彼女、お借りします

【彼女お借りします164話ネタバレ】千鶴が和也に見せた本心と涙

【彼女お借りしますネタバレ164話最新話確定速報】和也は千鶴の笑顔の先を見たい?
Pocket
LINEで送る

2020年11月11日(水)発売号の週刊少年マガジンに掲載予定の彼女お借りします(かのかり)本誌164話のネタバレ最新確定速報もお届けします。

彼女お借りしますの前話163話では、千鶴が涙を見せなかったことで和也が自分の力になれないことを思い知ります。

花火が終わると、デートは残り5分となり、千鶴は帰ろうとします。

しかし和也がそこで自分にとっての「理想の彼女」について語り出します。

164話では、和也が今まで見てきた千鶴のことを思いながら理想の彼女を語りました。

すると千鶴の目から涙があふれ、堰を切ったように泣きだします。

和也はそんな千鶴を支えながら、千鶴を心から愛しく思いました。

ここから二人の関係はどう動くのでしょうか。

今回は「【彼女お借りします(かのかり)164話ネタバレ】千鶴が和也に見せた本心と涙」と題し紹介していきます。

 

これまでの彼女お借りしますの話を読み返したいと思われる場合は、彼女お借りします単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐに彼女お借りします無料で読むことができます。

今すぐ彼女お借りします読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

 

彼女お借りします164話ネタバレ考察

彼女お借りします前話では、千鶴に対して和也が理想の彼女について話そうとしました。

今後の考えられる彼女お借りしますの展開を紹介していきたいと思います。

 

彼女お借りします164話ネタバレ考察|和也の理想の彼女は千鶴?

163話で和也が何かを言いました。

和也はそんなこと言うつもりはなかったと考えていましたので、告白のようなことを言ったのでしょう。

千鶴が本当の彼女ができる日が近いと言って、和也は「俺の理想の彼女は」と言いかけました。

そこに続くのは「一ノ瀬ちづる」だと予想します。

レンカノの名前は水原千鶴なので、本名である一ノ瀬ちづるの名前を出す、というパターンです。

千鶴が「えっ?」というリアクションをしていたことから、一瞬意味が分からないけれど、よく考えると分かる、というような言葉がチョイスされたのではないでしょうか。

 

彼女お借りします164話ネタバレ考察|千鶴は和也を拒絶する?

予告に「笑顔の先に」と書いてありました。

この笑顔とはおそらく千鶴の笑顔です。

どんな悲しみを抱えていても、それを表に出さず笑顔を見せる千鶴の本心が見たい、というような意味合いで「笑顔の先に」と使われているのではないでしょうか。

ただもしそういう意味合いで和也に本心を見せてほしいと言われたら、千鶴はどう思うのでしょうか。

和也のことを嫌いじゃない、好きじゃなくもないと言った千鶴。

心に踏み込もうとする和也に思わず拒否反応を示してしまっても、おかしくはないような気がします。

 

彼女お借りします164話ネタバレ考察|墨の恋心は?

湘南でエールを送った墨。

和也の背中を見送る顔は微笑んでいましたが、少し寂しそうにも見えました。

この表情こそ墨が和也に好意があり、未練もあることの証拠に思えます。

墨は人見知りであまり自己主張しないので、万が一和也と千鶴がいい感じになったとすると自ら割って入ろうとはしないはずです。

ただ湘南では意外と強引な一面が垣間見えたので、和也に関することなら強引にいけるという可能性もあります。

そう考えると、まだ墨ルートが完全に途絶えたというわけではない…?

 

彼女お借りします164話ネタバレ考察|感想・予想ネタバレツイートは?

以下が彼女お借りします163話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

彼女お借りします164話ネタバレ

彼女お借りします最新話164話「彼女と彼氏⑧」の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

彼女お借りします164話ネタバレ|和也の理想の彼女

後になって和也は、そのときのことを振り返って思います。

何でそんなことを言ったのか分からない、でも震える女の子を前にして客だからって我慢できるほどできた人間じゃない、と。

俺の理想の彼女は、和也はそう切り出しました。

キレイでオシャレで優しい、情けないときは叱ってくれる、怖い時もあるけど明るくて笑顔がかわいい、そして、たまにちょっとだけ泣くんだと言います。

そこで少しだけ黙りますが、覚悟を決めてつづけます。

 

彼女お借りします164話ネタバレ|ちょっとだけ泣く女の子

普段はすごい強い、どんなに辛いことがあっても悲しい顔を見せない、できることはやったって前を向いていて、いつも精いっぱい生きているから励まされると言います。

さらに、辛くても周りに迷惑をかけないように笑顔でいてくれる、でも本当に悲しいときだけはちょっとだけ泣くんだと言いました。

二人の中にこれまでのことが蘇ります。

千鶴が祖母の容態が悪いと教えてくれたとき、後悔なんてしないと強がったとき、才能がないから仕方ないとうつむいたとき、デートしたときに見せてくれたたくさんの笑顔が思い起こされます。

話し終えた和也が千鶴をじっと見つめるので、千鶴はたまらず目を逸らします。

すると、千鶴の中に今度は祖父母の思い出が浮かびました。

 

彼女お借りします164話ネタバレ|寂しいときは

幼い千鶴が祖父母と川の字で眠っていたころ、寂しくて起きてしまった千鶴に小百合が優しく声を掛けます。

小百合は自分の布団に千鶴を入れ、千鶴におばあちゃんには寂しいときはないのかと聞かれると、そういうときはギューっと抱きしめると言って千鶴を抱きしめました。

つづけて、小百合が最期に抱きしめてくれたときのことを思い出します。

愛してるわ、あなたは私の宝物、そう言ってくれた小百合を想います。

千鶴の頬が赤くなり、耳まで真っ赤になると、一粒の涙がぽろっとこぼれます。

 

広告

彼女お借りします164話ネタバレ|おばあちゃん…おじいちゃん…

千鶴はすぐに涙をぬぐいますが、その手が震えると、涙が次から次へとあふれ出します。

ごしごし拭いても追いつかないほどの涙が出て、嗚咽が始まると、すぐに大声で泣きだしました。

倒れかかるように和也の服を掴むと、その声はさらに大きくなり、「おばあちゃん…っ!!」、「おじいちゃん…っ!!」と言うと、和也の目からも涙が溢れました。

その後も千鶴は声が枯れるまで泣き続けました。

和也はいつもよりも何百倍も小さく見える千鶴を両手で支えながら、こんなに誰かを愛しいと思ったのは初めてだと感じました。

 

彼女お借りします164話ネタバレまとめ

彼女お借りします(かのかり)本誌の前話163話では、和也は千鶴が自分を頼りにしていないと再認識しました。

千鶴の力になりたい、支えたいと今でも思うけれど、できることはやった、そう考えたところでデート終了5分前となりました。

彼女お借りします最新話として164話のネタバレを紹介しました。

164話では、和也が理想の彼女を話し、千鶴がついに本心を晒しました。

愛する人を喪った千鶴の悲しみを受け止めた和也は、心から愛しいと思います。

二人はこれからどうなるのでしょうか。

次回の彼女お借りしますも楽しみです。

以上「【彼女お借りします(かのかり)164話ネタバレ】千鶴が和也に見せた本心と涙」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る