呪術廻戦

【呪術廻戦143話ネタバレ】乙骨が味方と判明し黒登場や偽夏油が動き出しさらになる混乱へ!

【呪術廻戦 ネタバレ最新話143話確定速報】乙骨は直哉を殺し宿儺は2回目の縛りを結ぶ?
Pocket
LINEで送る

2021年3月22日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の呪術廻戦本誌143話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

呪術廻戦前話142話では、脹相と直哉の戦いに幕が下ろされました。

直哉の術式が分からない脹相ですが、赤鱗躍動・載で動体視力を強化。

そのおかげで動きについていけるようになり、超新星で直哉を撃破。

直哉がダメージに苦しんでいると、虎杖を引きずった乙骨が現れ、左手に呪力を込め始めました。

乙骨は一体何をするのでしょうか?

また、虎杖は本当に死んでしまったのでしょうか?

今回は「【呪術廻戦143話ネタバレ】乙骨は直哉を殺し宿儺は2回目の縛りを結ぶ?」と題し紹介していきます。

>>呪術廻戦最新話ネタバレはこちら<<

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察

超新星で直哉を倒した脹相の背後から、虎杖を引きずった乙骨が現れました。

驚いて振り返る脹相ですが、乙骨の一撃により沈められてしまいます。

直哉の様子を見た乙骨は左手に呪力を込めますが…?

ここから呪術廻戦はどうなってしまうのか、今後の呪術廻戦で考えられる展開を紹介していきます。

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|乙骨は虎杖を生き返らせる?

乙骨の狙いは、一度虎杖を殺して宿儺との縛りを破棄。

その後、反転術式で虎杖を復活させることにあると思います。

単に虎杖を処刑するのであれば首をはねればいいのに、即死できる手段を選ばなかったということは、何か企んでいるのでしょう。

こういうところが、乙骨は敵ではないと思わせる要因になっているようです。

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|宿儺に有利な縛りを結びなおす?

乙骨に引きずられ、ぐったりしている虎杖。

もし虎杖が死んでいるなら、前のように宿儺が虎杖に有利な縛りを設けるのではないでしょうか?

以前虎杖が死んだときは、

  1. 「契濶」と唱えたら、1分間体を明け渡すこと
  2. この契約を忘れること
  3. 1分間、宿儺は誰も傷つけず、殺さないこと

以上3つの条件で縛りを結びました。

しかし、この契約が宿儺にとって完全に有利ではないのは確かです。

3つ目は虎杖に文句をつけられて付け加えたようなものですし…。

なので、ここでもう一度宿儺有利の縛りを設けると思われます。

もしかしたら、宿儺が笑みを浮かべたのは、自分有利の縛りを設けられるからかもしれませんね。

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|左手に込めた呪力はどう使う?

乙骨は左手に呪力を込めましたが、何をするつもりなのでしょうか?

直前に直哉に「辛そうですね」と声をかけているので、左手の呪力は直哉に使うのでしょう

しかし、この構図、どこかで見たことがあるような…。

そう、呪術廻戦132話の偽夏油と真人と同じですよね。

仲間と思われた偽夏油が真人を取り込み、利用する、今の乙骨と直哉の関係によく似ていますよね。

となると、乙骨は反転術式で直哉を治すわけではなさそう。

そもそも、脹相が血が毒として作用しても、反転術式で治せないことは裏梅が実証済み。

まぁ、乙骨が人を殺すとは思えないので、自分の計画に邪魔にならないよう、身動きが取れない程度にダメージを与えるのではないでしょうか。

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|宿儺が笑った理由は?

不快そうに舌を鳴らした後、笑みをこぼした宿儺。

これは伏黒恵が到着からかもしれません。

はじめは不快そうだった宿儺が一瞬にしてご機嫌になったということは、伏黒が現れた以外考えられませんよね。

以前、伏黒が八握剣異戒神将魔虚羅を召還した時は、つぶさに伏黒の異変を感じ取っていました。

距離にして150mくらい離れていたにも関わらずです。

なので、伏黒がようやく近くに来た可能性は高いですよね。

もちろん、桁違いの呪力量を誇る乙骨に興味を示した可能性もありますが、それだったらこのタイミングで笑うことはないでしょう。

できれば伏黒はパンダたちと一緒に登場してほしいです。

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|伏黒は津美紀と一緒?

瀕死の重傷を負っていた伏黒恵ですが、今は虎杖の捜索に当たっています。

玉犬渾や鵺という探索向きの式神がいるにも関わらず、まだ虎杖を発見できていないのが不自然ですよね。

伏黒は鵺に乗って上空から、玉犬渾は地上から捜索すれば、すぐにでも見つかるはず。

もしかして伏黒は虎杖の捜索になど当たっていないのではないでしょうか?

おそらく伏黒は津美紀が目を覚ましたと聞き、任務を放り出して津美紀のもとへ向かった可能性があります。

偽夏油(加茂憲倫)の企みでマーキングされた人間は殺し合いを始めますが、伏黒は津美紀を止めるために動いているのでしょう。

 

呪術廻戦143話ネタバレ考察|143話への感想・予想ツイート

以下が呪術廻戦142話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

呪術廻戦143話ネタバレ

呪術廻戦143話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

呪術廻戦143話ネタバレ|乙骨が直哉と裏取引

脹相の攻撃を受け、その場に倒れた直哉。

そんな直哉に対し、乙骨はある取引を持ち掛けました。

その取引とは、「上層部に『虎杖が死亡した』と虚偽の報告をする代わりに、命を助けてやる」というもの。

直哉は立った状態で声をかける乙骨に「見下すな」と返しますが、脹相の超新星のダメージをもろに受けていました。

そもそも赤血操術に超新星という技や、毒として作用する働きはないと分析する直哉。

それもそのはず、超新星は呪胎九相図として誕生し、受肉してこの世に出るまでずっと温めていたオリジナル技。

御三家に流出しているマニュアルに、その効果や技が載っているわけがありません。

ついに直哉は「脹相は呪いでも人でもない存在」と結論づけますが、今頃正体が分かっても意味がありません。

そのうえで乙骨は「上層部に虎杖の死を報告してくれれば反転術式で治してやる」と持ち掛けますが、直哉はこの提案に乗るのでしょうか?

 

呪術廻戦143話ネタバレ|虎杖の両親登場

場面は虎杖がまだ赤ちゃんだったころへ。

虎杖の祖父と言い争いをする男性。

名前は仁、虎杖の父親とのことです。

祖父は仁に対し、「好きなことをしてもいいが、どうしても彼女との関係は切ってほしい。このままではお前が死んでしまう」と警告。

虎杖の祖父が「彼女」と呼んでいるのは、虎杖の母親・カオリのことでしょう。

「子供のころの記憶は残るからあまり変なことを言わないでほしい」という仁の腕には、まだ幼い虎杖の姿が…。

しかし、虎杖の祖父は仁の言葉を無視し、なおも話を続けます。

「仁が子供を欲しがっているのも知っている」

「カオリとの間に子供を作れなかったのも知っている」

「だが、カオリは…」

ここで言葉に詰まる虎杖の祖父。

おそらく「死んだ」と続けたかったのでしょうが、そこへある女性が声をかけてきたのです。

微笑みながら「どうしたの?」と話す女性こそ、虎杖の母親。

その額には、しっかりと縫い目があるのが見て取れます。

 

呪術廻戦143話ネタバレ|乙骨はやはり味方だった!

ここでようやく目を覚ました虎杖が目を覚まし、乙骨から味方であることを伝えられました。

やはり乙骨は五条の指示で虎杖を託されていたようです。

呪術廻戦公式ファンブックで、五条が海外出張の際に乙骨と会っていたと明言されたので、この時に虎杖を託していたのでしょう。

そもそも、他の人間が虎杖の死刑執行人に選ばれれば情報が入ってこなくなり、それこそ最悪の状況になっていたと語る乙骨。

しかし、呪術総監部の連中もバカではないので、本気で虎杖を殺す必要があったといいます。

もちろん、虎杖の心臓を止めた瞬間、反転術式でもとに戻し済み。

 

呪術廻戦143話ネタバレ|伏黒が虎杖に助けを求める

虎杖が回復したところへやってきた伏黒。

気付いた虎杖が声をかけるも、伏黒は自分を助けるよう指示。

その真剣な表情からはひっ迫した状況が伝わってきますが、何が起きているというのでしょうか?

 

呪術廻戦143話ネタバレ|死滅回遊始動

一方、姿をくらませた偽夏油(加茂憲倫)も動き出していました。

渋谷事変で去り際に言っていた、殺し合いを始めようとしていたのです。

「死滅回遊」と名付けられたそのゲームは、偽夏油(加茂憲倫)がマーキングした2種類の非呪術師が呪力への理解を深めるために殺し合うというもの。

そしてこのゲームの参加者の中に、伏黒の姉・伏黒津美紀の姿が…。

伏黒が虎杖に助けを求めたのはこれが理由でしょう。

ちなみに、死滅回遊には8つのルールがあります。

  1. 参加者は目を覚まして19日以内にゲームに参加
  2. 違反者は術式が取り消される
  3. たとえ参加していなくとも参加者とみなされ、病棟に入った時点で制参加となる
  4. 他の参加者を殺せばポイント獲得
  5. 呪術師は5ポイント、非呪術師は1ポイント
  6. 参加者は100ポイント使用でルール追加も可能
  7. 追加されたルールはゲーム性を損なわない限り有効
  8. 参加、もしくはポイント獲得から19日以内にポイントに変化がなければ術式が取り消される

伏黒はどうにか津美紀を救出しようと虎杖に助けを求めたようですが、ここからどうなってしまうのでしょうか?

 

呪術廻戦143話ネタバレまとめ

呪術廻戦前話142話では、脹相が超新星で直哉を倒します。

しかし直哉がダメージに苦しんでいるところに、虎杖を引きずる乙骨が現れ、左手に呪力を込めていました。

最新話速報として呪術廻戦143話のネタバレを紹介してきました。

呪術廻戦143話では、乙骨憂太が虎杖の味方であることが判明しました。

さらに、過去の回想で虎杖の両親も登場し、その額には偽夏油(加茂憲倫)とおなじ縫い目があったのです。

さらに、伏黒は姉・津美紀を救うために虎杖に助けを求め…。

偽夏油(加茂憲倫)の考案した「死滅回遊」も始まり、事態は急展開を迎えました。

ここから呪術廻戦はどうなってしまうのでしょうか?

以上「【呪術廻戦ネタバレ143話最新話確定速報】乙骨が味方と判明!伏黒登場や偽夏油が動き出しさらになる混乱へ!」と題してお届けしました。

Pocket
LINEで送る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。