僕のヒーローアカデミア

【ヒロアカ307話ネタバレ】脱獄囚マスキュラーが大暴れ!

【ヒロアカネタバレ307話最新話確定速報】デクのヒーローアカデミアはここで終わり!?最終章ついに開幕!

2021年3月29日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)本誌307話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

ヒロアカ前話306話では、なんとデクが雄英高校を出て行ってしまいました。

誰にも何も言わず出ていったことに、お茶子をはじめとしたA組のクラスメイト達は怒りと困惑に包まれていました。

一方のエンデヴァーは記者会見ですべての敵を倒し、民衆すべての不安も糾弾も受け入れると決意します。

そしてワンフォーオールについては「知らない」と言い、自分との関与はないと言い切りました。

それが世間からデクとオールマイトを守ることにつながると判断したのでしょう。

しかしデク達自身は、まず身近な人たちが死柄木やオールフォーワンの戦いに巻き込まれるのを避けようと思ったようです。

果たしてデクはどこに行き、何をするつもりなのでしょうか?

ヒロアカ307話の内容がわかり次第こちらのページで紹介していきます。

今回は「【ヒロアカ307話ネタバレ】脱獄囚マスキュラーが大暴れ!」と題しお届けします。

>>ヒロアカ最新話ネタバレはこちら<< 

 

ヒロアカ307話ネタバレ考察

考えられる今後のヒロアカの展開を紹介していきたいと思います。

ヒロアカ最新話306話までのネタバレを含みますのでご注意ください。

 

ヒロアカ307話ネタバレ考察|ワンフォーオールの秘密にホークスが気が付いた!?

一致団結したエンデヴァー、ホークス、ベストジーニストの三人でしたが、そこでホークスは超常解放戦線から今にかけて起きた気になる点をひとつずつ上げていきます。

その中で一つ、ホークスはオールフォーワンという存在が気になっていました。

死柄木の体を乗っ取ったオールフォーワンと、そのオールフォーワンが口にしていた「ワンフォーオール」という存在についてです。

デクがエンデヴァーに「死柄木が自分のワンフォーオールを狙っている」いう発言を、ホークスは聞いていたのでしょう。

ワンフォーオールとオールフォーワンの関係は、デクとオールマイト、グラントリノ、そして爆豪などの少数しか知りません。

ホークスはワンフォーオールとオールフォーワンの関係を知ってしまうのでしょうか?

デクは頼れる大人が増えるのはいいことであると思いますが、しかしデクの自己犠牲精神が加速しそうですね。

また公安がデクを餌にして、オールフォーワンをおびき出そうとする可能性もありそうですね。

 

ヒロアカ307話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイート

以下がヒロアカ305話を読んでの感想、これからのヒロアカの予想をしていたツイートの一部です。

 

ヒロアカ307話ネタバレ

ヒロアカ307話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

ヒロアカ307話ネタバレ|血狂いのマスキュラーが街を襲う!

デクがいなくなってしばらく、雄英高校から離れたとある街では敵が現れたという情報が入ります。

到着した男女二人組のプロヒーローが駆け付けた瞬間、遠くの方から何かが崩壊する音が聞こえてきます。

「来る・・・」と構えを促す男性ヒーローの言葉と同時に、大きなビルが真っ二つに裂けてそこから大きな人影が飛び出してきました。

「”ダツゴク”・・・!」とつぶやく中、崩壊したビルから飛び出た影が、大きな音を立てて二人のプロヒーローの目の前にあるビルの側面に降り立ちました。

大きな巨躯に凶悪な笑みを浮かべた男が、「よお、遊ぼうぜ」と声を掛けます。

剝き出しの筋繊維が幾重にも折り重なってできたその大きな体の持ち主は、「血狂い」マスキュラーでした。

かつて雄英の森林合宿襲撃で敵の開闢行動隊として、デクの前に立ちはだかった敵です。

 

ヒロアカ307話ネタバレ|交戦するプロヒーロー!しかしマスキュラーの猛威は止まらない

男女のプロヒーローを見つけたマスキュラーは、二人を獲物に選んだようです。

二人しかいないことを残念に思いながらも、「仲間はいるか?」などとまだまだ暴れたりないと嗤い狂います。

そんなマスキュラーを見たプロヒーローは頬に一筋の汗を流しながらも倒すと口にしました。

その敵意を浴びたマスキュラーは地面におりながら、脱獄したことに改めて感じ入ります。

マスキュラーと交戦した二人のプロヒーローでしたが、しかし結果はマスキュラーの圧勝でした。

女性プロヒーローが「ヨーくんっ!!!」と男性プロヒーローを呼ぶも、崩壊寸前のビルの上で、男性プロヒーローは追い詰められていました。

大けがを負ったプロヒーローを追い詰めたマスキュラーは、さらに凶悪な笑みを深めたのです。

 

ヒロアカ307話ネタバレ|届かない反撃に、その時誰が来た!?

男性プロヒーローはそれでも諦めず、自身の個性と思われる振動で掴んだマスキュラーの腕を振動させます。

一万二千層の筋繊維装甲を身に纏っているマスキュラーは無駄な攻撃だと笑いますが、プロヒーローはやめません。

これからのプロヒーローは不屈の心が持つべき素養だ、と不敵に笑いながら、大技の「振伝動地」を放ちました。

マスキュラーの筋繊維装甲を破壊し、勝利を感じたプロヒーローでしたが、しかしマスキュラーは筋繊維をさらに増やし、押し潰された男性プロヒーローがなす術もなく気絶します。

その時、マスキュラーの巨躯が弾き飛ばされました。

そして男性プロヒーローのいたところには覆面をつけた『誰か』が、「どうりで『危機感知』が止まないわけだ」と呟いていました。

その声に、マスキュラーが目を見開いたのです。

 

ヒロアカ307話ネタバレまとめ

最新話速報としてヒロアカ307話のネタバレを紹介してきました。

ヒロアカ307話では、脱獄したマスキュラーが街を暴れている話でしたね。

残忍かつ凶悪なシリアルキラーで、他人を嗜虐的に嬲り殺すことを快楽としているマスキュラーは、一番脱獄してはいけない人物でした。

しかし脱獄した今、プロヒーローも減っている中で対応できるのはトップ10のプロヒーローだったと思われます。

それでも勇猛果敢に立ち向かったプロヒーローは、エンデヴァーの何度も立ち上がる姿に、何かを感じ取ったのかもしれませんね。

ですがなす術もなくマスキュラーの前に倒れてしまいます。

そこに現れた覆面の人物は、雄英高校を出ていったはずのデクでした。

声で森林合宿で会ったデクだと気が付いたマスキュラーですが、このままデクとマスキュラーが交戦するでしょうか。

なかなかに強いマスキュラーに、デクはどう立ち向かうのでしょうか?

今後のヒロアカの展開も気になりますね。

以上「【ヒロアカネタバレ307話最新話確定速報】脱獄囚マスキュラーが大暴れ!!」と題してお届けしました。

>>今すぐ無料でヒロアカの最新刊を読むには?<<[/su_animate]


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。