呪術廻戦

【呪術廻戦114話ネタバレ】日下部とパンダの前に夏油一派の呪詛師が現れる

【呪術廻戦ネタバレ最新話114話本誌確定速報】呪力の残っていない伏黒はどこへ参戦する?
Pocket
LINEで送る

2020年7月13日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌114話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦前話113話では、伏黒と伏黒父の親子対決が描かれました。

相手に勝つイメージを固める伏黒ですが、けた違いの強さを誇る伏黒父に翻弄されてしまいます。

その戦いの最中、宿儺の気配を感じますが、今は伏黒父に応戦するので精一杯。

そんな中、伏黒父は生前の記憶を思い出し、游雲で自身の頭を突き、自害してしまいます。

これから呪術廻戦はどうなっていくのでしょうか?

今回は「【呪術廻戦114話ネタバレ日下部とパンダの前に夏油一派の呪詛師が現れる」と題し紹介していきます。

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに無料で読むことができます。

今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

呪術廻戦114話ネタバレ考察

呪術廻戦前話では伏黒父が生前の記憶を思い出し、自害。

反転術式が使える家入が渋谷にきていますが、まだ真希たちの異変には気づいていない様子です。

呪術廻戦は今後どうなるのでしょうか?

考えられる呪術廻戦の展開を紹介していきたいと思います。

 

呪術廻戦114話ネタバレ考察|伏黒はどこへ行く?

伏黒父との戦いを終え、伏黒はどこへ行くのでしょうか?

考えられるのは、虎杖(宿儺)のところ、もしくは真希たちのところですよね。

 

虎杖(宿儺)のところ?

呪力がほとんど残っていないない今、虎杖(宿儺)のところへ行っても伏黒は戦力にならないはず。

そもそも、陀艮でも苦戦した伏黒が、それ以上の強さの漏湖、宿儺に勝てるわけがないのです。

宿儺も気に入っている布留部由良由良を使っても、無駄死にして終わる気が…。

以上のことから、虎杖(宿儺)のもとへ行く可能性は低そうですね。

 

真希たちのもとへ戻る?

虎杖(宿儺)のところへ行かないとなると、伏黒父に連れ去られるまで一緒にいた真希、七海、直毘人のところへ行くのではないでしょうか。

陀艮との戦いが終わった瞬間、伏黒は訳も分からず伏黒父に連れ去られてしまいます。

つまり、真希たちのところに漏湖がやってきたことは知らないはず。

そのため、一度真希たちのもとへ戻って安否を確認、今後の行動を相談するのではないでしょうか。

呪力のほとんど残っていない伏黒がこれ以上単独で行動するのはかなり危険ですし、まずは真希たちのもとへ戻る展開が待っていそうです。

 

呪術廻戦114話ネタバレ考察感想・予想ツイート

以下が呪術廻戦113話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

呪術廻戦114話ネタバレ

呪術廻戦最新話114話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦114話ネタバレ|弱い者いじめ

自害した伏黒父を抱えた伏黒は、その顔が変わっていることに驚きます。

何が起こっているのか理解できず、直毘人と伏黒父が言っていた言葉を思い出しながら考え込む伏黒。

しかし、今は自分の戦いで受けた傷を治すことを優先しなければと思い、家入のもとへ歩き始めます。

そこへ何者か近づき、背後から刺される伏黒。

ゆっくりと倒れこみながら後ろを振り返ると、そこにはサイドテールの呪詛師が…。

 

呪術廻戦114話ネタバレパンダと日下部

渋谷ストリーム前で建物内を調べる日下部とパンダ。

一般人の避難にあたるパンダは、もう建物内を調べるのをやめ、五条のもとへ行きたいと言い出します。

そんなパンダに激怒する日下部。

それもそのはず、今もこの渋谷では恐怖で震える人々が沢山いるから。

この日下部の言葉を聞いたパンダは、自分の考えが間違っていたと考えを改め始めます。

偉そうなことを言っていた日下部ですが、実は五条のもとへ行って死ぬのが嫌なだけ。

出来ればここで適当なことを言ってやり過ごしたい日下部ですが、人がはけてパンダの鼻が利き始めたら、パンダは一人で五条のもとへ行ってしまうかもしれません。

そうなったら日下部はこの渋谷に一人取り残されてしまいます。

五条のところへ行きたくない、しかし、ここに一人残されるのも嫌な日下部は、土地勘のないパンダにバレないように、適当に時間を潰そうと企んでいたのです。

そんな二人の前に、2人の呪詛師が現れました。

 

呪術廻戦114話ネタバレ|夏油の意思を継ぐ者

日下部とパンダの前に現れたのは、バンダナを巻いた男と夏油の側近だった女です。

出来れば術師は殺したくないから投降しろというバンダナの男。

この2人の背後には3人以上の敵がいることに気付き、いつの間にか取り囲まれていたことに日下部とパンダは動揺してしまいます。

動揺を隠しつつ、すんなり投降することは出来ないから話を聞かせろという日下部。

すると呪詛師の女が、「夏油の意思を継ぐ者」とだけ答えました。

なんとこの2人は、夏油の望む世界を実現するため、偽夏油に協力しているというのです。

 

呪術廻戦114話ネタバレ賛同できない美々子と菜々子

場面は変わり、夏油一家が話し合う回想シーン。

偽夏油に協力するというほかのメンバーに激怒する美々子と菜々子。

夏油が死んだ時点で物語は終わったにもかかわらず、この先も正体がわからない何かに大好きな夏油の肉体を良いように弄ばれることが気に入らないのです。

しかし、ほかのメンバーは夏油の望んだ世界を実現しようとしていました。

正体の分からない何者かに夏油に肉体を利用されようとも、それで夏油の目指した世界が実現できればいい。

そう考える他のメンバーと、これ以上夏油の肉体を弄ばれたくない美々子と菜々子の言い争いは、平行線のまま結論が出ません。

しかし、側近の女が美々子と菜々子に「大人になりなさい」と諭したことで、事態は急変。

美々子と菜々子はスマホを構え、臨戦態勢に入ってしまいます。

 

呪術廻戦114話ネタバレ家族

その時、黙って話を聞いていたラルゥが口を開きました。

双方の言い分を聞いていたラルゥはどちらも間違っていないと言い、これから先は各々好きなようにしようと提案してきたのです。

では、ラルゥはどうするのかと尋ねる菜々子。

睨みながらたずねてきた菜々子に対し、ラルゥはどちらにもつかないと答えました。

自分はただ夏油のことを王にしたかっただけ。

ただ、バラバラになっても自分たちが家族であることは忘れないでねと言うラルゥ。

以上で回想シーン終了。

 

広告

呪術廻戦114話ネタバレ|宿儺vs漏湖

投降するのかしないのかはっきりしろといらだつ呪詛師の女。

話が短く、思ったように時間を稼げなかったと残念がる日下部ですが、この2人の相手をすることで特級呪霊と戦わなくて済むので喜んでいるようです。

くわえていた爪楊枝を捨てて刀を抜き、シン・陰流居合「夕月」の構えをとる日下部。

ついに戦闘が始まると思ったその時、4人の後ろから爆発音とともに不気味な笑い声が…。

2人の呪詛師とパンダ、日下部が音のした方を振り向くと、そこには漏湖をぼこぼこにする宿儺の姿があるのでした。

 

まとめ

呪術廻戦の前話113話では伏黒と伏黒父の戦いの様子が描かれました。

式神や影をうまく使って逃げるも、伏黒父を倒すことは出来ません。

そんな中、生前の記憶を取り戻した伏黒父。

最後は游雲で自身の頭を突き、自害してしまいます。

そして最新話確定速報として呪術廻戦114話のネタバレをしてきました。

ようやく伏黒父との戦いが終わった伏黒ですが、サイドテールの呪詛師に刺され、倒れてしまいました。

さらに、これまで描かれてこなかった日下部とパンダが登場し、新たな敵が登場。

美々子と菜々子と目指すものが異なるこの2人ですが、実力のほどはどれくらいなのでしょうか?

また、漏湖は宿儺に敗れてしまうのでしょうか?

呪術廻戦の115話でどうなるのか気になりますね。

以上、「【呪術廻戦114話ネタバレ】日下部とパンダの前に夏油一派の呪詛師が現れる」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る