呪術廻戦

【呪術廻戦127話ネタバレ】虎杖と東堂がタッグを組み真人に挑む

【呪術廻戦ネタバレ127話最新話確定速報】真人を倒すカギとなるのは新田新?
Pocket
LINEで送る

2020年10月26日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌127話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

https://twitter.com/jump_henshubu/status/1317193597607837696

呪術廻戦前話126話では、釘崎の顔がはじけ飛んだことで、虎杖の心は限界を迎えました。

そこへ黒閃を放ち、畳み掛ける真人。

このままやられてしまうのかと思った瞬間、東堂が現れ、虎杖を救出したのです。

後輩の新田新に釘崎と虎杖の治療を指示し、虎杖に起き上がるよう声をかける東堂。

かろうじて意識のある虎杖は、ここから戦いに復帰するのでしょうか?

今回は「【呪術廻戦127話ネタバレ】真人を倒すカギとなるのは新田新?」と題し紹介していきます。

これまでの呪術廻戦の話を読み返したいと思われる場合は、呪術廻戦単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに呪術廻戦を無料で読むことができます。

今すぐ呪術廻戦読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

呪術廻戦127話ネタバレ考察

前話126話では、京都高専から東堂が参戦しました。

共に来ていた新田新は釘崎の応急処置をしたそうですが、もしかしたら死んでいる可能性も…。

虎杖はかろうじて意識があるようですが、ここから戦いに復帰できるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきます。

 

呪術廻戦127話ネタバレ考察|新田新は反転術式が使える?

今回登場した新田新。

メカ丸の回想で姿だけは登場していましたが、その見た目と名前から新田ちゃんの弟であるのは間違いないようです。

京都姉妹校交流戦には参戦せず、今回初登場となりましたが、なぜここで出てきたのでしょう。

恐らく新田新は反転術式が使えると考えられます。

名前が回文になっているのも伏線かと…。

現在反転術式が使えるのは、家入、乙骨、五条、宿儺の4人。

家入は呪術高専専属の医者ですが、同じように京都にも反転術式が使える人物がいてもおかしくありません。

それが新田新なのではないでしょうか?

真人の無為転変は反転術式でどうこうなるものではないですが、反転術式は正のエネルギーなので、負のエネルギーである呪霊を祓うにはもってこい。

もしかしたらこれからの戦いでは、瀕死の虎杖よりも新田新が活躍する展開になるかもしれませんね。

 

呪術廻戦127話ネタバレ考察|127話への感想・予想ツイート

以下が呪術廻戦126話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

呪術廻戦127話ネタバレ

呪術廻戦最新話127話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦127話ネタバレ|満身創痍の虎杖

東堂の存在に気付いた虎杖ですが、すでに肉体的にも精神的にもボロボロの状態。

これ以上戦う気にもなれず、釘崎や七海の死や宿儺の起こした大量殺人を受け止めきれず、何もできなかった自分を悔やんでいます。

しゃがみ込み、自分という存在はこの世から消えればいいと考える虎杖。

そんな虎杖に畳み掛けるように、真人が攻撃を仕掛けてきたのです。

 

呪術廻戦127話ネタバレ|東堂が術式発動

しかし、虎杖の親友である東堂が、真人の攻撃を許すはずがありません。

手を叩いて真人と新田の位置を入れ替え、自分の近くに来た真人に蹴りを入れたのです。

その衝撃で吹き飛ばされる真人。

位置を入れ替えた新田の場所まで吹き飛ばされますが、また手を叩き、位置を入れ替えます。

東堂の術式を分かっていても、ここまで混乱するものなのかと、この状況を楽しむ真人。

手を叩くことで術式が発動されますが、使うか使わないかは東堂次第なので、思った以上に戦いに苦戦しているようです。

 

呪術廻戦127話ネタバレ|呪術師とは何たるかを諭す

うずくまる虎杖を鼓舞する東堂は、呪術師が何たるかを諭します。

呪術師は全員で一つなのだと語る東堂。

その中の一人でも生きていれば死んでいった仲間たちも敗北することはないし、呪術師という道を歩んだ時点で、仲間の死に意味や理由を見出してはいけないと言います。

そして、七海から何を託されたのか尋ねた東堂。

何か虎杖に言っていないことがあるようですが、現時点ではそのことを伝えるべきではないと判断。

今は虎杖を励ますことを優先しているようです。

 

呪術廻戦127話ネタバレ|釘崎が助かる可能性

虎杖へ処置を施す新田新。

自分の術式で虎杖の傷がこれ以上悪化することはないと言いますが、これからの戦いで受けた傷は術式の対象外になるので、注意するように言いつけます。

しかし、これで痛みもなく戦えることになった虎杖。

さらに新田は、同じ処置を釘崎にも施したと言います。

呼吸も止まり、脈も止まっていた釘崎ですが、それほど時間が経っていなかったので助かる可能性は0ではないと言い切る新田。

これにより少し落ち着きを取り戻したようですが…。

 

呪術廻戦127話ネタバレ|虎杖と東堂の共闘、再び

真人に挑む東堂は、うまく真人の攻撃をかわしている様子。

東堂の後ろに改造人間を出現させ、術式を発動させようとする真人ですが、現れたのは先ほどまでうずくまっていたはずの虎杖でした。

七海に対し、自分だけ楽になろうとしたことを謝罪し、黒閃を決める虎杖。

しかし、この攻撃は真人に躱されてしまい…。

東堂は虎杖の復帰を歓迎し、花御戦以来の共闘が始まるのでした。

 

呪術廻戦127話ネタバレまとめ

呪術廻戦の前話126話では、これまでの戦いで虎杖の心は限界を迎えてしまいました。

そこへ真人が黒閃を放ち、畳み掛けますが、東堂の登場で事態は一変します。

不義遊戯で虎杖を救出しますが、戦いに復帰できるか分からないほどボロボロの状態…。

そして最新話確定速報として呪術廻戦127話のネタバレを紹介してきました。

真人の狙い通り、心身ともにボロボロになった虎杖。

しかし、親友である東堂の励ましにより、戦いに復帰する意欲を見せます。

さらに、新田新の術式で、釘崎が助かる可能性を見出した虎杖。

遂に真人との戦いに復帰し、花御戦以来の虎杖と東堂の共闘が始まるのでした。

果たして釘崎は無事助かるのでしょうか?

また、虎杖と東堂の共闘で真人を祓うことができるのでしょうか?

次回の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上、「【呪術廻戦127話ネタバレ】真人を倒すカギとなるのは新田新?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る