キングダム

キングダムが報知映画賞2019年に選ばれる?どの部門で誰がノミネートされている?

キングダム 報知映画賞 2019年 ノミネート作品 実写映画 
Pocket
LINEで送る

人気漫画キングダムが2019年4月実写映画化され大ヒットとなり、話題になりました。

また2020年にはアニメの3期も始まることが発表され、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。

その映画キングダムが報知映画賞にノミネート作品に選ばれました。

キングダムの作品の他にも4部門でノミネートされています。

今回は「キングダムが報知映画賞2019年ノミネート作品に選出!実写映画が4部門で候補に?」と題し、報知映画賞にノミネートされたキングダムについて紹介していきます。

 

報知映画賞ってなに?

今回キングダムがノミネートされました報知映画賞とは何でしょうか?

まず報知映画賞について紹介していきます。

報知映画賞は報知新聞社が主催する映画賞で、対象映画は日本で公開された映画で、1976年に設立され今年で44回目を迎えます。

報知新聞社と言われてもあまりなじみがないかもしれませんが、読売新聞グループの新聞社でスポーツ報知やスポーツの雑誌などを出版しています。

この賞はファン投票から、各部門ごとにノミネートし、その中から選考委員会が決定します。

2019年今年の投票は10月31日で締切られており、発表は11月下旬となります。

去年の受賞作品はそれぞれ、作品賞「孤狼の血」、海外作品賞「ワンダー 君は太陽」、 アニメ作品賞「名探偵コナン ゼロの執行人」です。

話題になったところでいえば「検察側の罪人」で二宮和也が助演男優賞に選ばれジャニーズ2人目と話題になりました。

また特別賞に「カメラを止めるな!」が選ばれ話題になってましたね。

 

キングダムが報知映画賞2019年ノミネート作品に選出!

その報知映画賞2019年の作品賞にキングダムもノミネートされました。

今回候補映画が132作品もの中からノミネートされたのが16作品でその1作品がキングダムです。

130を超える映画の中から、選ばれたのですから、キングダムはやはりすごい人気だったのですね。

キングダムの他にも以下の映画がノミネートされていました。

  • マスカレード・ホテル
  • 半世界
  • 翔んで埼玉
  • 愛がなんだ
  • コンフィデンスマンJP ロマンス編
  • さよならくちびる
  • アルキメデスの大戦
  • 火口のふたり
  • 劇場版おっさんずラブ LIVE or DEAD
  • 引っ越し大名!
  • 記憶にございません!
  • 宮本から君へ
  • 蜜蜂と遠雷
  • 閉鎖病棟 それぞれの朝
  • ひとよ

 

報知映画賞各部門でもキングダムがノミネート!

上の作品賞の他にも「監督賞」、「主演男優賞」、「主演女優賞」、「助演男優賞」、「新人賞」、「作品賞・海外」、「アニメ作品賞」があります。

作品賞以外にこの中でキングダムは3つノミネートされています。

それぞれ紹介していきますね。

 

監督賞に佐藤信介監督がノミネート

監督賞にキングダムの佐藤信介監督がノミネートされました。

佐藤信介監督と言えば最近は漫画の実写化を多く手掛けていますね。

今回のキングダムのほかにも「GANTZ」「アイアムアヒーロー」「デスノート Light up the NEW world」「いぬやしき」「BLEACH 死神代行篇」と連続で作ってます。

「いぬやしき」や「BLEACH」などアクションで手腕を発揮してきたが、今回のキングダムでもそのアクションはよかったのではないでしょうか?

また原作ファンから、公開前はあまり期待はされていなかったようですが、それぞれのキャストもキャラクターを見事に再現されていました。

またスケールの大きいキングダムをいかに実写で表現するのかが課題となっていましたが、それも原作ファンも納得のスケールの大きさ、アクションだったのではないでしょうか?

 

助演男優賞に吉沢亮がノミネート

助演男優賞には嬴政役の吉沢亮がノミネートされました。

最近では朝ドラ「なつぞら」では重要な役を務め、映画「空の青さを知る人よ」で初声優にも挑戦、 大河ドラマ「青天を衝け」の主演が決まっています。

今勢いに乗っている吉沢亮ですが、キングダムでも嬴政役を見事演じていました。

あまり知らなかったのですが、「銀魂」で沖田総悟役を見て、演技がよかったと思ってましたが、今回の嬴政もよかったです。

今後も活躍していく俳優だと思います。

 

助演女優賞に長澤まさみがノミネート

助演女優賞にはキングダムで楊端和役を演じました、長澤まさみがノミネートされました。

マスカレード・ホテルとキングダムの両方から助演女優賞ノミネートとなっています。

長澤まさみは佐藤信介監督作品の「アイアムアヒーロー」、「BLEACH 死神代行篇」にも出演していますね。

佐藤信介監督に気に入られたのでしょうか?

キングダムの実写化で一番話題になったのは長澤まさみではないでしょうか?

「山界の死王」楊端和をどのように演じるのか注目されていましたが、漫画に負けない美しさと強さを兼ね備え、見事に演じていたと思います。

はまり役過ぎる
かっこよすぎる

といった絶賛の声がツイッターでも見られました。

 

キングダムが報知映画賞にノミネートされツイッターでの反応

キングダムが報知映画賞にノミネートされてツイッターでも多くの喜びの声が上がってました。

やはり好きな作品が賞にノミネートされるとうれしいものですね。

中には山崎賢人も主演男優賞に選ばれてほしかったという声もありました。

助演男優、女優賞にノミネートされるなら、主演も飾ってほしかったですね。

信役もハマっていたように感じていたので、残念ですね。

ただ4部門でノミネートされたことはうれしい限りですね。

映画の続編もやってもらいたいものです。

以下がツイッターの声の1部です。

 

キングダムが報知映画賞2019年ノミネート作品に選出まとめ

原作漫画が人気のキングダムですが、実写化された映画でも人気が爆発し、さらに人気となったキングダムですが、今回2019年の報知映画賞にノミネート作品に選ばれました。

作品賞を含めた4部門でノミネートされるのは原作漫画で実写映画化された作品の中では珍しいのではないでしょうか?

このまま賞に選ばれるといいのですが、そこまでは難しいのでしょうか?

映画のブルーレイ、DVDも11月6日に発売されたばかりですが、アニメの3期も決まり、漫画も今いいところでキングダムの話題が止まりませんね。

今後も映画の続編が出ることを楽しみにしつつ、報知映画賞受賞を願いましょう。

以上、「キングダムが報知映画賞2019年ノミネート作品に選出!実写映画が4部門で候補に?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る