呪術廻戦

【呪術廻戦ネタバレ最新話117話速報】裏梅は菅原道真の子孫で五条と関係がある?

【呪術廻戦ネタバレ最新話117話本誌確定速報】裏梅は菅原道真の子孫で五条と関係がある?
Pocket
LINEで送る

呪術廻戦はアニメも10月から放送が決定していて注目の作品です。

2020年8月11日(火)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌117話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦前話116話では宿儺と漏湖の戦いに決着がつきました。

陀艮や花御と共に、いつかまた会えることを楽しみにしていると言い残し、死んでいく漏瑚。

焼けていく漏瑚を見つめる宿儺の前には、おかっぱ頭の術師が現れました。

裏梅という名の術師に親しげに話しかける宿儺。

一方、伏黒を倒したサイドテールの前には、何やら不穏な空気が…。

ここからどうなるのでしょうか?

今回は「【呪術廻戦ネタバレ最新話117話本誌確定速報】裏梅は菅原道真の子孫で五条と関係がある?」と題し紹介していきます。

これまでの呪術廻戦の話を読み返したいと思われる場合は、呪術廻戦単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに呪術廻戦を無料で読むことができます。

今すぐ呪術廻戦読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話考察

呪術廻戦116話では宿儺と漏瑚の戦いに決着がつきました。

燃えていく漏瑚を見つめる宿儺の前には、おかっぱ頭の術師・裏梅が現れます。

一方、伏黒とサイドテールに忍び寄る影。

呪術廻戦は今後どうなるのでしょうか?

呪術廻戦のこれからの考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話考察|裏梅は菅原道真の血筋?

今回名前が明らかになったおかっぱの術師・裏梅。

名前に梅が使われていることに注目していきましょう。

菅原道真が梅を好んだというのは有名で、菅原家を象徴する花として用いられています。

そんな梅が付いた名前ということは、裏梅は菅原家の家系、つまり五条家の関係者である可能性が…。

五条悟も菅原道真の子孫ということが判明していますし、遠縁ではありますが乙骨も菅原家の血筋。

しかし、裏梅が宿儺に敬称をつけて呼んでいること、宿儺も裏梅を見て驚いたような表情をしていることから、裏梅は宿儺側であることが予想されます。

裏梅というくらいなので、五条家や菅原家の汚点となるような活動をしていたのかもしれませんね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話考察|サイドテールを襲うのは伏黒が秘める切り札?

目の前に現れた何かにおびえるサイドテール。

必死に伏黒を起こそうとしますが、伏黒が目を覚ます様子はありません。

一体何がサイドテールを襲っているのでしょうか?

 

布瑠部由良由良?

まず可能性としてあげられるのは、伏黒の切り札・布瑠部由良由良ですよね。

これまでも何度か使おうとした場面はありますが、その全貌が明かされることはありませんでした。

その布瑠部由良由良がこの時出てきたのではないでしょうか。

しかし、布瑠部由良由良は、その言葉を唱えることで死者をも蘇らせるほどの呪力を得られると考えられています。

式神のように具現化するとは考えにくいのです。

サイドテールには何者かの影がかかっているのが見て取れますし、これが布瑠部由良由良である可能性は低そうですね。

 

式神の暴走?

次に考えたいのが、伏黒の式神が暴走した可能性です。

以前伏黒の父と夏油が対峙した際、伏黒父は、夏油を殺せば取り込んでいる呪霊がどうなるかわからないと言っていました。

夏油の取り込んでいる呪霊には自我があり、その呪霊が暴走する可能性を危惧したのでしょう。

それが伏黒の式神にも起きたとしたらどうでしょう。

制御する人物がいなくなった式神が暴走する可能性は十分にありますよね。

 

布瑠部由良由良でも式神でもないもの?

布瑠部由良由良でも式神でもないもの、という可能性もあります。

伏黒本人も気づいていなかった、その内に巣食うもの。

もしくは、伏黒は関係ない新たな敵?

いずれにせよ次週以降サイドテールの前に現れたものの正体が描かれるでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話考察|宿儺は術式を複数持っている?

これまで宿儺の術式は「切断」や「斬撃」だと思われてきました。

相手をスライスしたり切り刻んだりするシーンが多く、読者の多くはそう予想していたことでしょう。

しかし、今回登場したのは「炎」。

このことから、宿儺は複数の術式を持っていると考えられます。

ちなみに、宿儺の術式が複数あるというのは以前から噂されていました。

というのも、宿儺の指をよく見ると、木が生えているものや岩のようにごつごつしたもの、さらに、タコのような足が絡みついたものまで細かく書き分けされているのです。

今回「炎」が登場したということは、これから花御のような「大地」「植物」、陀艮のような「海」「水」といった術式も登場するかもしれませんね。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話考察宿儺は呪霊の下にはつかない?

呪霊の下についたら手始めに渋谷の人間を皆殺しにしてやるという宿儺。

しかし、宿儺が呪霊に下につくことはないでしょう。

というのも、呪術廻戦10巻に収録された89話に、113話につながる伏線が隠されていたのです。

89話では、五条が発動した0.2秒の領域展開の説明が書かれていました。

そこには、地下五階にいた生き残りは2か月後に社会復帰を果たすと書かれているのです。

生き残った人間がいることから、「渋谷の人間を皆殺しにする」という宿儺の言葉が実行されていないということに。

89話の説明分から考えると、宿儺が呪霊に下につく展開はないと思っていいでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話考察サイドテールの目の下の模様

サイドテールですが、左右の目の下に黒い3本の線が入っていますよね。

以前、七海と対戦した際、攻撃を受けるたびに目の下の黒い線が白く変化していました。

恐らく、左右の目の下にある6本の線=ライフストックのようなものだと思われます。

そして114話で登場したサイドテールの目の下は、6本ともすべて白。

つまり、次攻撃を受けたら死んでしまう可能性が高いです。

いずれにせよ、目の前に現れた何か、もしくは宿儺にぼこぼこにされるでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話考察|直毘人たちの生死は?

まずは漏湖によって黒焦げにされてしまった真希、七海、直毘人ですが、このまま死んでしまうのでしょうか?

恐らく真希と七海はまだ生きているでしょう。

上半身しか攻撃を受けていないように見えるので、一命は取り留めているはず。

しかし、真希はメガネが壊れていたら戦いに復帰できなくなります。

そもそも真希は呪いの類が見えないので、特殊な眼鏡がないと呪霊を見ることが出来ません。

つまり、この時点でメガネが壊れていれば戦いに復帰することは出来ないのです。

そのため、真希はこのまま戦線離脱する可能性が高そう。

ただ、渋谷には反転術式の使える家入が来ています。

瀕死だった猪野と伊地知を治したので、真希たちの異変に気付くことができれば家入の反転術式で助けることも可能。

しかし、今のところ家入が七海たちのことを助けたという情報はないので、いずれ家入によって真希たちは助けられるでしょう。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話考察|117話への感想・予想ツイート

以下が呪術廻戦116話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話速報

呪術廻戦最新話117話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

次回117話掲載のジャンプ発売日の前の週の木曜日か金曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

呪術廻戦ネタバレ最新話117話速報まとめ

呪術廻戦の前話116話ではついに宿儺と漏瑚の戦いに決着がつきました。

残る真人に望みを託す漏瑚、花御、陀艮の3人。

さらに、燃え朽ちる漏瑚を見つめる宿儺の前には、おかっぱ頭の術師・裏梅が現れました。

一方、サイドテールを襲う正体不明の影。

今後どんな展開が待っているのか楽しみですね。

呪術廻戦117話の内容がわかり次第確定速報ネタバレとして追記していきますので、ご確認ください。

以上、「【呪術廻戦ネタバレ最新話117話本誌速報】裏梅は菅原道真の子孫で五条と関係がある?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る