僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ282話ネタバレ】止まらない死柄木の狂気!

【ヒロアカネタバレ最新話282話確定速報】止まらない死柄木の狂気!
Pocket
LINEで送る

2020年8月31日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌282話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ前話の281話では、立ち上がった死柄木がヒーローと敵との考え方の違いを語り始めます。

その姿はまさに狂気と言ってもいいでしょう、エンデヴァーやデクたちもそのおぞましさに飲み込まれています。

そして再び死柄木が攻撃を始め、なんとグラントリノを戦闘不能にしてしまいました。

破壊の限りを尽くす死柄木を止めようと、グラントリノを戦闘不能にした怒りをあらわにしながらデクは後ろから死柄木の首にまとわりつき、必死に食い止めようとしています。

そこにエンデヴァーが渾身の一撃をもう一発喰らわせようとしていました。

そして遂に取り出された壊理の個性から作られた個性消失弾が、イレイザーヘッドを狙っています。

果たして死柄木を食い止めることはできるのでしょうか?

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)282話ネタバレ】止まらない死柄木の狂気!」と題しお届けします。

 

現在ヒロアカでは今回で281話となっており、戦いも激化してますね。

ここでこれまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そこでヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか?

ヒロアカ27巻を無料で読むには?ネタバレあらすじや収録話は何話までで発売日がいつか紹介

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにヒロアカを無料で読むことができます。

今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ヒロアカ282話ネタバレ考察

考えられる今後のヒロアカの展開を紹介していきたいと思います。

ヒロアカ最新話281話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ282話ネタバレ考察|死柄木を止めることはできるのか!?

「崩壊」の個性を抹消しているイレイザーヘッドを手にかけようとする死柄木を、リューキュウが止めよう掴みかかりますが、死柄木は止まりません。

さらに後ろから涙を浮かべ、怒りをあらわにするデクが死柄木を羽交い絞めにしますが、死柄木は軽々とデクに肘鉄を食らわせてダメージを負わせます。

それでもデクは死柄木を離さず、先代の個性の一つである「黒鞭」を使って、死柄木の全身を拘束しました。

そこにエンデヴァーが全身全霊の力を振り絞って一撃を食らわせようとしています。

リューキュウの手による拘束と、デクのワンフォーオールと黒鞭の合わせ技による拘束で死柄木を抑えていますが、死柄木の指は動き、その狙いはイレイザーヘッドに向いています。

このままイレイザーヘッドが撃たれてしまえば、死柄木の「崩壊」が解放されて、手に負えなくなってしまうでしょう。

エンデヴァーの渾身の一撃は、果たして間に合うのでしょうか。

 

ヒロアカ282話ネタバレ考察|個性消失弾がイレイザーヘッドを襲う!

ヒロアカ270話でエクスレスが見つけた装置は、壊理の個性から作られた個性消失弾だったことが判明しました。

死柄木の崩壊によりそのほとんどが使えなくなってしまったようですが、「ほとんど」と言っているということは、いくつかは無事で残っているということ。

そしてその一発が、死柄木のポケットの中から取り出されました。

その狙いはまっすぐに、死柄木の個性である「崩壊」を抹消しているイレイザーヘッドを狙っています。

やはりオールフォーワンにとっても相性が悪い個性を、ここでイレイザーヘッドの個性を消しておきたい気持ちはあるでしょう。

ドクターは「欲しかった」と言っていましたが、狂気に取りつかれている死柄木にとってはもうどうでもいいと思っているのかもしれません。

イレイザーヘッドはこのまま個性消失弾によって、個性の「抹消」を消されてしまうのでしょうか?

 

ヒロアカ282話ネタバレ考察|このままギガントマキアはとまる?

芦戸から役目を受け継いで、切島の踏ん張りでギガントマキアの口に麻酔を放り込めました。

麻酔の瓶もギガントマキアの口の中で割れたので、確実にギガントマキアはこれで眠りにつくと思われます。

しかしあのギガントマキアが、麻酔を飲み込んだだけで止まるでしょうか。

敵連合のドクターが手塩に掛けて改造していたギガントマキアは、281話の荼毘の発言にて痛覚無視の個性や肉体強化などの個性を植え付けられていると判明しています。

麻酔は大きく分類すれば薬の一種ではありますが、その量や状況によっては毒という見方も考えられます。

ギガントマキア自身が意識して、麻酔を体の毒と判定し、さらに身体回復を意識的に使えるのであれば、麻酔は無毒化されてしまうでしょう。

さらにまだギガントマキアに植え付けられた個性は、これだけではない可能性もあります。

まだまだ明らかになっていないギガントマキアは、果たしてこれで本当に動きが止まったといえるのでしょうか。

ギガントマキアが止まっていないとすれば、最悪のシナリオになりそうな気配があるので、是非ともここで止まってほしいものです。

 

ヒロアカ282話ネタバレ考察|イレイザーヘッドを守るデクと爆豪

唯一、現段階で死柄木の個性『崩壊』を封じれるのは、イレイザーヘッドこと相澤先生の個性『消失』のみ。

必死に本編でも他ヒーローのサポートを受けつつ、死柄木の個性を食い止めていますが、死柄木自身が執拗にイレイザーヘッドの命を狙ってくる状況。

死柄木のもとに辿り着いたデクと爆豪でしたが、グラントリノやエンデヴァーに交戦を避けるように窘められます。

しかしイレイザーヘッドを守るためにも二人は死柄木との戦いの場に入っていきます。

デク、爆豪と死柄木との力の差は歴然。

このピンチをどうやって切り抜けていくのでしょうか。

 

ヒロアカ282話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がヒロアカ281話を読んでの感想、これからのヒロアカの予想をしていたツイートの一部です。

 

ヒロアカ282話ネタバレ

ヒロアカ最新話281話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ282話ネタバレ|全力のデクと止まらない死柄木

前回に引き続き、驚異的な力で暴れ続ける死柄木を、デクの黒鞭と巨大な竜に変身したリューキュウが食い止めていました。

しかし死柄木は、残り数少ない個性消失弾を取り出し、その狙いを自身の個性を消失させているイレイザーヘッドに向けていました。

デクが死柄木が何かを企んでいることに気がつき、それを阻止しようと100%の力を使ったワイオミングスマッシュで死柄木の無力化を図ろうとします。

しかし死柄木は止まらず、クビに巻き付いたデクの左腕に噛みつきながらもその力に抵抗します。

「今ならどんな困難にも立ち向かえる気がする」と、心の中で叫びながら。

そしてデクの制止を振り切り、死柄木は個性消失弾を指ではじいて撃ちました。

 

ヒロアカ282話ネタバレ|倒れるイレイザーヘッド

デクの奮闘虚しく、死柄木の放った個性消失弾は真っ直ぐにイレイザーヘッドへと向かいます。

イレイザーヘッドと、イレイザーヘッドをサポートしていたプロヒーローたちは、慌ててその凶弾から逃れようとしますが、個性消失弾はイレイザーヘッドの左足に命中しました。

しかしそこでイレイザーヘッドは倒れません。

すぐに個性消失弾だと判断したイレイザーヘッドは、自分の左足を切り落とし、なおも死柄木から視線を離しません。

そんなイレイザーヘッドを称賛しつつ、僅かに揺らいだヒーローたちの隙をついて、デクの拘束を振りほどきます。

すかさずデクは死柄木に向かって黒鞭を伸ばしますが、ボロボロになった体を衝撃波で飛ばしてイレイザーヘッドへと迫り、その右手でイレイザーヘッドの顔を覆います。

そして、イレイザーヘッドは死柄木の手によって戦闘不能に追いやられてしまいました。

 

広告

ヒロアカ282話ネタバレ|怒る生徒たちと迫りくるギガントマキア

意識を失い、戦闘不能になってしまったイレイザーヘッドを、デクは涙を流しながら呼びかけますがその返事は返ってきません。

死柄木の足に絡みつけていた黒鞭を使って死柄木の間近に迫り、デクは怒りのままに死柄木の腹部にその拳を叩きつけます。

凄まじい衝撃波で瓦礫が飛び散る中、しかし死柄木は起き上がり戻ってきた自身の個性を喜びながら、瓦礫の山の上で笑いました。

「待っているのは破滅だけだ」と笑う死柄木は、まさに敵そのものですね。

そこへ轟がやって来て、倒れたイレイザーヘッドや仲間たちの様子に焦りをあらわにしていました。

そんな轟を、死柄木が認識しました。

そして場面は変わりのどかで平和そうな街中の光景に、麻酔薬を飲まされたはずのギガントマキアが迫っていました。

なぜギガントマキアが動けているのでしょうか?

この後、迫りくるギガントマキアに一般人の人々が暮らしている街中はどうなってしまうのでしょうか?

 

ヒロアカ282話ネタバレまとめ

ヒロアカ前話の281話では、次々と倒されていくプロヒーローたちに、怒りをあらわにしたデクが死柄木を止めようと羽交い絞めにしています。

最新話確定速報としてヒロアカ282話のネタバレについて紹介しましたが、イレイザーヘッドが倒れてしまうという、恐れていた事態が起こってしまいました。

かろうじて、個性消失弾による個性の消失は免れましたが、しかし死柄木の攻撃を受けたイレイザーヘッドは戦闘不能に陥ってしまいましたね。

死柄木の個性を抑えていたイレイザーヘッドが倒れたことで、圧倒的にヒーローサイドが不利な状況に追い込まれてしまいます。

さらに100%の力を使ったデクも、連続での技の使用でその体はただでは済まないでしょう。

轟が死柄木の元へとたどり着きましたが、轟はこの後どのように動くのでしょうか。

そして市街地へと進撃をしているギガントマキアを、果たして止めれることはできるのでしょうか?

最悪の事態が続くヒロアカ最新話、次回のが気になって仕方がありませんね。

以上「【ヒロアカ282話ネタバレ】止まらない死柄木の狂気!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る