呪術廻戦

【呪術廻戦最新話ネタバレ速報114話】呪力の残っていない伏黒はどこへ参戦する?

【呪術廻戦ネタバレ最新話114話本誌確定速報】呪力の残っていない伏黒はどこへ参戦する?

呪術廻戦はアニメも10月から放送が決定していて注目の作品です。

2020年7月13日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌114話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦前話113話では、伏黒と伏黒父の親子対決が描かれました。

相手に勝つイメージを固める伏黒ですが、けた違いの強さを誇る伏黒父に翻弄されてしまいます。

その戦いの最中、宿儺の気配を感じますが、今は伏黒父に応戦するので精一杯。

そんな中、伏黒父は生前の記憶を思い出し、游雲で自身の頭を突き、自害してしまいます。

これから呪術廻戦はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【呪術廻戦ネタバレ最新話114話本誌確定速報】呪力の残っていない伏黒はどこへ参戦する?」と題し紹介していきます。

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに無料で読むことができます。

今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

呪術廻戦最新話ネタバレ114話考察

呪術廻戦前話では伏黒父が生前の記憶を思い出し、自害。

反転術式が使える家入が渋谷にきていますが、まだ真希たちの異変には気づいていない様子です。

呪術廻戦は今後どうなるのでしょうか?

考えられる呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

 

呪術廻戦ネタバレ114話考察|伏黒はどこへ行く?

伏黒父との戦いを終え、伏黒はどこへ行くのでしょうか?

考えられるのは、虎杖(宿儺)のところ、もしくは真希たちのところですよね。

 

虎杖(宿儺)のところ?

呪力がほとんど残っていないない今、虎杖(宿儺)のところへ行っても伏黒は戦力にならないはず。

そもそも、陀艮でも苦戦した伏黒が、それ以上の強さの漏湖、宿儺に勝てるわけがないのです。

宿儺も気に入っている布留部由良由良を使っても、無駄死にして終わる気が…。

以上のことから、虎杖(宿儺)のもとへ行く可能性は低そうですね。

 

真希たちのもとへ戻る?

虎杖(宿儺)のところへ行かないとなると、伏黒父に連れ去られるまで一緒にいた真希、七海、直毘人のところへ行くのではないでしょうか。

陀艮との戦いが終わった瞬間、伏黒は訳も分からず伏黒父に連れ去られてしまいます。

つまり、真希たちのところに漏湖がやってきたことは知らないはず。

そのため、一度真希たちのもとへ戻って安否を確認、今後の行動を相談するのではないでしょうか。

呪力のほとんど残っていない伏黒がこれ以上単独で行動するのはかなり危険ですし、まずは真希たちのもとへ戻る展開が待っていそうです。

 

呪術廻戦最新話ネタバレ114話考察|漏湖は宿儺に勝てない?

呪霊の下につくかをかけて漏湖と戦うことにした宿儺。

一撃でも攻撃を入れられたら呪霊に下につくという条件ですが、漏湖に勝ち目はあるのでしょうか?

現在、虎杖の肉体は宿儺の指を15本取り込んでいます。

それに対し、漏湖の強さは宿儺の甘く見積もって指8、9本分ほど。

これは呪術廻戦2巻収録の12話で、自分は宿儺の指何本分の強さなのかと聞く漏湖に対し、夏油が見積もった強さになります。

指一本分でもかなりの強さを誇るだけに、7本近くも差があるのであれば漏湖に勝ち目はないように思えます。

ただ、「一撃でも攻撃を入れられたら」という条件なので、もしかしたらまぐれで攻撃が当たる可能性も…。

来週以降、宿儺vs漏湖が描かれると思うので、どんな戦いを繰り広げるのか期待しましょう。

 

呪術廻戦最新話ネタバレ114話考察|宿儺は呪霊の下にはつかない?

呪霊の下についたら手始めに渋谷の人間を皆殺しにしてやるという宿儺。

しかし、宿儺が呪霊に下につくことはないでしょう。

というのも、呪術廻戦10巻に収録された89話に、113話につながる伏線が隠されていたのです。

89話では、五条が発動した0.2秒の領域展開の説明が書かれていました。

そこには、地下五階にいた生き残りは2か月後に社会復帰を果たすと書かれているのです。

生き残った人間がいることから、「渋谷の人間を皆殺しにする」という宿儺の言葉が実行されていないということに。

つまり、漏湖は宿儺に一撃もいれることが出来ず、呪霊に下につく展開はないということになります。

もっとも、漏湖が宿儺に一撃を入れたとしても、宿儺が自分の言葉通りに動くとは考えられませんが…。

いずれにせよ、89話の説明分から考えると、宿儺が呪霊に下につく展開はないと思っていいでしょう。

 

呪術廻戦最新話ネタバレ114話考察|直毘人たちの生死は?

まずは漏湖によって黒焦げにされてしまった真希、七海、直毘人ですが、このまま死んでしまうのでしょうか?

恐らく真希と七海はまだ生きているでしょう。

上半身しか攻撃を受けていないように見えるので、一命は取り留めているはず。

しかし、真希はメガネが壊れていたら戦いに復帰できなくなります。

そもそも真希は呪いの類が見えないので、特殊な眼鏡がないと呪霊を見ることが出来ません。

つまり、この時点でメガネが壊れていれば戦いに復帰することは出来ないのです。

そのため、真希はこのまま戦線離脱する可能性が高そう。

ただ、渋谷には反転術式の使える家入が来ています。

瀕死だった猪野と伊地知を治したので、真希たちの異変に気付くことができれば家入の反転術式で助けることも可能。

しかし、今のところ家入が七海たちのことを助けたという情報はないので、いずれ家入によって真希たちは助けられるでしょう。

 

呪術廻戦最新話ネタバレ114話考察|感想・予想ツイート

以下が呪術廻戦113話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

呪術廻戦最新話ネタバレ114話速報

呪術廻戦最新話114話の内容がわかり次第こちらに追記していきます。

発売日の前の週の木曜日、金曜日には確定するかと思いますので、こちらのページをブックマーク等をして再度訪問ください。

 

まとめ

呪術廻戦の前話113話では伏黒と伏黒父の戦いの様子が描かれました。

式神や影をうまく使って逃げるも、伏黒父を倒すことは出来ません。

そんな中、生前の記憶を取り戻した伏黒父。

最後は游雲で自身の頭を突き、自害してしまいます。

呪術廻戦114話の内容がわかり次第最新話確定速報として追記していきますので、ご確認ください。

次回の呪術廻戦も見逃せませんね。

以上、「【呪術廻戦ネタバレ最新話114話本誌確定速報】呪力の残っていない伏黒はどこへ参戦する?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る