僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ281話ネタバレ】死柄木の体に起こった異変とは?

【ヒロアカネタバレ最新話281話速報】死柄木の体に起こった異変とは?
Pocket
LINEで送る

2020年8月24日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌281話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ前話の280話では、芦戸がギガントマキアが過去に自分が遭遇したことのある人物だと気がつきました。

そしてギガントマキアの巨大な手が芦戸を襲おうとした瞬間、かつて目の前で守れなかった芦戸を守ろうと、切島が飛び出します。

ボロボロになりながらも、そのまま芦戸の代わりに麻酔薬を遂にギガントマキアの口の中に放り込むことが出来ました。

かつてなりたかった自分になるという、芦戸との約束を守れた、切島の男気あふれる回でしたね。

そして地に伏せる死柄木に謎の異変が起き始めています。

一体死柄木の身に何が起きて、今後どういう風に作用していくのでしょうか?

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)281話ネタバレ】死柄木の体に起こった異変とは?」と題しお届けします。

 

現在ヒロアカでは今回で280話となっており、戦いも激化してますね。

ここでこれまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そこでヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか?

ヒロアカ27巻を無料で読むには?ネタバレあらすじや収録話は何話までで発売日がいつか紹介

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにヒロアカを無料で読むことができます。

今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ヒロアカ281話ネタバレ考察

考えられる今後のヒロアカの展開を紹介していきたいと思います。

ヒロアカ最新話280話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ281話ネタバレ考察|死柄木の体に起こっている異変とは?

ワンフォーオールを狙い、デクに襲い掛かろうとしている死柄木を、決死の覚悟でプロヒーローたちが追い詰めています。

オールフォーワンと同じようにワンフォーオールに導かれてやって来たデクと爆豪は、特に死柄木を相手取っているエンデヴァーの後ろから援護していました。

そして、エンデヴァーの炎によって死柄木は全身に大やけどを負い、地に膝をつかせて追い詰めることに成功しました。

しかし280話の最後のコマで、死柄木の体から「ビキビキ」と異様な音が鳴り始めていました。

死柄木が本来持っている個性「崩壊」は、現在イレイザーヘッドの個性によって封印状態にあります。

死柄木はドクターの手によって超回復の個性を与えられたので、超回復による損傷部位の回復による音かもしれませんが、なにやら不気味な予感めいたものが見られました。

ドクターが死柄木に与えたのは、オールフォーワンと超回復と身体強化の個性であると、今のところは判明していますが、それ以外の個性を与えている可能性もあります。

一体死柄木は今後どのように変貌していくのでしょうか。

 

ヒロアカ281話ネタバレ考察|個性消失弾

ヒロアカ270話でエクスレスが見つけた装置は、壊理の個性から作られた個性消失弾だったことが判明しました。

死柄木の崩壊によりそのほとんどが使えなくなってしまったようですが、「ほとんど」と言っているということは、いくつかは無事で残っているということ。

今後どのようなタイミングで、誰に使われるのでしょうか。

 

イレイザーヘッド

イレイザーヘッドの個性は厄介な個性であり、オールフォーワンにとっても相性が悪い個性です。

ここでイレイザーヘッドの個性を消しておきたい気持ちはあるでしょう。

しかし、ドクターが「欲しかった」と言っていたように、ただ消すだけでは惜しい個性だと考えているかも知れません。

死柄木は今、オールフォーワンの個性を持ち、他人の個性を奪い自身で使うことも出来るのですから、イレイザーに関しては個性消失弾を使うことはないかもしれません。

 

エンデヴァー

みんなが退避していく中、この崩壊の波を掻き分けて死柄木に向かっていくエンデヴァーの姿はどこまでもヒーローでしたね。

しかし、最も死柄木に近く、最も危険なのもエンデヴァーです。

エンデヴァーにはまだ様々な因縁が残っているので、ここで死亡することは考えにくいのですが、個性消失弾による戦闘不能は有り得るかも知れません。

 

ヒロアカ281話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がヒロアカ280話を読んでの感想、これからのヒロアカの予想をしていたツイートの一部です。

 

ヒロアカ281話ネタバレ

ヒロアカ最新話281話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ281話ネタバレ|立ち上がる死柄木

前回の続き、エンデヴァーの炎によって全身に大やけどを負った死柄木と対峙する、エンデヴァーやデクたちの場面から始まります。

エンデヴァーの炎によって大きな深手を負ったかのように見えた死柄木ですが、改造されて埋め込まれた「超再生」の個性によってその体は綺麗に治っていきます。

再生しながら立ち上がる死柄木は、口を開きました。

「ヒーローは社会を守るフリをしてきた」と、死柄木の父親から言われ続けていた言葉がやはり根底に残っているのでしょう、ヒーローの今までの行いを否定します。

その言葉を聞きながら、その異様な雰囲気に息を荒げるエンデヴァーもデクたちも、動くことができません。

父親のヒーローを否定する思想と、オールフォーワンに教えられた思想が混ざり合った歪んだ死柄木の持論に、エンデヴァーたちは理解できないといった様子です。

しかし死柄木はそんなエンデヴァーたちを受け入れます。

「理解できなくていい」「理解できないからこそ、”ヒーロー”と”敵”だ」と、分かり合えない存在だと言い切りました。

 

ヒロアカ281話ネタバレ|襲い掛かる死柄木

再び立ち上がった死柄木が、その猛威を振るいます。

死柄木のその凄まじい気迫にエンデヴァーも圧されつつあり、ついには死柄木を防ぐことができずに、ヒーローサイドの仲間が死柄木の攻撃を受けてしまいます。

そのことに怒りを覚えたデクがワンフォーオールを駆使して飛び出します。

死柄木の背後に回り、隙をついたデクは目に涙を溜めながら死柄木の首を後ろから羽交い絞めます。

「お前だけは許さない」と、力の限り死柄木を拘束しながらデクは睨みます。

しかし死柄木はその言葉に、「俺は誰も許さない」と一言呟くように言いました。

その目は白く濁っていて、まさに死柄木の狂気が窺えるようですね。

 

ヒロアカ281話ネタバレ|エンデヴァー決死の一撃

必死にワンフォーオールを使って死柄木を止めようとしているデクですが、再び死柄木が動き出そうとしています。

そこにエンデヴァーが動き出しました。

息を荒げてもう疲労困憊な様子ですが、それでも死柄木を止めなければならないという使命感に駆られ、炎を纏います。

「あともう一発撃ち込めれば!」と全身全霊、自分の持てる力を振り絞るように、エンデヴァーの右手に全ての力を炎に変えて撃ち込もうとします。

デクに抑え込まれながらも、死柄木は破壊を続けようと動き出しています。

果たしてその拳は死柄木に届くのでしょうか!?

 

ヒロアカ281話ネタバレまとめ

ヒロアカ前話の280話では、ギガントマキアが遂に止まりましたね。

そして場面は戻って、再び死柄木との戦いに視点が移っていました。

エンデヴァーの奮闘で死柄木を満身創痍にすることはできましたが、なにやら体に異変が起こっている様子でした。

そして最新話確定速報としてヒロアカ281話のネタバレをお届けしました。

地に伏せていた死柄木が、再び動き始めました。

その底知れない闇の感情を死柄木は言葉にしますが、しかし死柄木の言う通りヒーローと敵の分かり合えない思想なのでしょう、その言葉はデクたちには届きません。

そして再び猛威を奮い出す死柄木の魔の手が、デクたちを襲います。

果たしてエンデヴァーの渾身の一撃は、死柄木に届くのでしょうか。

そして死柄木の破壊行動は止まるのでしょうか。

暴走状態の死柄木の今後に、目が離せませんね!

以上「【ヒロアカ281話ネタバレ】死柄木の体に起こった異変とは?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る