鬼滅の刃

【鬼滅の刃197話ネタバレ】珠世や炭治郎他鬼殺隊士の執念で無惨を追い詰める!

【鬼滅の刃ネタバレ最新話197話確定】禰豆子が人間に戻り無惨に食われる?
Pocket
LINEで送る

2020年3月9日(月)発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の鬼滅の刃(きめつのやいば)本誌197話のネタバレ最新確定速報をお届けします。

前話196話では禰豆子が今までの記憶がよみがえり、人間に戻ったような感じでした。

禰豆子はもう鬼ではなくなったのでしょうか?

そして珠世の薬のおかげで、無惨が血を吐き、細胞が破壊されています。

このことで無惨を倒すことができる可能性が高まってきましたね。

無惨を倒すことができるのか、禰豆子はどうなるのか今後の展開も見逃せませんね。

今回は「【鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話197話本誌確定速報】禰豆子が人間に戻り無惨に食われる?」と題し紹介していきます。

>>最新刊を無料で今すぐ読む<<

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話197話考察

前話では禰豆子が人間に戻り、無惨が細胞破壊していましたが今後どうなるのでしょうか?

考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

炭治郎は無惨を倒すことができる?

日の呼吸十三の型が、すべての型を繋げたものだと炭治郎は理解し、珠世、縁壱のおかげで突破口が見えてきました。

さらには伊黒も戦線に復帰し、無惨を押しています。

しかし無惨は自分の置かれた状況が不利と見ると、一目散に逃亡しました。

2人は無惨に追いつきさらに追撃を試みます。

隙があれば無惨は逃げていくかと思われましたが、珠世の薬によって、細胞分裂ができず、縁壱の時のように逃げることは難しそうです。

ですが、現状逃げるしかないような状況ですが、無惨は逃げることを選ぶのでしょうか?

その隙を作らず縁壱が付けた傷に、日の呼吸十三の型を打ちこむことが出来たら倒せる可能性もあるのではないでしょうか?

 

炭治郎たちが柱になる?

悲鳴嶼と義勇は足や腕がない状態ですので、もしかしたら宇髄のように柱を引退するという可能性も出てきてしまいました。

今回は愈史郎がいますので、もしかしたらくっつけることもできるかもしれません。

ですが、もしできなかった場合は同じように引退となるでしょう。

そうなってくると柱を補充しなければいけません。

そこで炭治郎や炭治郎の同期のカナヲ、伊之助、善逸が柱に昇格するかもしれませんね。

今回の戦いでの功績から十分に考えられることだと思います。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)最新話197話への感想・予想ツイート

以下が鬼滅の刃197話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話197話確定速報

鬼滅の刃最新話197話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

珠世の薬が無惨を追い詰める

珠世は無惨に絡みつくようにして、無惨に言います。

無惨より強くなる必要はなく、弱くすればよかった、無惨を殺すために手段を選ばないと。

無惨は何とかこの不利な状況から抜け出そうと考えていました。

元々赫刀であっても効かないと思っていました。

どの鬼殺隊士の赫刀も縁壱の赫刀に比べればたいしたことはなく、修復にも影響は出ないはずでした。

しかし珠世の作った薬によって、今までなら無傷であったであろう攻撃が、4つの効果により有効な攻撃となってしまったと無惨は分析します。

 

無惨の体が変化?

珠世の薬のおかげで無惨の動きが止まっていたため、炭治郎と伊黒はチャンスだと切り込みます。

しかし無惨の攻撃が炭治郎、伊黒に当たり、吹き飛ばします。

無惨の方から腹にわたって口のような穴と周りに牙のような爪のようなものが現れていました。

この口から衝撃破が出て、炭治郎たちは吹き飛ばされてしまったようです。

炭治郎はその攻撃により肺がつぶれ呼吸をすることが難しい状態になり、痙攣も起こしてしまいます。

この間に無惨が逃げてしまうことを恐れますが、ここに伊之助が戦線に戻ってきて、無惨に攻撃します。

伊之助は自分たちを守るために悲鳴嶼と義勇がかばって足と腕を切断されたことを言います。

周りには仲間の遺体が転がっています。

全部返せと炭治郎は怒ります。

 

伊之助と善逸が炭治郎を鼓舞

伊之助は無惨を攻撃しますが、噛みつかれて負傷します。

そんな時善逸も現れ、炭治郎に言います。

生きることだけを考えろと。

禰豆子を人間に戻して平和に暮らすのだろと炭治郎に檄を飛ばします。

そんな善逸の言葉を聞き何とかしないといけないと炭治郎は考えます。

無惨の血による毒で神経がやられているならそれを元に戻せばいいんだと、太い血管と急所を避けて日輪刀を自分の肩あたりに突き刺し毒を抜こうと試みます。

 

鬼殺隊の執念を無惨は感じる

その頃無惨は体が重くなり、腕も上がらないといった状態になっていました。

柱と炭治郎たちを何度も潰したと思っても立ち上がって、また挑んでくる事に疑問を持ちます。

なぜ立ち上がってくるのだと。

さらには愈史郎たちの治療により、実弥、悲鳴嶼、義勇も立ち上がってきます。

義勇は片腕のないまま、悲鳴嶼は足がないまま、鎖を咥えて向かってきます。

その執念に無惨は恐怖します。

自分を殺すまで立ち上がってくるのではと考えるほどに。

 

鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話197話確定速報まとめ

鬼滅の刃(きめつのやいば)本誌前話196話では禰豆子が人間に戻り、珠世の薬によって、無惨の細胞が破壊されていました。

このことから戦況はだいぶ炭治郎たちの優勢になっていると思われます。

最新話確定速報として197話のネタバレをお届けしました。

珠世の薬が効いているようですが、無惨も簡単には倒せませんね。

もう復帰は難しいと思われていた、悲鳴嶼、義勇も再び戦いに戻ろうとしていますが、大丈夫なのでしょうか?

全員で無惨と戦うこととなりそうですが、今後どうなっていくのでしょうか?

次の話も見逃せませんね。

以上、「【鬼滅の刃(きめつのやいば)ネタバレ最新話197話本誌確定速報】禰豆子が人間に戻り無惨に食われる?」と題しお届けしました。

>>鬼滅の刃最新話はどうなる?<<

Pocket
LINEで送る