彼女、お借りします

【彼女お借りします163話ネタバレ】デート残り5分ついに和也が本心を伝える?

【彼女お借りしますネタバレ163話最新話確定速報】悲しむ千鶴を見た和也は後悔する?
Pocket
LINEで送る

2020年11月4日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の彼女お借りします(かのかり)本誌163話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

彼女お借りしますの前話162話では、蟹の店を満喫した千鶴と和也が最後のプラン花火をすることに…。

しかし千鶴は思い出の線香花火で祖父母を思い出し、肩を震わせました。

163話では、千鶴が弱みを見せなかったことで和也が自分の力が至らないことを思い知ります。

しかし花火が終わり、残り5分のところで和也が自分にとっての「理想の彼女」について本音を言いました。

和也は何を言ったのでしょうか。

今回は「【彼女お借りします(かのかり)163話ネタバレ】デート残り5分ついに和也が本心を伝える?」と題し紹介していきます。

 

これまでの彼女お借りしますの話を読み返したいと思われる場合は、彼女お借りします単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに彼女お借りします無料で読むことができます。

今すぐ彼女お借りします読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

彼女お借りします163話ネタバレ考察

彼女お借りします前話では、和也と千鶴が蟹を食べ終えて花火をしたところ、祖父母を思い出した千鶴がこらえきれず泣きだしました。

今後の考えられる彼女お借りしますの展開を紹介していきたいと思います。

 

彼女お借りします163話ネタバレ考察|励ますとか元気づけるとか

千鶴が肩を震わせているのを見て、和也はショックを受け、顔を赤らめるシーンが入りました。

さらに予告には「励ますとか元気づけるとか」とあったため、自分の考えが間違っていたと恥じる展開になると予想します。

和也は自分でも力になれるかもしれない、元気づけられるかもしれないと思い、このデートを計画しました。

しかし結果的に祖父母を思い出させて千鶴を泣かせてしまった、やはり無理をして明るくしていたんだ、今はそっとしておく時間だったのかもしれない、と思うのではないでしょうか。

 

彼女お借りします163話ネタバレ考察|和也は今度こそ間違えない?

小百合が亡くなったとき、和也はお隣さんとして力になろうとしました。

結果、素直になれない千鶴は本心を出さず、理想の彼女モードを演じて「へいきっ」と返しています。

そして今日まで千鶴は和也に本心を見せることなく、平気そうに振る舞ってきました。

ただ肩を震わせている姿を見れば、平気ではないということが痛いほど分かります。

和也は今度こそお隣さんとしてだけでなく、一人の男として真剣に向き合い、その想いをぶつける必要があるはずです。

そうすることで千鶴も初めて本心を見せてくれるのではないでしょうか。

考えられる展開としては、千鶴が泣いてしまってごめんと言って涙を止めようとしたときに、和也が無理をしないでほしいと言うとか、黙って抱きしめる展開などがありそうです。

 

彼女お借りします163話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が彼女お借りします162話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

彼女お借りします163話ネタバレ

彼女お借りします最新話163話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

彼女お借りします163話ネタバレ|壁

線香花火をして亡き祖父母を思い出した千鶴は、悲しみ肩を震わせます。

そんな千鶴の後ろ姿を見た和也は、思わず目を逸らし、今声を変えたら「へいきっ」と笑顔で返されるような気がしてただ立ちすくみました。

それでも意を決し、声を掛けると、千鶴は和也に見えないように涙をぬぐい、笑顔になりました。

久々だと楽しくて見入ってしまった、線香花火が目に染みたと言うと、立ち上がってじゃんじゃんやろうと明るく振る舞いました。

和也は千鶴と自分の間に壁があると考えたときのことを思い出しました。

 

彼女お借りします163話ネタバレ|「でもさ」

花火に火をつけた千鶴は、笑顔でキレイだと言ってはしゃぎます。

その横で和也は冷静に、初めから分かっていたと考えます。

自分なんかが励ましたって意味はないこと、千鶴の力にはなれないと分かっていた、そう思うとたまらない気持ちになり鼻をすすります。

さらに千鶴はこんな時にまで自分を律していてすごい、他人に迷惑をかけないように完璧な彼女を演じていると思うと、これまでの千鶴のことを思い出します。

夢が叶う寸前で小百合が倒れ、神様はイジワルだと呟いたとき、小百合が亡くなり大丈夫かと声を掛けたときに「へいきっ」と返したとき、そして初めて会ったときの姿に思いをはせます。

歯嚙みするように、ずっと千鶴にとって自分はただの客だった、レンタル彼女だった、頼れる関係性ではないと思い知りました。

和也はそれでも強く、「でもさ」と思います。

 

彼女お借りします163話ネタバレ|デートの終わりと和也の告白

和也の脳裏にたくさんの思い出がよみがえります。

クラファンをやると誓ったときのこと、関わるなと言われたこと、そーゆー関係になることはないと断言されたこと、その思い出たちの中で和也は揺るぎない気持ちを見つけました。

千鶴は辛いことに耐えて、たった一人になっても強く、前を向こうとしている、どんなに嫌がられてもいいから力になりたい、支えたい、和也は強くそう思いました。

しかしそこで千鶴の嘘の笑顔を思い出し、でももうできることはないと暗い気持ちになりました。
花火が終わりました。

千鶴は楽しかったと言って手早く片づけをすませ、今日のデートプランは素敵だったと言います。

相手の気持ちを考えてくれていた、女子ならみんな嬉しい、本当の彼女ができる日も近いのではと茶化すように笑いかけます。

すると和也はそこでぽろりと本音をこぼしました。

「俺の理想の彼女はさ…」、そのつづきを聞いた千鶴は「えっ?」と言いました。

 

彼女お借りします163話ネタバレまとめ

彼女お借りします(かのかり)本誌の前話162話では、和也と千鶴が蟹を食べ終えて最後のプラン花火をしました。

しかし線香花火で千鶴が祖父母を思い出してしまい、その姿を見た和也はショックを受けました。

彼女お借りします最新話として163話のネタバレを紹介しました。

163話では、和也が千鶴にとって自分は頼りにならない存在だと思い知りました。

一人で頑張る千鶴の力になりたい、支えたいと思うけれど、できることはもうない、そう考えたところで花火が終了して帰ることになります。

しかしデート終了5分前、和也は千鶴に理想の彼女について話しました。

和也が何を言ったのか、気になります!

次回の彼女お借りしますも楽しみです。

以上「【彼女お借りします(かのかり)163話ネタバレ】デート残り5分ついに和也が本心を伝える?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る