呪術廻戦

【呪術廻戦131話ネタバレ】真人が虎杖を殺してさらなる高みを目指す!

Pocket
LINEで送る

2020年11月30日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌131話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦前話130話では、変異した左手を自ら切り離し、変異が全身に達するのを防いだ東堂。

そんな東堂を追い込むように攻撃を仕掛ける真人ですが、東堂は腹部に全呪力を集中させ、ダメージを最小限に抑えたのです。

さらに真人の手と自分の右手を叩き合わせ不義遊戯を発動。

これにより真人の目の前には虎杖が現れ、顔面に黒閃を食らってしまいます。

しかし、これまでの戦いで己の魂の本質を掴んだ真人は、遍殺即霊体と変貌し虎杖に挑むのでした。

今後呪術廻戦がどうなっていくか気になります。

今回は「【呪術廻戦131話ネタバレ】真人が虎杖を殺してさらなる高みを目指す!」と題し紹介していきます。

>>呪術廻戦最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦131話ネタバレ考察

前話呪術廻戦130話では、真人が虎杖の黒閃を食らってしまいました。

しかし、これまでの戦いから己の魂の本質・本当の姿を掴んだ真人は、最終形態とも言える遍殺即霊体に姿を変えたのです。

果たしてここからどうなってしまうのでしょうか?

今後の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

 

呪術廻戦131話ネタバレ考察|ついに虎杖が術式を習得する?

遂に真人が己の魂の本質を掴み、遍殺即霊体へと姿を変えました。

先ほどまで一緒に戦っていた東堂はすでに相当なダメージを食らい、その場に倒れこんでします。

これまでの真人に勝つことが出来なかった虎杖は、ここらへんで何かしらの成長を遂げなければなりません。

現在120%のポテンシャルを引き出せる状態になった3人のうち、真人は魂の本質を掴み遍殺即霊体へ変異、東堂は戦線離脱しましたが真人との戦いで目を見張る活躍を見せましたが、虎杖はまだ何も見せていません。

連続して黒閃を放てるようにはなりましたが、まだそれしかできません。

やはりここらへんで術式が刻まれる、もしくは「存在しない記憶」3度目の発動がないと勝ち目はないと思います。

乙骨が助けに入るという可能性も考えましたが、真人との戦いに七海、釘崎、東堂、新田新の4人が関係した時点で、新たな人物が介入する可能性は低そう…。

そのため、そろそろ虎杖の覚醒が見られそうです。

 

呪術廻戦131話ネタバレ考察|131話への感想・予想ツイート

以下が呪術廻戦130話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

呪術廻戦131話ネタバレ

呪術廻戦最新話131話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦131話ネタバレ|虎杖と真人の呪い合い

巻頭カラーには真人と虎杖が描かれ、2人の呪い合いが最終局面に入ったとの煽り文。

真人に攻撃を入れるも、今までとは何かが違うと気付いた虎杖。

逃げることや身を守ることとしての変形でないことには気づきましたが、根本的に何が変わったのかはまだ掴めていません。

何かが引っかかる虎杖に対し、「ハッピーバースデーってやつだ」と語る真人。

魂の本質をつかみ、これまでよりの数段強くなったことを指しているのでしょうか?

 

呪術廻戦131話ネタバレ|黒閃を放つのはどっちだ?

虎杖との戦いで黒閃を放った真人は、それがきっかけとなり、己の魂の本質に気付いたのだと言います。

そんな真人に対し、「お前が自分探しをするような奴だったとは…」と煽る虎杖。

これには真人も笑みをこぼしますが、まだ仕上げが残されていると言います。

なんと、虎杖を殺すことが仕上げになるという真人。

お互いに拳を構えますが、どちらが黒閃を放ち、この戦いを制すのでしょうか?

 

呪術廻戦131話ネタバレ|真人が仕上げに入る

真人の新しい姿を注意深く観察する虎杖ですが、これまでの変形とはなにが違うかのかピンと来ていない様子。

そんな虎杖に対し真人は、黒閃を経て自分本来のむき出しの魂を理解したと語ったのです。

さらに、笑みを浮かべながら「仕上げはこれからだ」と話す真人。

虎杖を殺して初めて真人がこの世に生れ落ちると言い、ここから2人の最後の呪い合いが開始。

 

呪術廻戦131話ネタバレ|別次元の強さを手に入れた真人

蹴りや拳で真人に攻撃を入れようとする虎杖ですが、全く真人に攻撃が入らないのです。

それどころか真人の攻撃に押され、防御するしかできない虎杖。

さらに真人に頭を掴まれ、地面にたたきつけられる始末…。

叩き蹴られた虎杖の周りが大きく凹んでいることから、いかに真人が強靭なパワーを手に入れたのか見て取れますが、虎杖はさほどダメージを受けていないようです。

 

呪術廻戦131話ネタバレ|体が限界を迎える

これまでとは全く別次元の強さになった真人。

対抗するには黒閃を出すしかありませんが、狙って黒閃を出せる者はいません。

そんな中、虎杖の膝が震え始め、力が入らなくなってしまったのです。

力が入らなくなった膝は、先ほど真人の攻撃を受けた右膝。

がくがくと震える膝を殴りつけて感覚を取り戻そうとした虎杖ですが、すでに体は限界を迎えていたのです。

 

呪術廻戦131話ネタバレ|両者、黒閃を放つ体制に

そんな虎杖の姿を見て笑みを浮かべる真人。

その直後、真人の左ひじ辺りが崩れだし、口からは血がこぼれたのです。

一瞬とはいえ、呪力を消耗した領域展開後に黒閃を食らってしまったのが原因だと考える真人。

今の状況を皮肉るように「お互い元気いっぱいだな」と声をかけ、お互いに黒閃を放つ体制に…。

果たしてどちらが黒閃を決め、この戦いを制すのでしょうか?

 

呪術廻戦131話ネタバレまとめ

呪術廻戦の前話130話では、東堂が真人の攻撃を受けるも、攻撃を受けた部分を自ら切り離し、全身の変異を回避。

しかし直後に黒閃を受けて相当なダメージを食らい、戦いから離脱してしまいます。

一方、真人はこの戦いで掴んだ己の魂の本当の形・遍殺即霊体に生まれ変わり、虎杖に挑みます。

最新話速報として呪術廻戦131話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦131話では、虎杖と真人の激戦が描かれました。

真人は黒閃を放ったことがきっかけとなり、己の魂の本質をつかんだと言います。

その言葉通り、真人の戦い方が今までと異なることを感じた虎杖。

さらに真人は虎杖を殺して更なる高みを目指そうとしますが、戦いを制すのはどちらなのでしょうか?

今後の呪術廻戦の展開も気になりますね。

以上「【呪術廻戦131話ネタバレ】真人が虎杖を殺してさらなる高みを目指す!」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。