キングダム

【キングダム646話ネタバレ】李牧が解放されるが遷が趙王になり趙の行く末は?

【キングダム最新話646話ネタバレ速報】李牧が解放されるが遷が趙王になり趙の行く末は?
Pocket
LINEで送る

2020年7月2日(木)発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム645話のネタバレ考察をお届けします。

前話キングダム645話では、李牧が解放され、新しい趙王が決まりました。

太子嘉ではなく、新王してついた遷、彼は一体どんな人物に描かれるのでしょうか?

また、解放された李牧ですが、今後また牢に入れられてしまうのでしょうか?

キングダム646話もどんな展開になるのか楽しみですね。

今回は「【キングダム最新話646話ネタバレ速報】李牧が解放されるが遷が趙王になり趙の行く末は?」と題し紹介していきます。

李牧が解放されたキングダム645話ですが、ここで趙の動向を振り返ってみませんか?

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、キングダム単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにキングダム無料で読むことができます。

さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐキングダムを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

キングダム646話ネタバレ考察

キングダム前話ではついに李牧が解放されました。

しかし、次期王に就いたのは、趙国期待の太子嘉ではなく、遷という見るからに狂っている者です。

この先、李牧の運命は!?

また、趙国は一体どうなってしまうのでしょうか?

 

キングダム646話へのツイッターの予想・感想

以下がキングダム645話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダムネタバレ646話

キングダム最新話646話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダムネタバレ646話|嘉は命を狙われる?

李牧達」は、遷が王位を継いだことを郭開のたくらみだと疑い、せっかく嘉が王位を継ぎ、趙はここから立ち直る時だったのにと嘆きます。遺言の不正を明らかにしようと話し合っています。

しかし、李牧がそんなゆっくりと話している暇はないと言った次の瞬間、李牧達を大量の矢が襲います。

李牧は嘉太子を、そしてカイネは李牧を守ります。

暗殺者にたいし、誰が送ったのか吐けと叫ぶものもいます。

李牧は聞く必要もないと、衛兵は全滅したようだが、強行突破をするといい、敵を撃墜しました。

 

キングダムネタバレ646話|蒙恬が李牧に同情?

一方、秦軍は野営の準備をしています。

「太子嘉ではなく、末っ子が王位に就いただと!?」

信が叫びます。

「それはほんとうですか?」

と河了貂も聞きます。

蒙恬はその報告が先ほど届いたことを話します。邯鄲があれる可能性があるため、前線をまた上げるかもしれないと話します。

蒙恬の言うことにピンとこない信は、どういうことか聞きます。

すると、河了貂が「兄弟争いだよ」と答えます。

過去の嬴政のように、邯鄲は今内乱が起ころうとしているのです。

あの時もたくさんの血が流れたことを、河了貂はこわばった顔で話します。

それを聞いた信も神妙な顔になります。

蒙恬は、最初から遷に王位があたえられていたのなら、話は別だが、今回はそうではない、王位継承にはゆがみが生じているので、歴史上から見ても内乱が起こるだろうと話します。

それと同時に、李牧の今後の未来を考えると、さすがに同情すると話します。

 

キングダムネタバレ646話|郭開の思惑と逃げる太子嘉

邯鄲では郭開が次々と反逆者になりえるものを、一族事消し去ていました。

さらに、郭開の指示のもと、太子嘉の首を持ってくるようにいう。

しかし、太子嘉は李牧の庇護のもと逃げたことを話すと、郭開はだからこそ、何が何でも人気のある太子嘉と李牧を葬らねばならないと怒り気味に言うのである。

一方、太子嘉はこの現状に意気消沈している。

太子嘉に対し、時がくるまで、何とか生き延びるよう、もし太子嘉がなくなってしまったら、その時こそ趙に希望の光がなくなってしまう。お供するので、なんとか生き延びてくれと話す李牧。

そこへ、カイネが慌てて入ってきた。敵が来たのである。

李牧たちは自分たちの5倍はある兵と戦う。太子嘉の乗った馬車を守るが、敵が狙ているのは太子嘉だけではない。そう、李牧も標的の一人なのだ。

李牧を見つけた敵の兵は、李牧を殺せば一生遊んで暮らせるような恩賞があるという。

腕に矢をうけてしまう李牧、怒りながら敵に立ち向かうカイネ。

李牧達は仲間の半分を失いながらも、何とか脱走に成功した。

 

キングダムネタバレ646話|希望を失う2人

太子嘉を安全な場所に送り届けた李牧は、太子嘉と別れます。

別れ際、太子嘉は崩れ落ち「終わりだ…」と、父よりも小悪な遷が王位を継ぐことになり、趙は終わったと言います。

そして、李牧に「許してくれ」と泣きながら謝るのです。

その姿を李牧は生気のない顔で見つめます。

その夜、李牧とカイネは李牧のテントの中で話しています。

邯鄲の状況を報告しようとしたカイネをとめ、李牧は明日にしてくれと頼みます。

太子嘉の王位継承は今は無理だという李牧。うなだれる李牧の口から「少しつかれました」と弱音が出ます。

それを聞いたカイネは涙があふれだし、思わず泣き崩れそうになりますが、こらえて「申し訳ありません」とテントから出ようとします。

そんなカイネの名前をよび、カイネの足を止めると、もう少しだけ一緒にいてくれないかとという李牧。

カイネは何とも言えない表情になると、李牧に後ろから抱きつきずっと傍にいますと何度もいうのです。

 

まとめ

最新話キングダム645話では、李牧が無事に解放されたものの、待望の趙王嘉ではなく、なんと遷が王の座についてしまいました。

そして今回キングダム最新話確定速報としてネタバレを紹介してきました。

キングダム646話では、郭開と遷により邯鄲を追われることになった太子嘉と李牧。

あまりの展開に2人の趙国の希望の光は、消え失せそうなほどです。

太子嘉と李牧の運命は一体どうなってしまうのでしょうか?

秦軍はこの内乱を利用し趙に攻め入るのでしょうか?

そして李牧とカイネの気になる関係は?

今後のキングダムも目が離せませんね。

以上「【キングダム最新話646話ネタバレ速報】李牧が解放され遷が趙王に、趙の行く末はどうなる?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る