キングダム

【キングダム652話ネタバレ】劣勢の秦軍は蒙武と騰は什虎城をどう攻める?

【キングダムネタバレ652話最新話確定速報】劣勢の秦軍は蒙武と騰は什虎城をどう攻める?
Pocket
LINEで送る

2020年9月3日(木)発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム652話のネタバレ考察をお届けします。

前話キングダム651話では、月知平原に秦軍、そして楚軍の役者が出そろいました。

猛威を振るう蒙武、それに引けを取らない満羽、そこが知れない千斗雲、終始冷静な寿胡王。

そして、秦の援軍として現れた騰、楚の援軍として現れた項翼と白麗。

什虎城の戦いはどうなっていくのでしょうか?

呉鳳明は参戦するのでしょうか?

キングダム652話もどんな展開になるのか楽しみですね。

今回は「【キングダム最新話652話ネタバレ確定速報】劣勢の秦軍、蒙武と騰は什虎城をどう攻める?」と題し紹介していきます。

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、キングダム単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにキングダム無料で読むことができます。

さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐキングダムを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

キングダム652話ネタバレ

前回のキングダムでは、月知平原での戦いが本格的に開戦しました。

満羽の実力は蒙武に引けを取らず、千斗雲の実力はまだ見えてきません。

そんな中、騰の登場で秦にも希望が見えたように思えましたが、禍燐の援軍である項翼と白麗が到着してしまいました。

呉鳳明は什虎城戦に参戦するのでしょうか?

今後のキングダムの考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

キングダム652話ネタバレ考察|呉鳳明はくる?

魏からの返答がもらえぬまま、出陣した蒙武。

楚軍は什虎城の満羽、千斗雲、玄右、寿胡王の軍8万、禍燐の援軍である項翼と白麗の軍3万の計11万。

それに対して、秦軍は蒙武軍3万と騰軍2万の計5万。

兵力差は2倍以上です。

目の前の敵を叩き、什虎城を落とすにはなかなかハードな戦いが予想されますね。

さてここで重要になってくるのが呉鳳明の参戦です。

くるか来ないかの返答もまだの呉鳳明ですが、騰がこの戦場に現れているということは、魏はこの同盟をのんだと考えられます。

前回も書きましたが、頭の切れる呉鳳明です。

魏の血が少しでも流れないよう、戦いが終盤に差し掛かったころに現れるのではないでしょうか。

 

キングダム652話ネタバレ考察|魏は同盟をのむ!?

上でも少し書きましたが、今回、魏は秦の同盟をのむと考えられます。

というのも、この後、史実上で李牧が将軍に復活するとあるからです。

李牧が将軍に戻ることは、すなわち趙が危うくなるといること。

秦が趙をおす展開になるには、魏との同盟は不可欠です。

魏は今回の戦いにより什虎城を手にした代わりに、秦が趙を攻める時間を与えるでしょう。

長いことどこも動けなかった戦場ですが、什虎城の戦いを機に、李牧の力なしでは立て直せないと郭開が思うほど、趙は危うくなると予想できます。

什虎城戦と同時並行で動いていきそうな、対趙戦も目が離せませんね。

 

キングダム652話ネタバレ考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム650話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダム652話ネタバレ

キングダム652話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム652話ネタバレ|楚の援軍到着で秦軍ピンチ!

魏との共闘を企み攻め込んでいる什虎城ですが、魏軍は現れず代わりに楚の援軍が来たことで窮地に追い込まれる秦軍。

2万から3万はいるようで不利だった戦力差がさらに開いてしまいます。

項翼、白麗の軍勢はまずは手前にいる録鳴未軍を蹴散らすべくそのまま参戦します。

騰と録嗚未の2万の援軍でバランスを保てたと思った秦軍は、突如として右手から出現した項翼と白麗の3万の軍勢に慌てます。

そして項翼は、援軍としてきたものの、少なすぎる秦軍を嘲笑います。

白麗は、少なくても相手は騰だ侮るなと冷静に言いますが、項翼は蒙武の前に騰の首を飛ばす臨武君の仇だと一直線に飛び出しました。

これで録嗚未軍は下手に動けなくなり後退を開始しました。

 

キングダム652話ネタバレ|本陣でも退却の指示!

本営の蒙毅は、これを見て勝負にならないと全軍退却を決めて、録嗚未軍が白麗と項翼の軍を引き受けている間に蒙武の本隊を撤退させようとします。

退却の太鼓が鳴り響く中、騰軍にも退却命令が伝わりますが、騰は中央軍に突撃して蒙武の退却を助けると判断します。

干斗雲軍と相対していた録鳴未軍ですが、白麗の遠弓隊による遥か遠い間合いから放たれた矢を受け、さらにそこに項翼が騎馬隊を率いて突撃してきたことで、録鳴未は全軍後退しました。

本陣にいる蒙毅もまたあの三万の出現により、もはや戦にならなくなったと判断します。

戦になるように全体で立て直さなければならないとして全軍退却を指示していました。

本陣から退却の鐘が鳴り響き、騰は敵中央軍へ攻め込み蒙武の脱出を助けようと動き出します。

しかし相対していた玄右軍によって阻まれてしまうことになります。

退却の鐘を聞いた蒙武軍もまたその場から動けなくされており、このままでは全滅の可能性も出てきていました。

本陣にて指揮をとる寿胡王はまたしても1/10の力しか出さずに勝ってしまうと、ため息をついていました。

我ら4人がいる限り什虎は落ちぬと言います。

 

キングダム652話ネタバレ|魏軍がついに到着!

ですが寿胡王がお茶を飲もうとしたその時、また別の馬の蹄の音が月知平原の大地に鳴り響きました。

魏軍が到着したのです。

各将達もその事に気付き動きを止める中、姿を見せたのは呉鳳明率いる魏軍で、蒙武本陣では援軍に歓喜の声をあげていました。

秦と魏が同盟を結んでいるとは夢にも思わない楚兵は慌てていますが、
寿胡王は笑いました。

さて、魏軍が秦に加勢と知った千斗雲は、魏軍に対処せよという寿胡王の命令も聞こえないように、馬上で再び鼻血を出しそうになり、秦と魏と2人同時にやっちゃっていいの?と悶えています。

しかしそうした中、蒙毅はまだ魏が同盟を受けたと正式な言葉を聞いていない事から、とにかく今すぐ使者を魏軍へと送ろうとします。

 

キングダム652話ネタバレ|3年間の魏との同盟

そこへ魏軍から使者が来たとの報告がきました。

使者として本陣を訪れたのは、呉鳳明の側近の一人である将軍・荀詠でした。

荀詠は呉鳳明の言葉を伝えに来たとして、主からの言葉を告げます。

秦軍・魏軍で共に戦い楚軍を倒す、挟撃でそちらに合わせてやるから自由に戦えとのことでした。

驚きと共にその言葉を受け取った蒙毅だが、荀詠に本当に魏国は同盟を受け入れたのか尋ねます。

それを聞き”三年”だけだぞと言い去っていきます。

使者として送った荀詠が戻ったとの報告を受けた呉鳳明は、不本意だが秦軍と共に戦い楚軍を倒すと、全軍に展開するよう命令を下すのでした。

 

キングダム652話ネタバレまとめ

前話キングダム651では、秦軍と楚軍の役者が出そろいました。

蒙武と互角と思われる満羽、得体のしれない千斗雲、策が読めない寿胡王。

騰の実力は信頼できるものの、函谷関の戦いから実力を伸ばしているであろう項翼と白麗が援軍として登場します。

そして今回最新話確定速報としてキングダム652話のネタバレを紹介しました。

楚の援軍によりさらに不利になっていた秦軍ですが、魏の援軍がついに到着。

ギリギリのところで、持ち堪えました。

3年だけの秦と魏の同盟のようですが、これからどうなっていくのでしょうか?

これから秦と魏が共闘して什虎城を落としていく事になることと思いますが、どうなるのか楽しみですね。

次回のキングダムも見逃せません。

以上「【キングダム最新話652話ネタバレ確定速報】蒙武は什虎城をどう攻める?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る