彼女、お借りします

【彼女お借りします153話ネタバレ】和也が千鶴のため墨召喚!

【彼女お借りしますネタバレ153話最新話確定速報】千鶴が限界を迎えるとき
Pocket
LINEで送る

2020年8月26日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の彼女お借りします(かのかり)本誌153話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

彼女お借りしますの前話152話では、千鶴の祖母である小百合が亡くなりました。

和也は小百合が亡くなった朝、千鶴に平気かと聞きますが、千鶴は理想の彼女そのものの笑顔で平気だと返しました。

153話では、和也が祖母の和とともにお通夜を訪れました。

お通夜でも千鶴は気丈に振る舞い、それを見た和は恋人にしかできないことはあると助言しました。

和也は考え抜いた挙句、墨の力を借りることにしました。

墨がこの状況を変えてくれるのでしょうか?

今回は「【彼女お借りします(かのかり)153話ネタバレ】和也が千鶴のため墨召喚!」と題し紹介していきます。

 

これまでの彼女お借りしますの話を読み返したいと思われる場合は、彼女お借りします単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに彼女お借りします無料で読むことができます。

今すぐ彼女お借りします読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

彼女お借りします153話ネタバレ考察

彼女お借りします前話では、傷ついた千鶴を慰められない和也が描かれました。

今後の考えられる彼女お借りしますの展開を紹介していきたいと思います。

 

彼女お借りします153話ネタバレ考察|お通夜

152話ラストの予告に「お通夜」とありました。

小百合が亡くなった直後でも平静を保っていた千鶴です。

おそらくお通夜の場でも平静を装い、毅然とした態度でいるのではないでしょうか。

見知らぬ人の目には立派に映るかもしれませんが、和也の目には痛々しく映ることでしょう。

ただ、痛々しいと思ったからといって、和也がその場で何かをできるとも思えません。

そのためお通夜は滞りなく済むと予想します。

 

彼女お借りします153話ネタバレ考察|千鶴が「へいきっ」と笑ったワケ

152話で千鶴は、平気かと聞かれて平気だと答えました。

たった一人の身内である小百合を喪った直後なので、平気なワケはありません。

倒れた直後にはとても動揺していたし、小百合の前では泣きじゃくっていました。

しかし和也には頼れないと判断したのでしょう。

映画に関しては和也に頼っていたのに、ここで強がる理由とは何でしょうか。

それには和也の直前の発言が関係していると考えます。

和也は平気かと聞き、力になりたいと言ったとき、「俺はただのお隣さんだけどさ」と付けてしまいました。

ただでさえ人に頼り慣れていない千鶴が、家族でも、恋人でも、友達でもない存在に頼れるはずがありません。

この一言によって千鶴が距離を感じてしまったのではないでしょうか。

 

彼女お借りします153話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が彼女お借りします152話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

彼女お借りします153話ネタバレ

彼女お借りします最新話153話「お別れと彼女」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

彼女お借りします153話ネタバレ|鉄の女って感じ

自宅に帰ってきた和也は、喪服のまま床に倒れ込みました。

知人のお通夜ほどメンタルを削られるものはないとボヤいたあと、自分はどうすればいいのか、病院で見た千鶴の後ろ姿が頭から離れないと言って頭を抱えます。

さらに月末の上映会の準備もあるのに手につかないと考えたあと、お通夜のときの千鶴を思い出し、鉄の女って感じだったと思いました。

お通夜には和也の祖母・和と一緒に行きました。

 

彼女お借りします153話ネタバレ|お通夜

式場に向かう途中、和也は和がお通夜で泣きじゃくるようなことがあったら迷惑がかかると考え、本当に行くのかと聞きます。

しかし和は親友のお通夜だから当然だと返しました。

千鶴はお通夜で毅然とした態度で受付をしていて、和が困ったことがあれば何でも言ってくれと言うと、丁重にお礼しました。

その顔を見た和也は、病院で千鶴が見せた「へいきっ」と言って笑った顔を思い出します。

奥に進み遺影や棺桶を前にした和也は、自分が泣きそうだと思い、和を見ます。

背筋を伸ばした和は凛としていて、悲しいなと小百合に語り掛けると、お焼香を済ませてすぐに立ち上がりました。

和也がもういいのかと聞くと、背中を向けたまま長居は迷惑、今に会えると返しました。

 

彼女お借りします153話ネタバレ|考えろ

式場を出るとき、和也は再び千鶴に目を向けますが、何も言わずに立ち去ろうとします。

その視線に気づいた和も千鶴を見つめます。

どんな状況でも弱音を吐かずに気丈に振る舞う千鶴は強い、まるで小百合のようだと言いました。

そして和也に対して、考えろ、恋人にしかできないことは必ずあると言います。

和也が立ち去ったあとも千鶴は、式場に来る人たちの対応に追われますが、それでも平静を保ちました。

 

彼女お借りします153話ネタバレ|頼ってみるか

自宅の床でお通夜を思い返した和也は、騒音防止にクッションを顔に当てます。

どうしろっていうんだ、和はああ言っていたけど自分たちは嘘の恋人、ただのお隣さんにできることなんてないと喚きます。

さらに映画撮影での距離が近かったのは、映画を作るための協力関係だったから、それがなければただのお隣さん、自分では役不足だし平気って言われたら出る幕がないと考えます。

しかし小百合の死が悲しくないはずはないと思い、壁に手を当てて俺に何ができると呟きます。

そこで脳内千鶴に恥ずかしい自己陶酔に巻き込まないでと怒られた気がして我に返り、みにが言った「一人で生きていける女はいない」という言葉を思い、スマホを取り出します。

頼ってみよう、そう考えた和也は、後日ある人物を呼び出しました。

待ち合わせ場所で和也におはようと言われたのは、墨です。

墨はいつもの人を安心させるような朗らかな笑顔で駆け寄りますが、直後、石につまずいて転びました。

 

彼女お借りします153話ネタバレまとめ

彼女お借りします(かのかり)本誌の前話152話では、小百合の死から数日後、和也がみにと話して、千鶴の傍にいたほうがいいと言われます。

しかし和也は千鶴が平気だと笑ったため近づけずにいました。

彼女お借りします最新話確定速報として153話のネタバレも紹介しました。

153話では、和也と和が小百合のお通夜に行きました。

和は凛とした姿で小百合に別れを告げ、千鶴が気丈に振る舞う様子を見ると、和也にしかできないことはあると言いました。

和也はただのお隣さんでしかない自分では役不足だと考え、墨に助けを求めました。

墨はどう動くのでしょうか。

彼女お借りしますのつづき、気になりますね!

以上「【彼女お借りします(かのかり)153話ネタバレ】和也が千鶴のため墨召喚!」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る