鬼滅の刃

【鬼滅の刃191話ネタバレ】炭治郎復活で無惨と再び対峙

【鬼滅の刃ネタバレ191話最新話確定速報】柱全員赫刀になり無惨へ反撃開始!
Pocket
LINEで送る

2020年1月27日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃(きめつのやいば)本誌191話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

前話190話では無惨との戦いの話がメインでした。

伊黒が赫刀にすることができ、皆にやり方を説明したおかげで、柱は全員赫刀にすることができました。

赫刀になったことで、無惨の再生速度が明らかに遅くなり、徐々に無惨を追い詰めてきています。

これから無惨を倒すことができるのでしょうか?

今後も目が離せない展開が続きます。

今回は「【鬼滅の刃(きめつのやいば)本誌191話ネタバレ最新話確定速報】炭治郎復活で無惨と再び対峙」と題し紹介していきます。

>>鬼滅の刃の最新刊を無料で読む方法<<

 

鬼滅の刃191話ネタバレ

鬼滅の刃191話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

愈史郎が助け出され炭治郎の治療へ

他の鬼殺隊士に連れてきた村田や、伊黒に愈史郎を探すように言われた隊員達が愈史郎を助けだしていました。

愈史郎はがれきに埋まってしまっていて、身動きが取れない状態でしたが、隊員たちのおかげで、がれきからようやく出ることができます。

そして村田から炭治郎の症状などを聞き、炭治郎のところへ急ぎます。

村田は炭治郎を助けた時には心臓の音が聞こえていなくて、すでにその時から時間も経っていたため、不安の表情です。

愈史郎は炭治郎に大量の注射を打っていきます。

柱たちに打たれた血清と同じものでしょうか?

すでに心肺停止してから長い時間がたっており、状態も良くないことから、愈史郎にも焦りが見えます。

愈史郎が大量の注射を炭治郎に打っていることから、大丈夫かと思い鬼殺隊員が愈史郎に聞きます。

愈史郎はにらみながら、無惨の攻撃を受けてから時間が経っているから、危ない状況でこのくらいしなければ助からないと言います。

 

村田の思いは届くのか?

炭治郎が意識を失ってもなお、日輪刀をすごい力で握っていることに気が付きます。

その様子をみて、回復に力を注いだ方が、治りも早いかと考え、炭治郎の手から日輪刀を取ろうとします。

しかし炭治郎の力が強く、村田では刀を取ることができませんでした。

そうしていると炭治郎の脈が打つのを確認します。

村田は戻ってこいと懸命に炭治郎に声をかけつづけますが、また脈拍が弱くなってしまいます。

そこで村田が無惨が逃げてしまうと炭治郎に呼びかけた時、炭治郎の刀を握る力が一段と強くなり、無惨の毒によりふさがっていない方の左目が開きます。

 

無惨を追い詰めていく鬼殺隊

無惨との戦いを隠たちも隠れて様子を見ていました。

柱たちは赫刀にすることで攻撃力が上がり、さらにはカナヲ、伊之助、善逸も加わったことにより、鬼殺隊の方が優勢のように見えます。

無惨を倒すことができるかもと思えてきた隠たち。

悲鳴嶼の鉄球が無惨の脇腹に当たり肉をえぐっていき、無惨の表情も険しくなります。

そして実弥は伊之助が札を大量に持っていたため落ちたのか、その札を拾いおでこに貼り試してみます。

すると実弥の姿は消え、実弥は消えている伊之助とカナヲの姿を確認することができ、会話も聞くことができました。

伊之助は柱たちがした赫刀にしたいと言いますが、自分たちには難しいとカナヲになだめられます。

実弥は札のおかげで姿を消すことができたので、そのまま無惨に斬りかかります。

 

透き通った世界に入り突破口を見つける

そして悲鳴嶼は透き通った世界から無惨を見ます。

縁壱が見たように、無残には何個も脳と心臓があり、それらは動いていることがわかりました。

それらを全部同時に攻撃することが出来たら、無惨を斬り殺すことができるかもという仮定を立て、近くにいた伊黒にもそのことを伝えます。

伊黒も言われたように無惨をよく見ると、ほんの少し無惨が透き通って見ることができました。

しかし伊黒が透き通った世界に入ったとき、無惨が全方位に向けて広範囲に攻撃を展開します。

 

無惨一発逆転

その攻撃の後周りの様子はがらりと変わってしまっていました。

戦ったいた柱たちは吹き飛ばされてしまっています。

皆無惨の攻撃の衝撃により、周りの壁にめり込んだ状態になってしまっており、それぞれ負傷しているようです。

そしてカナヲは無惨との力の差を見せつけられて、膝をつき愕然とします。

無惨が目の前にいますが、カナヲは力が入らず動けません。

カナヲにとどめを刺そうと無惨が腕を振り上げます。

その時隠がカナヲを守ろうと飛び出しますが間に合いません。

カナヲも死を覚悟します。

 

炭治郎が復帰

無惨が腕を振り下ろそうとしますが、腕が斬り落とされます。

そこには炭治郎の姿がありました。

炭治郎はカナヲを抱え隠のところまで運びます。

カナヲは涙を流し、炭治郎の名前を何度も呼びます。

炭治郎は遅くなったことを謝ります。

愈史郎に治療をしてもらっていましたが、依然として右目は同じ状態でした。

炭治郎は無惨の前に立ち無惨を見据えます。

その目はいつもの優しい澄んだ目をしていました。

そしてもう終わりにしようと無惨に言います。

 

鬼滅の刃191話ネタバレ考察

前話では柱全員が赫刀にでき、カナヲと伊之助と善逸も合流しましたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

柱たちが無惨を倒す?

柱たちが全員赫刀にすることができました。

このことにより、無惨の治癒能力が落ちており、ダメージを受けているように思います。

このまま無惨を倒してしまうことができるのでしょうか?

それとも無惨には奥の手が残っているのでしょか?

このままいけば無惨を倒すことが出来そうな気はしますが、無惨の血の毒が再び柱たちを襲います。

そのため、愈史郎や禰豆子が到着することで、さらに有利な展開になることと思います。

また無惨は炭治郎に倒してもらいたいものですが、そのあたりはどうなるのでしょうね?

 

甘露寺は今後参戦してこない?

甘露寺は伊黒に助けられてから、出てきていません。

そのまま鬼殺隊員に手当を受けているのでしょうか?

伊黒が死んでしまう可能性もありますが、鬼殺隊員の制止を振り切って甘露寺が無理をして無惨と戦いに戻るかもしれません。

甘露寺も伊黒のことを想っていると思います。

そんな伊黒が自分を守って安全なところに避難させて、そのまま無惨のところに戻ってしまうなんて耐えられないのではないでしょうか?

甘露寺はもう誰も死んでほしくないと思っています。

もし甘露寺も戻ったとして、伊黒が危ない場面になったら自分が飛び込んででも助けると思います。

それは伊黒も一緒で甘露寺が危ないと思ったら、自分を犠牲にしてまでも助けるでしょう。

そんな二人だからこそこのまま生き残って幸せになってもらいたいものですが、お互いがかばって両方とも死んでしまう可能性も無きにしも非ずです。

今まで柱もここで?という場面で殺されてきました。

そんな悲しい結末が待っているかもしれませんので、次の話は心して読まないといけなくなるかもですね。

 

愈史郎はまだ瓦礫の中?

カナヲ達は札の力で姿が見えないまま無惨に攻撃していました。

また柱たちに放たれた血清も愈史郎のおかげなのでしょうか?

これらのことは愈史郎が助けられていると考えてもいいかもしれませんね。

伊黒は甘露寺を鬼殺隊員に任せるときに、愈史郎を探すように言われました。

鬼殺隊員は言われたように、愈史郎を探しに行くことと思います。

また炭治郎を守っていた村田も別の鬼殺隊員に愈史郎が瓦礫に埋まってて助けるのを手伝ってほしいと言われ、一緒に向かっています。

そのことから、村田をはじめ他の鬼殺隊員も愈史郎を救うために集まってきているのではないでしょうか?

そのおかげで愈史郎はそろそろ救出されるのではと思います。

そのことにより、炭治郎や甘露寺の手当てもでき、戦力として戻ってくるかもしれませんね。

名前は何度か出てきていますが、無限城が地上へ出てからは姿は見ていません。

無事な姿を見たいものですし、また活躍してくれることを期待しています。

 

まとめ

鬼滅の刃(きめつのやいば)本誌前話190話では柱が全員赫刀にすることができ、無惨に対抗できるようになってきました。

191話ネタバレ最新話確定速報としてお届けしてきました。

ついに愈史郎が助けられ炭治郎が目を覚ましました。

炭治郎以外はもう戦えないような状態になってしまい、カナヲが死を覚悟したその時炭治郎が現れ助けます。

炭治郎と無惨との戦いとなると思いますが、これからどうなるのでしょうか?

次の話も見逃せませんね。

以上、「【鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ191話最新話確定速報】炭治郎復活で無惨と再び対峙」と題しお届けしました。

>>鬼滅の刃の最新刊を無料で読む方法<<

Pocket
LINEで送る