鬼滅の刃

【鬼滅の刃185話ネタバレ】禰豆子が炭治郎のもとへ走り柱ふたりも合流!

【鬼滅の刃本誌185話ネタバレ最新話確定速報】炭治郎は助かり無残を倒す方法は?
Pocket
LINEで送る

前話の鬼滅の刃184話は、かなり衝撃的な内容で発売日にトレンドに入るなど、話題になっていました。

そんな184話の次の話も気になるところですね。

前話では地上に出ることはできましたが、まだ夜明けまで時間があり、それまで無惨と戦うことになってしまいました。

その戦いの中で、柱を守ろうと次々に鬼殺隊員たちが無惨に殺されていきます。

そんな中炭治郎が無惨の毒により顔が崩れ落ち苦しみます。

無惨は炭治郎は死んだと言いますが、果たして炭治郎は助かり、無惨を倒すことができるのでしょうか?

今回は「【鬼滅の刃本誌185話ネタバレ最新話確定速報】炭治郎は助かり無惨を倒す方法は?」と題しお届けします。

 

鬼滅の刃185話ネタバレ


鬼滅の刃最新話185話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

禰豆子が炭治郎のもとへ

眠っていた禰豆子に父炭十郎が起きなさい、炭治郎が危ないと呼びかけます。

その声を聞き、禰豆子は驚き目を覚ましすぐさま炭治郎のもとへ向かいます。

鱗滝もどうした?と声をかけるも、禰豆子は走っていってしまいます。

それを見て鱗滝は禰豆子を追いかけます。

その飛び出す音に驚く音柱と炎柱の父親。

輝利哉の元へ禰豆子が飛び出していったことを知らせ、支持を仰ぎます。

輝利哉は無惨に操られている可能性、人間に戻った可能性も考えますが、鱗滝は捕まえなかったからと考えます。

考え禰豆子を止めるように指示しようとしたところ、先代当主産屋敷耀哉が、禰豆子の好きにさせるようにとの声が聞こえます。

輝利哉の妹はこの状況に焦りますが、父からの声が聞こえたことを話します。

父に大丈夫と言われ、禰豆子の行先は父が導いてくれていると安堵します。

禰豆子は崖から飛び降り、炭治郎のもとへ走っていきます。

 

柱ふたり合流

炭治郎は依然と倒れたままで、伊黒、甘露寺、義勇も無惨の攻撃を受けてしまいます。

炭治郎と同様無惨の血が毒となり、3人を襲いますが、伊黒と義勇は呼吸で血をコントロールし、何とか戦える状態です。

甘露寺はうまく制御ができずに、倒れこんでしまいます。

柱で痣があるものはなかなか死なないと無惨はいい、甘露寺に追撃しようとしますが、そこを鉄球が守ります。

岩柱行冥がようやく合流します。

そして無惨が行冥に気を取られているところに風柱の実弥が切りかかり、さらには火炎瓶を投げつけます。

 

炭治郎は助かるのか?

鬼殺隊員の村田は柱たちの戦いを見て、自分も何かしないとと無惨に挑もうとしますが、義勇が止めます。

炭治郎を安全な場所に連れていき、手当てをするように指示をされて、村田は炭治郎を背負い安全な場所に連れていきます。

村田は義勇に名前を憶えて入れくれたことに感動し、涙が止まりません。

実は村田は義勇と同期だったようです。

炭治郎は意識の深いところにいたが、まだ死んではいませんでした。

ですが、炭治郎は異変に気が付きます。

あれだけ嗅覚が優れていたのに、においが全くしなかったのです。

そして目の傷も痣も耳飾りもなく、斧を手にしていました。

死の淵にいて、夢でも見ているのでしょうか?

 

鬼滅の刃185話ネタバレ考察


手に汗握る鬼殺隊と無残の総力戦が続いています。

今後どうなるのか、考察しました。

炭治郎は助かるのか?

炭治郎は無惨の血を攻撃によって大量に入れられたた顔がただれ苦しみます。

無惨が言うには毒と同じ効果があるようですが、炭治郎が助かる術はあるのでしょうか?

助かるには2つの可能性があるように思えます。

1つ目は「炭治郎が鬼の血を克服する」というもの。

2つ目は「禰豆子が助けに来る」というものです。

いずれにしても主人公をここで死なせるわけにはいかないかと思いますので、まず死にはしないかと思います。

 

炭治郎が鬼の血を克服する

無惨の血は人間を鬼にすることができます。

ですが禰豆子は鬼にされても、他の鬼とは違い人間を食べなくてもよく、無惨の呪いも外しました。

これが遺伝的なものであった場合、炭治郎も禰豆子のように無惨の血に打ち勝つかもしれません。

もしかすると炭治郎、禰豆子の両親が鬼と関係があり、他の鬼のように血が作用しないことも考えられますね。

大量の血を人間に入れると毒になると無惨は言いましたが、血を入れると鬼になりますが、その毒になるか鬼になるかの量の境目は明確にはないかと思います。

そのことから炭治郎は無惨の血に耐性があって、毒を制することができ、生き残れるかもしれませんね。

ただ炭治郎も鬼になってしまう可能性はあります。

そうなると禰豆子と一緒に鬼になって生きていく最後になってしまうかもしれませんね。

血の影響で苦しんではいましたが、あそこから生き残ることができるのでしょうか?

 

禰豆子が助けに来る

もう一つの可能性として、禰豆子が助けに来るというものです。

禰豆子の血鬼術の爆血により無惨の血を焼却して、解毒できてしまうのではと思います。

爆血は体内の毒を燃やすこともでき、鬼のみを燃やすことができます。

このことから無惨の血すらも燃やして解毒できてしまう可能性があるのではないでしょうか?

ただ無惨は太陽を克服している禰豆子を食べようとしているので、危険も伴ってしまいます。

炭治郎のを助け、無惨に食べられてしまうという結果だけは避けてほしいものですね。

 

他の柱たちも集結

現在伊黒、甘露寺、義勇の柱3人が地上にいて無惨と戦っているわけですが、上弦の壱
黒死牟と戦っていた、岩柱の行冥と風柱の実弥が合流してくるのではないでしょうか?

柱が5人となり、無惨とも互角に渡り合えるようになるかもしれませんね。

上弦の弐童磨と戦っていた伊之助とカナヲも合流するかと思います。

柱を守るためにたくさんの鬼殺隊員たちが犠牲になりましたが、上記の柱などはどうしているのでしょうか?

無限上の瓦礫の下に埋もれてしまったということはないかと思います。

時間が経つにつれて鬼殺隊の面々も終結して無惨に挑むことになるでしょう。

 

無惨はどうしたら倒せる?

斬ってもすぐに再生が始まってしまう無惨ですが、どのようにして倒すことができるのでしょうか?

考えられるのは上弦の壱黒死牟を倒したように、赤い日輪刀で無惨を斬る必要があるのではと思います。

黒死牟も刀が赤くなった時、体がこわばり、激痛を与えられ、最後には首を斬り落とすことができました。

同様に赤い日輪刀だったら、無惨にも通用するのではないでしょうか?

この赤くなる条件はわかりませんが、痣のように条件があるものと思われます。

痣も炭治郎から伝染して次々と痣を持つようになりましたが、黒死牟を倒す時も、日輪刀の赤い部分がうつっていったように思われました。

このことから痣のように伝染するものなのではないでしょうか?

このことから日輪刀が赤く染まった行冥と実弥が合流することで、他の柱にもうつって赤い日輪刀で無惨を倒すことができるかもしれませんね。

 

夜明けまでの1時間半持ちこたえられるか

夜明けまで1時間半あります。

無惨は太陽が弱いので、夜明けまで地上に足止めできていれば、倒すことができる確率は数段上がります。

ですが、今でも防戦一方で鬼殺隊員たちがどんどん殺されていっています。

炭治郎が今は戦えない状態ですので、回復して戦線に復帰できるまではどうにか持ちこたえてもらいたいものです。

また他の柱や鬼殺隊員たちが集結してくるかと思うので、それまで時間が稼げれば、どうにか対抗できてくるのではないでしょうか?

あとは上でも述べたように、炭治郎が復活し、赤い日輪刀が使えれば無惨に勝てるのではないでしょうか?

これからの戦いは1時間半という点も重要になってくるかと思います。

 

広告

185話までのツイッターの反応

184話ではトレンドになっていたことから、184話に関するたくさんのツイートが見られました。

鬼殺隊員たちががどんどん死んでいき、炭治郎も死にそうになるという展開から

読んでいて辛い
もうこれ以上殺さないで

といった声が多数見られました。

以下が184話についてのツイートの一部です。

 

まとめ

鬼滅の刃本誌185話ネタバレ最新話確定速報をお届けしてきました。

184話では無惨との戦いで鬼殺隊員たちが次々と殺されていき、炭治郎も死にそうな状況で、辛いシーンの連続でした。

次の185話では炭治郎がどのようにして無惨の毒から助かることができるのか、無惨をどのように倒すことができるのかが気になってくるところですね。

最近キャラクターがどんどん死んでいって辛いところではありますが、戦いも佳境に入り次の話も見たいような見たくないような気持になりますよね?

これ以上殺さないで欲しいところですが、これからどうなっていくのでしょか?

以上「【鬼滅の刃本誌185話ネタバレ最新話確定速報】炭治郎は助かり無惨を倒す方法は?」と題しお届けしました。

鬼滅の刃の前の話184話最新刊についてはこちらにネタバレ記事がありますので、合わせてご覧ください。

Pocket
LINEで送る