僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ295話ネタバレ】オールフォーワンが再び台頭し死柄木逃亡!!

【ヒロアカネタバレ最新話295話確定速報】稀代の盗っ人の子孫Mr.コンプレスの脱出ショーとは!?
Pocket
LINEで送る

ヒロアカアニメ5期の放送も決定されましたね!

2020年12月21日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌295話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ前話の294話では、倒れていったヒーローたちの一つ一つの行いによって、ギガントマキアを止めることができたと、ベストジーニストが語りました。

そして一番厄介なギガントマキアを止めることができたので、ヒーローたちはニアハイエンドや敵連合に全力を出すことができます。

これで敵連合万事休すかと思いきや、ここでまさかのMr.コンプレスの正体が明らかになりました。

以前少しだけ紹介されていた、オールフォーワンやデストロに並ぶ大悪党の一人、稀代の盗っ人の張間歐児(はりまおうじ)の子孫だったのです。

そしてMr.コンプレスは脱出ショーをすると宣言しました。

四面楚歌のこの状況、Mr.コンプレスは如何にして死柄木たちを逃がすのでしょうか?

ヒロアカ295話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)295話ネタバレ】オールフォーワンが再び台頭し死柄木逃亡!!」と題しお届けします。

 

現在ヒロアカでは今回で294話となっており、戦いも激化してますね。

ここでこれまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。

そこでヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか?

ヒロアカ28巻を無料で読むには?ネタバレあらすじや収録話は何話までで発売日がいつか紹介

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにヒロアカを無料で読むことができます。

今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

ヒロアカ295話ネタバレ考察

考えられる今後のヒロアカの展開を紹介していきたいと思います。

ヒロアカ最新話294話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ295話ネタバレ考察|どうやってMr.コンプレスは死柄木を逃がす?

Mr.コンプレスはベストジーニストが締め落とそうとした際に、どうにか手の自由を得ると完全に自分の拘束を解き、さらにスピナーと死柄木も助け出しました。

彼はマジシャンのような言動が多かったので、全身にマジックのような攻撃や逃走の仕込みをしていると思われます。

事実、294話でも逃げる時の仕込みをしていると、Mr.コンプレスの口から明言されていました。

まだ敵連合の仲間たち全員のやりたいことをなせてないと、その正体を明かしてまでももがこうとします。

最悪、彼は敵連合の要である死柄木だけでも逃がそうとするのでしょう。

果たしてどのようにして、ヒーローたちに囲まれたこの状況で逃げるのでしょうか。

「脱出ショウ」と銘打っていたので、見当もつかない逃げ方をするかもしれませんね。

 

ヒロアカ295話ネタバレ考察|五秒で死柄木を起こせ!?

Mr.コンプレスのおかげで拘束が解けたスピナーと死柄木ですが、未だに死柄木は気絶状態です。

そんな死柄木を、Mr.コンプレスはスピナーに五秒で起こすように言いました。

その五秒間の間で、Mr.コンプレスは逃走の算段をつけるつもりなのでしょう。

ギガントマキアに「壊せ」と命令したときも朧気だった死柄木の意識を浮上させることは可能なのでしょうか?

すでに満身創痍の状態ですが、このまま死柄木が終わりそうにはなさそうですよね。

スピナーはどうやって死柄木を起こすのでしょうか。

スピナーも少なからずベストジーニストの拘束によってダメージを与えられているので、そこまで大きく動くことは出来なさそうですね。

 

ヒロアカ295話ネタバレ考察|荼毘はこのまま焦凍を焼き殺して自分も死ぬ?

最大限の火力を持って焦凍に襲い掛かる荼毘ですが、その攻撃をやめて焦凍に抱き着きました。

狂気の笑みを浮かべながら、このまま自分ごと、焦凍を焼き殺してしまうつもりです。

成功作である焦凍と、生きていた荼毘こと轟燈矢を、エンデヴァーから二人同時に奪おうとするつもりでしょう。

それが、荼毘にとっての復讐の一つになりえると思ったのでしょうね。

実際、エンデヴァーはなす術もなく呆然と立ち尽くしています。

しかしそこにデクが間に入って、エンデヴァーを擁護する言葉を語りながら荼毘を止めようともがいています。

このまま荼毘に焦凍は焼き殺されてしまうのでしょうか。

それともエンデヴァーがやっと動き出してくれましたが、果たして間に合うのでしょうか。

 

ヒロアカ295話ネタバレ考察|爆豪が覚醒して形勢逆転!

ヒロアカ293話で、爆豪はデクを助けた時に感じた「誰かを助ける」という気持ちに、初めて芽生えたことを思い出します。

そしてその気持ちは、再び心の中に芽生えてきたのでした。

その気持ちを胸に、助けを呼んだルミリオンの元へと駆け付けたのです。

ヒロアカ285話の「爆豪勝己:ライジング」とは、やはり爆豪のヒーローとしての自覚を芽生えさせ、ヒーローとして本当に歩み始めたという意味だと思われます。

そしてその爆豪の気合に飲まれて、ほかのヒーローたちにも気合が入ったようですね。

どんどんとニアハイエンドを倒していくヒーローたちのなかで、すでに満身創痍の爆豪が大活躍していっています。

このまま爆豪が、ヒーローたちを率いてニアハイエンドを一掃させそうですね。

 

ヒロアカ295話ネタバレ考察|どうやってミリオの個性は復活した?

死穢八斎會編にて、ミリオの個性は個性消失弾によってなくなってしまいました。

その為、現在は休学中で死穢八斎會編で保護した壊理の身の回りを世話をしていました。

が、この敵連合とヒーローとのぶつかり合いに現れた彼は、明らかに「透過」の個性を使用しています。

ということは、個性が元に戻ったということかもしれません。

死穢八斎會の治崎は、個性消失弾を作った時に同時に復活させる血清をも創り上げています。

きっとその血清を使ったのではないでしょうか。

もしくは、壊理の巻き戻しを使用して、少しだけ戻してもらったのかもしれませんね。

この騒ぎの少し前に、壊理は角に違和感を訴えていたので、巻き戻しの個性に何か変化があったのかもしれません。

 

ヒロアカ295話ネタバレ考察|荼毘こと轟燈矢と轟焦凍の戦いの行方は?

放心状態のエンデヴァーに代わって、襲い掛かってくる荼毘こと轟燈矢を轟焦凍が迎え撃ちました。

お互いの炎がぶつかり合って、同時にそれぞれの想いもぶつかり合いますが、荼毘の歪んだ想いには焦凍の説得は届くことはありません。

互角のように見えますが、しかし荼毘は長時間は戦えません。

自分の炎に体が追い付かず、自分の炎で体が焼かれてしまうのです。

しかし短時間でもかなりの火力で攻撃を仕掛けることはできると思われますので、脅威的と言えるでしょう。

果たして荼毘の活動時間まで、焦凍は耐えれることができるのでしょうか。

それとも荼毘の炎に押し負けてしまうのでしょうか。

 

ヒロアカ295話ネタバレ考察|死柄木は撤退する?

死柄木の今の状態はすでにボロボロです。

不完全に出来上がった体に能力が追い付かず、今までのダメージが蓄積されて襲い掛かり、エンデヴァーの必殺技を食らって、再生能力が格段に落ちています。

さらにデクの100%のパワーを何発も受けて、結局ワンフォーオールを奪えませんでした。

それでもなお、死柄木はすべてを壊そうと動きます。

しかしオールフォーワンは「撤退しろ」と囁きますが、死柄木は反抗して退こうとしません。

このまま死柄木が戦い続ければ、100%の力を使ったデクのように体はもっと壊れ、再起不能状態にすら陥る可能性もあるでしょう。

そんな死柄木を敵連合は止めて、撤退するでしょうか。

「やりたいことをやる」のが信条の彼らなので、もしかしたら死柄木の好きなようにさせてしまうかもしれませんね。

 

広告

ヒロアカ295話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がヒロアカ294話を読んでの感想、これからのヒロアカの予想をしていたツイートの一部です。

 

ヒロアカ295話ネタバレ

ヒロアカ295話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ295話ネタバレ|四代目の個性が目覚めつつあるデク!?

荼毘の熱風で一瞬意識を失っていたデクが目覚めるところから、今回の295話が始まります。

焦凍の無事を確認し、安心したデクの頭に痛みが走りました。

それはワンフォーオール四代目継承者の個性「危機感知」の能力らしく、しかし習得訓練をしていない個性はを使うことは相当負荷をかかる様子です。

再び意識が落ちそうになるのを抑えながら、Mr.コンプレスの脱出ショーを見つめていました。

が、Mr.コンプレスが仕掛けようとした瞬間、復活したルミリオンが飛び掛かり、Mr.コンプレスは身動きが取れなくなってしまいます。

そしてMr.コンプレスの脱出ショーも特に大きな計画もなく、自身は陽動で、既に小さくした荼毘をスピナーのマフラーに入れて、スピナーに逃げてもらう算段のようです。

そんなスピナーでしたが、とある一つの行動を起こしました。

 

ヒロアカ295話ネタバレ|オールフォーワンが死柄木を乗っ取る!!

ボロボロの死柄木と合流したとき、スピナーは焼けただれた死柄木の服の中から一つの手を見つけ出しました。

真っ黒になったその手を、以前から「手を体に身に着けていると安心する」と言っていた死柄木の言葉に導かれるように、死柄木の顔に付けました。

途端、死柄木は一気に覚醒します。

すべてを吹き飛ばすような覇気を纏って、死柄木は立ち上がり、ハッキリとした口調で話しだします。

それはオールフォーワンの口調、黒い手はオールフォーワンの手だったのです。

オールフォーワンの手を身に着けたことで、死柄木とオールフォーワンの共鳴する意識が強くなり、死柄木の意識を乗っ取ったのでした。

そして電波を操ることにより、オールフォーワンはハイエンドの脳無たちに指示を与えたのです。

 

ヒロアカ295話ネタバレ|死柄木逃亡!

統率の取れたハイエンドたちは一気に死柄木の元へと向かいます。

そして死柄木とスピナーをハイエンドの背中に乗せて、一目散に撤退し始めました。

スピナーはMr.コンプレスやギガントマキア、トガを置いていくことを咎めますが、しかしオールフォーワンは「死柄木は負けたから、その代償として差し出す」と言い切ります。

全てはオールフォーワンが台頭するために、死柄木の身体を優先したようですね。

ヒーローたちは逃げる死柄木とスピナー、そしてスピナーのマフラーの中に荼毘がいることを認知し、追いかけようとします。

が、その速さに追い付けません。

そこに、無理矢理黒鞭を伸ばして、デクが死柄木を何としてでも捕まえようとします。

しかしオールフォーワンはそんなデクを嘲笑いながら、「この体が出来上がったらまた会おう」と言い残し、デクを振り落としました。

そんなデクの心の中には、死柄木が「助けを求めている」と思っていました。

 

ヒロアカ295話ネタバレまとめ

ヒロアカ前話294話では、Mr.コンプレスの正体が明らかとなり、そしてその素顔すらも公の場で公開されました。

彼のマジックのような手捌きは、まさに血筋によるものだったようですね。

そして彼も、その血筋によって敵連合に導かれるように入った存在だったということです。

最新話速報としてヒロアカ295話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ295話では、まさかのオールフォーワンの登場が印象的でした。

やはりオールフォーワンは、死柄木を新たな体としてみていたようですね。

まんまとハイエンドを使って、死柄木とスピナー、荼毘の逃走を見逃してしまいました。

そんなデクは四代目の個性に目覚めながらも、死柄木が助けを求めているのではないかという想いにたどり着いてしまいます。

たしかに、死柄木はある意味被害者のような存在ですよね。

この後、戦いの終わったヒーローたちは、敵連合の仲間たちはどのような行動をとるのでしょうか。

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【ヒロアカ295話ネタバレ】オールフォーワンが再び台頭し死柄木逃亡!!」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る