呪術廻戦

【呪術廻戦112話ネタバレ】復活した宿儺が呪霊側につくかをかけて漏湖と戦う

【呪術廻戦ネタバレ最新話112話本誌確定速報】宿儺によって虎杖の肉体の主導権は奪われる?
Pocket
LINEで送る

2020年6月27日(土)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌112話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦前話111話では、伏黒父が陀艮を倒してことで、真希、七海、直毘人、伏黒たちは領域の外へ出ることに成功。

しかし、伏黒は伏黒父によって連れ去られてしまいます。

後を追いかけようとした真希の前には漏湖が現れ、頭の火山で真希、七海、直毘人を黒焦げに。

そんな中、宿儺の指の気配を感じ取った漏湖は虎杖のところへ。

美々子と菜々子が指を取り込ませているのを見た漏湖は、自身が持っていた10本の指も虎杖に取り込ませることに。

果たして呪術廻戦112話で虎杖はどうなってしまうのでしょうか?

今回は「【呪術廻戦ネタバレ最新話112話本誌確定速報】復活した宿儺が呪霊側につくかをかけて漏湖と戦う」と題し紹介していきます。

これまでの呪術廻の戦話を読み返したいと思われる場合は、呪術廻戦単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに呪術廻戦を無料で読むことができます。

今すぐ呪術廻戦を読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

呪術廻戦112話ネタバレ考察

呪術廻戦前話では伏黒は伏黒父に連れ去られ、真希、七海、直毘人は漏湖によって黒焦げになってしまいました。

気を失っている虎杖は、ミミナナの持っていた指1本と漏湖の持つ指10本を取り込むことに。

今後どうなるのでしょうか?

考えられる呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

 

呪術廻戦112話ネタバレ考察|ミミナナの狙いは?

虎杖に宿儺の指を取り込ませた美々子と菜々子。

二人の狙いは一体何なのでしょうか?

そもそも彼女たちの真の狙いは偽夏油から夏油の肉体を取り返すこと。

そのため、偽夏油と宿儺をぶつけようとしたのではないでしょうか。

なぜそこまでして夏油の肉体を取り戻したのかはわかりませんが、これ以上夏油の肉体を弄ばれたくないだけなのかもしれませんね、

 

呪術廻戦112話ネタバレ考察|虎杖は宿儺に主導権を取られる?

ミミナナの持つ1本と、漏湖の持つ10本、合わせて11本の指を取り込むことになる虎杖。

恐らく宿儺はこのまま復活してしまうでしょうが、伏黒に固執しています。

虎杖に縛りを設けて生き返らせた時も、伏黒のことを気にしているそぶりを見せていました。

そのため、復活したとしても、伏黒父と対峙する伏黒のもとへ駆けつける可能性も…。

もし宿儺が伏黒のもとへ駆けつけたら、強者を求める伏黒父は宿儺と戦うことになるかもしれませんね。

 

呪術廻戦112話への感想・予想ツイート

以下が呪術廻戦111話を読んでの感想、これからの呪術廻戦を予想をしていたツイートの一部です。

 

呪術廻戦112話ネタバレ速報

呪術廻戦最新話112話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦112話ネタバレ|ミミナナの生存確認

漏湖によって10本の指を取り込んだ虎杖。

ミミナナが取り込ませた分も含めれば、一気に11本もの指を取り込んだことになります。

これまでの分を合わせると15本かと考える漏湖の耳に、誰のものかわからない咳が聞こえてきました。

見ると、先ほど焼き払ったはずの美々子と菜々子が生きていたのです。

どちらの術式で身を守ったのかはわかりませんが、かなり怯えているので何度も攻撃を防ぎきれないはず。

もう一度美々子と菜々子を焼き払おうとする漏湖。

しかし、この時初めて自分の腕がなくなっていることに気付いたのです。

 

呪術廻戦112話ネタバレ|宿儺復活

そこへ、「一秒やる、どけ」という宿儺の声が…。

この声を聞いた漏湖は一瞬で宿儺から距離を取り、美々子と菜々子のいる場所へと逃げます。

五条とは異なる強さに圧倒される漏湖。

圧倒的邪悪とも言えるその恐ろしさは、お互いの一挙手一投足が致命傷となるほど。

その邪悪さ、恐ろしさを感じていたのは漏湖だけではありません。

漏湖の近くにいる美々子と菜々子も、その恐ろしさから息をすることさえためらっている様子。

 

呪術廻戦112話ネタバレ|根源的恐怖

さらに、「頭が高い」という宿儺の言葉により、片膝をつく漏湖。

己の意思とは関係なく、本能的に体が勝手に膝をついたようです。

また、漏湖と同じように頭を下げる美々子と菜々子。

3人の姿を見た宿儺は片膝だけついた漏湖に対し、「片膝だけで足りると思ったか?」と言い放ち、頭の火山部分を切断してしまいます。

そして、美々子と菜々子に対し、指一本分は話を聞いてやるといいます。

発言の権利をもらった美々子と菜々子は、宿儺に偽夏油を殺すように懇願します。

このまま美々子と菜々子の味方になるかと思われましたが、やはり宿儺、そう簡単にはいきません。

美々子と菜々子に対し、面をあげろと言います。

二人が顔をあげた瞬間、美々子の頭が吹き飛ばされてしまいました。

たかが指の1本や2本ごときで、俺に指図できると思ったのか?といいます。

不愉快だと言い放ったその表情から、かなり不機嫌になっているのが見て取れます。

美々子を殺され、スマホを宿儺に向ける菜々子。

何か攻撃を仕掛けようとしたようですが、全身をサイコロ上に切り刻まれてしまいます。

 

呪術廻戦112話ネタバレ|宿儺vs漏湖

美々子と菜々子を始末し、漏湖に話しかける宿儺。

10本の指の礼に、漏湖が自分に一撃でも入れられたら呪霊の下についてやると交渉し始めたのです。

その手始めに、一人を除いて渋谷の人間を皆殺しにしてやろうと言います。

この言葉を聞いた漏湖は宿儺に対し「二言はないな」と言い放ち、その身を構えるのでした。

 

まとめ

呪術廻戦の前話111話では、伏黒父によって陀艮は倒され、直毘人、七海、直毘人、伏黒は領域の外へ出ることが出来ました。

しかし、伏黒は伏黒父によって連れ去られ、あとを追いかけようとした真希たちは漏湖によって黒焦げに。

その後、宿儺の指の気配を感じ取った漏湖により、虎杖はさらに10本もの指を一気に時rこむことになります。

呪術廻戦最新話確定速報として、呪術廻戦の112話のネタバレを紹介してきましたが、ついに宿儺が目覚め、肉体の主導権は宿儺に渡ってしまいました。

その邪悪さから美々子と菜々子だけでなく、漏湖ですら動くのがやっと。

やっとの思いで願いを伝えた美々子と菜々子ですが、宿儺によって殺されてしまいました。

呪霊側につくかどうかをかけて漏湖に交渉を持ちかけた宿儺ですが、漏湖に勝ち目はあるのでしょうか?

また、伏黒親子の戦いがどうなっているのかも気になりますね。

呪術廻戦の展開に今後も目が離せませんね。

以上、「【呪術廻戦ネタバレ最新話112話本誌確定速報】復活した宿儺が呪霊側につくかをかけて漏湖と戦う」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る