続いていますが、死柄木を止めることはできるのでしょうか。

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ277話最新話確定速報】死柄木とデク、爆豪の死闘はじまる」と題し紹介していきます。

現在ヒロアカでは今回で277話となっており、戦いも激化してますね。

ここでこれまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そこでヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか?

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにヒロアカを無料で読むことができます。

今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

 

ヒロアカネタバレ最新話277話考察

ヒロアカの前話277話では死柄木にデクが再び立ち向かっていきました。

これからどんな展開になるか考察していきます。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話考察|デク&爆豪は死柄木に対抗できる?

ヒロアカ276話、グラントリノにすくいあげられ、戦闘から離脱させられましたが、イレイザーヘッドを助けるために戻ってきました。

一時勝てないとわかり退いたデクと爆豪ですが、戦えるのでしょうか?

 

デクの現状

前回のヒロアカでは、爆豪のモノローグのなかで、デクの現状のパワーが明らかになりました。

通常時は30%まで出力ができ、瞬間的に45%まで引き上げることができるのが現状のようです。

 

爆豪の成長

爆豪は現在のデクに対し、自分は「必死に食らいついている状態」だと冷静に自己分析しています。

かつてデクを見下し、デクが自分の前を行くことを許せなかった爆豪。

しかし、今回デクと自分の位置を客観的に見つめ、受け入れ、それでも悲観することなく食らいついていこうとしている姿は彼の内面の成長を現しているようで感慨深いですね。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話考察|見守るオールマイトと壊理

超常解放戦線とヒーローたちの決戦がはじまってから、はじめて登場したオールマイトと壊理。

他のヒーローがすべて戦地に向かっているので、ふたりで雄英高校の職員室に待機しているようです。

オールマイトと壊理も、今後この戦闘に巻き込まれてしまうことがあるのでしょうか。

ほかにも、デクや爆豪、轟の家族など、人々が平和な日常を過ごしている様子が、崩壊の前兆のようにも感じられて不安を煽りますね。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話考察|死柄木のパワー

現在、死柄木はイレイザーヘッドに個性を抹消されており、使えない状態です。

しかし、そんな中でも死柄木はエンデヴァーの攻撃を避け、己の肉体を回復させます。

つまり、個性だけではなく、素の力さえもかなりの成長を見せていたのです。

デクを追ったときの跳躍も、個性の力ではなく、素の力でした。

まるでオールマイトのような力だと感じたエンデヴァー。

しかし、ドクターによると、死柄木はまだオールマイトには及ばない程度とのこと。

身体の過度な改造は、脳に負荷をかけるため、オールマイトほどの強さは手に入れられなかったのです。

しかし、そう考えると全盛期のオールマイトの強さは本当にすごかったのだと痛感させられますね。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話考察|ニア・ハイエンド

ニア・ハイエンドたちはいままでのハイエンドと比べても、見た目に個性が強くでているような気がします。

犬のような耳と歯をもったもの、首のまわりを歯列で覆われたもの、翼をもったものなど、見た目はさまざまですが、その力は今までのハイエンドを上回るとのこと。

いままでのハイエンドすら、プロヒーローでも倒すのに苦戦していたのに、それを上回る力のハイエンドが何匹も出てきて、絶望しかありません。

しかし、ドクターによると、これらのニア・ハイエンドはテスト段階には至ってないとのこと。

このわずかな穴が、絶望的な展開を打開するカギになりうるのでしょうか。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話考察|「崩壊」を操れる死柄木

死柄木の「崩壊」の個性が強大になっていることはすでに分かっていましたが、今回、死柄機がネオ・ハイエンドのカプセルを崩壊させないように調整したと発言しました。

つまり、ネオ・ハイエンドのいる場所を避けて崩壊させるような微細なコントロールも可能だということ。

味方を避け、ヒーローだけを狙って的確に崩壊させることができるのです。

崩壊の個性をコントロールできる死柄木は、イレイザーの抹消さえなければ、躊躇することなく個性を使用してくるでしょう。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話考察|イレイザーヘッドを守るデクと爆豪

グラントリノに一度戦線から離脱するように言われたデクと爆豪でしたが、イレイザーヘッドの危機に、再び死柄木のもとに飛び出してしまいました。

死柄木とデク、爆豪の力の差は歴然。

このピンチをどうやって切り抜けていくのでしょうか。

次回は、おそらくデクや爆豪と死柄木の交戦がメインとなってくるでしょう。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話考察|感想・予想ネタバレツイート

以下が僕のヒーローアカデミア276話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話速報

ヒロアカの最新話277話「誰だよ」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

広告

ヒロアカネタバレ最新話277話|最悪の事態

OFAとなったデクが死柄木に飛び掛かると、グラントリノが何で来たのかと声を上げ、イレイザーヘッドも驚きの表情を浮かべます。

デクは死柄木が個性を使えないなら自分たちも戦力になると言い、能無のせいでヒーローが集まれないから戦力が足りない、抹消が解かれたらと考え、最悪の事態は先生を失うことだと言いました。

相沢はデクにその力ではヒーローになれないと言ったことを思い出します。

そこに爆豪が現れ、合理的に行こうと叫ぶと、徹甲機銃(AP・マシンガン)を豪快に撃ち放ちました。

弾は何発も死柄木に命中しますが、無傷の死柄木は花火かと薄ら笑いを浮かべ、攻勢に入ります。

デクが緑の電気で押さえつけようとしても止まることなく、一瞬で爆豪の眼前に迫り、もう君に興味はないと言いました。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話|共闘

次の瞬間、エンデヴァーが死柄木に突っ込み、勢いよく跳ね飛ばします。

エンデヴァーはデクたちにショートもいるのかと聞き、デクが二人だけだと返すと、能無と戦っているヒーローたちの方を一瞥します。

跳ね飛ばされた死柄木は体勢を崩すことなく着地し、あと一手のはずだと言うと、何か策を思いついたように右手を前に差し出します。

エンデヴァーは死柄木を警戒しながら、デクや爆豪に死柄木のことを簡単に説明します。

身体能力が人並外れている、オールマイト並みのパワーとタフネスだと言うと、デクは唖然としますが、相沢は自分が目を閉じない限りは力に気をつければいい、この状況を長く保つと請け負います。

エンデヴァーが臨戦態勢に入り、デクたちが来てしまった理由を今は聞かないと言い、爆豪にイレイザーのサポート、デクを守れと指示しました。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話|先生の意志と死柄木の意志

デクを攫ってここから去ろうと考えた死柄木が地面を蹴り、突進してきました。

エンデヴァーは迎え撃つ気満々ですが、そのとき、死柄木の脳内に再び声が響きます。

ワンフォーオールを手に入れろという声、そして死柄木の口から死柄木の意思ではない言葉が飛び出します。

「俺のものになれ 弟よ」、その言葉は死柄木とデクの両方を混乱させますが、エンデヴァーはその隙を見てヘルスパイダーで死柄木をからめとろうとします。

死柄木はその炎の鞭を俊敏に避けながら思考を続けます。

今の声が「先生」だと気づくとニヤリと笑い、脳内の声の主にこれは自分の力で自分の体だと語り掛けます。

さらに、悪の支配者と呼ばれた男が一人の力にねじ伏せられる現実を見て考えてきた、感謝はしているが先生のようにはなりたくない、越えたい、だから黙ってろと言いました。

 

ヒロアカネタバレ最新話277話|ギガントマニア進撃

今度はグラントリノが死柄木に蹴りを入れ、志村の思いを踏みにじるなと諭します。

しかし死柄木は興味なさそうに誰だと言いました。

グラントリノは筋肉を増大させ、死柄木の存在は皆を苦しませると思いながら拳を振り上げ、後方からエンデヴァーも加勢に入ります。

死柄木は二人を片手でなぎ払い、地上にいるデクを見てニヤリと笑います。

その上空には、銃を構えた爆豪がいました。

興味がないほどにもほどがある、デクは餌だと叫ぶと、死柄木に向け最大出力の銃撃を行います。

爆音、そして燃え盛る炎の中、エンデヴァーがバニシングフィストでカウンターを入れました。

一方、デクたちの戦いの場から離れた山荘近くでは、Mt.レディとギガントマニアが激突していました。

進もうとするギガントマニアをMt.レディが必死の形相で押しとどめています。

がんばれ、押し負けるなという応援の声がかかると、Mt.レディは奥歯が砕けるほど食いしばり、行かせないと応じました。

 

まとめ

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌の前話276話では、イレイザーヘッドが死柄木と交戦。

死柄木の力に恐怖したデクと爆豪でしたが、再び死柄木の前に立ちふさがります。

そしてヒロアカ最新話確定速報として、277話のネタバレを紹介してきました。

277話ではデクと爆豪、相沢をサポートに回したエンデヴァーが前に立ち、グラントリノとともに死柄木を倒そうとしました。

死柄木の頭の中には相変わらず「先生」の声が響いていましたが、死柄木は自分の意志でデクを狙うと言いました。

そのころ、進撃を始めたギガントマニアを阻もうとMt.レディが奮闘していました。

ヒーローたちは死柄木を止められるのか、続きがたのしみですね!

以上「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)ネタバレ277話最新話確定速報】死柄木とデク、爆豪の死闘はじまる」と題しお届けしました。

 

Pocket
LINEで送る