僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ292話ネタバレ】続々と集まるヒーローサイドの援護!

【ヒロアカネタバレ最新話292話確定速報】ベストジーニスト復活!!
Pocket
LINEで送る

2020年11月30日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌292話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ前話の291話では、荼毘がさらにエンデヴァーを追い詰めていく様子が印象的でしたね。

テレビで放送された内容は明らかにエンデヴァーを貶めるもので、たとえ真実であっても嘘であっても、民衆にはエンデヴァーへの疑念を抱かせるのに十分でしょう。

確実に、かつての我が子である轟燈矢を虐待じみたことをしていた事実は消えません。

ホークスがトゥワイスを殺害したシーンも流され、そしてホークスの過去も明らかになりました。

恨みを狂気に変えて、ついに荼毘が動き出します。

しかしそこにベストジーニストが現れました。

混沌に混沌を極めるこの戦局、どうなってしまうのでしょうか?

ヒロアカ292話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)292話ネタバレ】続々と集まるヒーローサイドの援護!」と題しお届けします。

 

現在ヒロアカでは今回で291話となっており、戦いも激化してますね。

ここでこれまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そこでヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか?

ヒロアカ28巻を無料で読むには?ネタバレあらすじや収録話は何話までで発売日がいつか紹介

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにヒロアカを無料で読むことができます。

今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ヒロアカ292話ネタバレ考察

考えられる今後のヒロアカの展開を紹介していきたいと思います。

ヒロアカ最新話291話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ292話ネタバレ考察|ベストジーニストが大活躍する!?

プロヒーローであるベストジーニストが、ヒロアカ292話の最後に登場しました。

彼の個性は「服の繊維を操る」というもので、相手が服さえ着ていればどんな相手でも拘束することができるという、かなり強い個性の持ち主です。

オールマイトが現役のころはプロヒーローNo4でしたが、オールマイトが引退した今はNo3の座についています。

職業体験編では、爆豪の研修先のプロヒーローとして爆豪の面倒を見ていたので、実質爆豪の師匠的な存在でもあります。

そんなベストジーニストですが、神野の悪夢で大けがを負って、さらに行方不明となっていました。

行方知れずの状態のベストジーニストは、一時は読者の間でも死亡説が唱えられていましたが、ついにここにきて再登場しました。

飛行機から華麗に飛び降りて参上したベストジーニストは、どのように敵連合に立ち向かうのでしょうか。

かつて対峙してボロボロになったオールフォーワンを持つ死柄木はほぼ戦闘不能状態なので、特に気を付けるべき相手は炎を操る荼毘だと思われます。

ベストジーニストはどのように活躍するでしょうか。

 

ヒロアカ292話ネタバレ考察|轟焦凍は兄である燈矢とは戦えない!?

ヒロアカ290話にて、荼毘が自分は轟燈矢であると暴露しました。

そのことをエンデヴァーと轟焦凍の目の前で言った荼毘ことに燈矢は、とても楽しそうに今までの恨みつらみを明らかにします。

その言葉の中で、燈矢は「エンデヴァーの理想の完成形になった轟焦凍を殺そうとも思った」と告白しました。

エンデヴァーと同じく焦凍は顔面を蒼白にし、冷や汗を流しながらその話を聞いています。

そしてヒロアカ291話でついに襲い掛かってくる燈矢に涙を流しながら立ち向かおうとしていました。

しかしその表情はまだ15歳の少年らしく、実の兄が敵であったという事実に心が付いていかず、戸惑っている様子です。

戦いになったとしても、今までのように荼毘こと燈矢に立ち向かうことはできないでしょう。

しかし正義感の強い焦凍なので、もしかしたら「父の代わりに、荼毘は自分が何とかせねばならない」と思うかもしれませんね。

 

ヒロアカ292話ネタバレ考察|荼毘は轟焦凍を殺す?

エンデヴァーは自分の個性「燃焼」と、妻である冷の「氷を生む」個性を併せ持った子供を欲していました。

そして、その子供に自分の夢である「プロヒーローNo1」を背負わせようとして、虐待に近い訓練を積ませてきたのです。

そうして、その完成形でもあるのが轟焦凍でした。

エンデヴァーの夢の形である焦凍のことを、自分の弟でありながらも荼毘こと轟燈矢は、「エンデヴァーへの復讐になるのなら」と殺そうとも思っていたそうです。

しかしエンデヴァー自身がNo1プロヒーローになったことで、一旦その計画をやめた様子です。

ですが、家族と向き合うようになったエンデヴァーを苦しめるのに、燈矢はありとあらゆる手段を使うこととなるでしょう。

その一つとして、やはり焦凍を殺すという計画があるのではないでしょうか。

焦凍もかなりの実力を持っては来ていますが、荼毘が実の兄だと知った瞬間、エンデヴァーと同様にパニック状態に陥っているようにも見えました。

果たして焦凍は実の兄である燈矢と戦うことができるのでしょうか。

30人以上の人々を殺すことに躊躇のなくなった荼毘こと轟燈矢に、焦凍は殺されてしまうのでしょうか?

 

ヒロアカ292話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がヒロアカ291話を読んでの感想、これからのヒロアカの予想をしていたツイートの一部です。

 

ヒロアカ292話ネタバレ

ヒロアカ292話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ292話ネタバレ|ベストジーニストが合流!

時間は少し前、ベストジーニストは飛行機から敵連合の様子をうかがっていました。

荼毘がギガントマキアの被害を食い止めれず、ヒーローの信頼が揺らぐのを待っていたのだと、確信しました。

そんな荼毘たちを食い止めようと、ベストジーニストは飛行機から飛び降りたのです。

 

ヒロアカ292話ネタバレ|ベストジーニストの奮闘!

「私“たち”は紡ぐ、一縷の希望を!!」という言葉を胸に、ベストジーニストが技を繰り広げます。

ベストジーニストの登場に、一瞬呆気に取られていた敵連合を、ベストジーニストは見逃すはずもなく繊維を使って拘束しました。

そしてその拘束した中にはギガントマキアも含まれており、繊維で拘束されたギガントマキアに敵連合も驚愕します。

拘束を無理やり解こうとするギガントマキアですが、その体力も無限ではなく、敵連合も焦りの色を隠せません。

しかし拘束しているベストジーニストにも大きな負荷がかかっているのか、鼻から出血をしていて、それでも顔色一つ変えずに敵連合を縛ります。

 

ヒロアカ292話ネタバレ|ぶつかり合うかつての兄弟

しかし炎を操る荼毘は、ベストジーニストの拘束から抜け出していました。

そんな荼毘を目の前に、放心状態のエンデヴァーは動けません。

その代わりに荼毘の前に躍り出たのは、弟である轟焦凍でした。

荼毘の炎と、焦凍の炎がぶつかり合いながら、焦凍は敵連合をけしかけたと言った荼毘に、「夏兄も死ぬところだったんだぞ!?」と責め立てます。

しかし荼毘は泣いて縋った弟のことも、「エンデヴァーが苦しむならば」と、その死さえエンデヴァーの苦しませる材料にしようと思っていたのでした。

そして荼毘を食い止めようと、周囲は動き始めますが、強力な荼毘の攻撃に波動が攻撃を食らってしまい、戦闘不能になってしまいます。

ボロボロになった波動を見て、荼毘はエンデヴァーに向かって「未来ある若者が焼けた」と、エンデヴァーに責任があるように嘲笑いました。

 

広告

ヒロアカ292話ネタバレ|更なる増援ミリオ登場!

気絶状態の死柄木は、しかしまだ破壊しなければならないという狂気にとらわれており、その想いがギガントマキアに伝染します。

さらに力を込めて、ギガントマキアは拘束を解こうと足搔き始めたのです。

そして場面は変わり、何体ものニアハイエンドがヒーローたちによって活動不能にされましたが、その残りがギガントマキアたちのところへと移動し始めました。

その狙いはベストジーニストで、デクは自分の体を動かそうと必死です。

「ベストジーニストを援護しろ」と叱咤する最中、ベストジーニストに迫りくるニアハイエンドたちを一掃する影が現れたのです。

それは雄英高校三年生、かつてオールマイトの後継者にふさわしい男と呼ばれた、デクの兄弟子ともいえるミリオでした。

 

ヒロアカ292話ネタバレまとめ

ヒロアカ前話の291話では、最初は優しい父親であったエンデヴァーが道を違えてしまい、息子に虐待まがいの教育をしてしまったのが、すべての始まりだと思います。

決して許されないことをしたエンデヴァーですが、そんな彼を荼毘こと轟燈矢がじわじわと追い詰めていきます。

さらに「暴力的だ」とホークスをこき下ろし、ホークスの生まれすらもテレビの前の民衆に明らかにしました。

民衆すら味方にしてしまおうと、戦局をまぜこぜにして荼毘が動き出します。

そこに飛行機に乗ってきたのは、やはりベストジーニストでした。

最新話速報としてヒロアカ292話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ292話では、ベストジーニストのすごさが改めて本誌にて目の当たりになりましたね。

誰にも止めることのできなかったギガントマキアを、ひとりで拘束し、さらにほかの敵連合メンバーの拘束も同時に行っています。

しかし荼毘の攻撃はやむことはなく、じわじわとヒーローたちを追い詰めていくようです。

ニアハイエンドたちも襲い掛かってきて、ベストジーニストが絶体絶命かと思われました。

が、そこに現れた雄英高校三年生のミリオが、強力な助っ人として登場しました。

ミリオもかなりの実力者なので、これは大いに期待できそうですね。

このままギガントマキアを拘束し、敵連合を一網打尽にすることはできるのでしょうか。

そして荼毘こと燈矢と焦凍の兄弟対決の決着はどうなるのでしょうか。

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)292話ネタバレ】続々と集まるヒーローサイドの援護!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る