鬼滅の刃

【鬼滅の刃184話ネタバレ】無限城から無惨との戦いは舞台は地上へ!

【鬼滅の刃184話ネタバレ最新話確定速報】無限城からついに無惨との戦いは舞台は地上へ!
Pocket
LINEで送る

先週の183話の鬼滅の刃でようやく無限城が崩壊し、地上に出ることができました。

この続きの話は2019年11月25日発売の週刊少年ジャンプ2019年52号に鬼滅の刃184話が掲載予定です。

炭治郎と甘露寺は無限城が地上に出たところで、吹き飛ばされている様子が確認できましたので、無事地上に戻ることができました。

184話でその他の柱、鬼殺隊員は無事に一緒に地上へ戻ることができたのでしょうか?

その点も気になりますし、今後ますます無惨との戦いが激しくなることと思いますが、戦いの行方も気になるところですね。

続きが気になって何も手につかない!

なんてあなたはこちらの184話のネタバレ記事で楽しんでください。

184話掲載のジャンプが発売された日には「鬼滅本誌」がトレンド入りしツイッターでも盛り上がっていました。

それだけ衝撃的な内容だったのでしょう。

今回は「【鬼滅の刃184話ネタバレ最新話確定速報】無限城からついに無惨との戦いは舞台は地上へ!」と題しお届けします。

前の話183話についてはこちらにありますので、合わせてご覧ください。

 

鬼滅の刃184話ネタバレ

鬼滅の刃184話の内容が確定しましたので、こちらでネタバレをしていこうと思います。

ジャンプが出るまで見たくないという方はここは飛ばしてしまってください。

文字だけでのネタバレとなりますが、ジャンプ発売まではこちらでお楽しみください。

 

無惨との地上での戦い

愈史郎の力によって鳴女を操り地上へ出ることができました。

産屋敷輝利哉と妹たちが今の状況を整理します。

無惨を外に出すことに成功したが、まだ夜明けまでまだ1時間半もあるとのこと。

太陽に弱い無惨に勝つにはそれまで持ち堪えなければなりません。

またはそのまま倒してしまってもいいのですが。

輝利哉はまだ時間がだいぶあることに焦ります。

烏が夜明けまでの時間が1時間半あることを伝えます。

外に出たことに気づいた炭治郎はあたりを見回し、今まで一緒に戦っていた甘露寺、伊黒、義勇の姿を確認し無事を確かめました。

そして無惨がどこにいるのか、においで探ろうとしますが、がれきの下から無惨が出てきます。

先ほどの夜明けまでの時間を無惨も聞いており、余裕を浮かべます。

炭治郎たちは再び無惨に挑みます。

 

すぐ再生する無惨が強すぎる?

無惨は無限城の時のように柱たちを触手のようなもので相手をします。

伊黒、甘露寺、義勇が無惨を切っても、切れた感触はあっても無惨を見ると切れていない。

何度か切り込むうちに、無惨は切られた瞬間に再生して元の状態に戻っていることがわかります。

再生が早すぎて切っても切っても同じ状態です。

鬼殺隊員たちも無惨に挑みますが、柱でも再生されている現状で、隊員では通用しません。

しかし隊員たちはそれでも柱を守ろうとします。

柱にこれまでどれだけ守られてきたのかと考えれば、死んでも悔いはないというように必死で挑み続けます。

少しでも柱のためにと守ってどんどん死んでいってしまい、柱はその姿を見て絶望します。

 

無惨の血が炭治郎の体内の中に?

そんな隊員たちを見て炭治郎も加勢しようとしたところで、炭治郎が苦しみだし、血も吐いてしまいます。

無惨が言うには無惨が傷をつけたものは死ぬように、自分の血を混ぜているようです。

鬼にはならないように大量の血を入れているようで、その地は毒と同じで人間の細胞を破壊していくとのことです。

炭治郎は無惨に目をやられていましたが、顔が毒で侵され、顔半分が崩れ落ちてしまいます。

炭治郎は苦しみ喉をかきむしります。

無惨は炭治郎は死んだと言い、その姿を見て義勇は絶望します。

炭治郎はこの状態をどのように乗り越えるのでしょうか?

鬼滅の刃184話ネタバレ考察

鬼滅の刃184話はどうなっていくのでしょうか?

183話までの話から184話の展開を予想しました。

 

無限城崩壊と共に地上へ

無限崩壊の前に地上へ無事に出ることができました。

前話で「舞台はついに地上へ」とありましたので、地上での戦闘になっていくと思います。

ですが、上でも書きましたが、炭治郎と甘露寺の姿しか確認できませんでしたので、他の人たちが無事に地上へ出られたのか気になりますね。

また上の画像は無限城が地上へ出たところの場面なのですが、まだ月が出ているので夜だということがわかります。

無惨が太陽に弱いということで地上へ叩き出すという愈史郎の考えだったと思うのですが、まだ夜だったということは計算外だったのでしょうか?

またもうすぐ夜が明ける時間なのでしょうか?

この絵だけではどのくらいの時間なのかわかりませんね。

まだ夜である可能性が高いことから、戦況が有利になったとは言えませんね。

ここからは地上での戦いとなることと思いますが、どのように展開していくのでしょうか?

 

地上に出て柱集結できるのか?

無限城が地上に出たことで、愈史郎の柱を集結させるという作戦はうまくいくのでしょうか?

炭治郎と義勇を助けるために甘露寺と伊黒が飛び出してしまったので、途中で新鋭ないことが無惨にばバレてしまいました。

そうなっては仕方ないので地上に柱を集結させて無惨と戦わせるといった作戦に変更されました。

無惨が考えていたように、無限城の崩壊で生き埋めにされてしまう可能性もありましたが、無事脱出することができるのでしょうか?

まだ鳴女が崩壊する前でしたら愈史郎がまだ無限城を乗っ取れている状態なので、限界まで地上に出そうとするかと思います。

どこまで地上に出すことができるは鳴女の崩壊の速度によってしまいます。

また地上に出るまでも炭治郎がみんなとはぐれないように必死だったことから、他の人たちもどうなっているのかわかりませんね。

柱の面々は自力で出られる力があることを願いたいものです。

残っている柱全員がそろえば無惨にも対抗できますし、戦況も有利になってくるかと思います。

また太陽が昇るまでみんなで踏ん張れば勝機も見えてきます。

太陽が昇るまで時間稼ぎができるかがポイントになってくると思います。

悲鳴嶼と不死川も無事だとは思うので、柱が集まってみんなで無惨を打ち取るとなって欲しいですね。

 

無惨が禰豆子の元へ向かってしまう?

地上へ出たことで皆さん心配すると思うのが、無惨が禰豆子の元へ向かってしまわないかというものではないでしょうか?

太陽を克服したい無惨は、太陽を克服した禰豆子を食べることで克服しようとしていました。

ここで地上に出たことで禰豆子を探して食べてしまおうと考えないでしょうか?

まだ今は夜のようですが、その内夜が明け太陽が出てきます。

今のタイミングでしたら、まだ柱もそろっておらず向かうことも考えられます。

そうなってしまったら、総出で止めに入るかと思いますが、このような展開も予想されますね。

 

184話ツイッターでの感想

下にあるツイートは今週の183巻を読んでのツイートの一部です。

まずみな同じように柱などの死んでしまった人たちの亡骸の心配をしていました。

無限城が崩壊すると思うので、そのまま一緒に崩壊してしまうのでしょうか?

それとも地上へ全部出すことができて、それらも一緒に回収することができるのでしょうか?

どちらにしても好きなキャラクターがそのまま埋まってしまうのは嫌ですよね。

亡骸に関してはどうにかしてもらいたいところです。

また予想と同じように無惨が禰豆子の元へ向かって行ってしまうのではないかという心配をしている人もいました。

戦いも終盤のような感じになってきていますので、このまま終わってしまうのではと心配している方も多くいましたね。

今後どういった展開になるのでしょうか?

楽しみですが、終わってほしくないという気持ちもありますね。

 

まとめ

戦いの舞台が183話で地上へと移ることがわかりましたね。

続きの話となる184話は以上のような展開になっていくと予想しましたが、あなたはどう思いましたか?

もうこれ以上死んでほしくはないですね。

ですが無惨最後の総力戦、どうなるか想像もつきませんし、犠牲も出てしまうかもしれません。

次の話が楽しみな部分ももちろんありますが、心配の気持ちもありますね。

184話で地上へ出て残りの柱対無惨の戦いとなるのか、それとも禰豆子争奪戦になっていくのかわかりませんが、次の話を期待して待ちたいところですね。

以上「【鬼滅の刃184話ネタバレ最新話確定速報】無限城からついに無惨との戦いは舞台は地上へ!」と題しお届けしました。

前の話183話次の話185話最新刊18巻についてはこちらにネタバレ記事がありますので、合わせてご覧ください。

Pocket
LINEで送る