キングダム

【キングダムネタバレ660話最新話確定速報】什虎カルテットの真実‼︎

Pocket
LINEで送る

2020年11月12日(木)発売号のヤングジャンプに掲載予定のキングダム660話のネタバレ最新話確定速報をお届けします。

前話キングダム659話では、蒙武と満羽は激しい戦いを繰り広げたものの、満羽が一時撤退という形ではあるが、一時休戦しました。

千斗雲、玄右も本陣の異変に気付き撤退した模様です。

そして秦軍の謄が楚軍本陣急襲からのまさかの寿胡王を生け捕り。

呉鳳明の魏軍の助攻、秦軍の主攻が見事にハマる形になりましたね。

キングダム660話もどんな展開になるのか楽しみですね。

今回は「【キングダム最新話660話ネタバレ確定速報】城を失った什虎軍はこれからどうする?」と題し紹介していきます。

これまでの話を読み返したいと思われる場合は、キングダム単行本を電子書籍でお得に読みましょう。

電子書籍でしたら売り切れも気にせず、外に出ることなくすぐにキングダム無料で読むことができます。

さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。

今すぐキングダムを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。

前回キングダム659話では、呉 鳳明が楚軍の戦力を冷静に分析し、自軍の魏軍を助攻、秦軍の突破力を認めて主攻とする事で楚軍本人を急襲を成功いたしました。

そして蒙殻がもの凄い顔で驚く早さで魏軍の別働隊が什虎城をすでに陥落させてました。

しかし謄も鳳明もまだまだ気を緩める事ないの表情、何故なら、楚軍には満羽、玄右、千斗雲が健在だからです。

謄が捉えた寿胡王が語る、什虎軍の本当の真実とは?

いよいよ秘密の過去が明かされて行きますね。

今後のキングダムの考えられる展開を紹介していきたいと思います。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|什虎軍、郢へ撤退‼︎

什虎城攻防戦では、見事に呉鳳明の戦略により什虎軍は本陣陥落、什虎城も落城してしまいました。

楚軍はまだまだ戦力を残してはいるものの、守るべく物をほぼ同時に秦、魏の同盟軍に奪われてしまいました。

楚軍は将軍達、満羽、玄右、千斗雲、項翼、白嶺とはほぼ皆健在です、唯一寿胡王が生け捕りされたぐらいです。

什虎城も開戦前に満羽と寿胡王の会話の中で5000の兵で足りると言ってましたが、結果はあえなく落城、、、油断、甘く見過ぎでしたね。

寿胡王は今の所活躍出来てません、今後何を語るのか?

とはいえ戦力だけを見ればまだまだ余力がある楚軍です。

ここで無闇に策もなく戦うのではなく、冷静に楚国の王都、郢まで一度軍を引き戻すのではないでしょうか?

または郢まで行かなくも楚国には雄大な土地、まだまだ拠点となるべく場所は残ってます。

楚国はまだまだ隠した秘密、力も残されております。

もっと項翼や白嶺の活躍を見たいですが、今回は分が悪いと見て軍を一度撤退するでしょう。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|満羽過去明らかに?

満羽が失った物、蒙武がまだ失ってない物とは?

蒙武がまだ失ってない物とは、間違いなく、友の昌平君の事でしょう。

満羽は蒙武が失ってから再戦を望むという事は、まさにいずれ来る、楚国を壊滅させる時でしょうか?

その時まで二人の決着はつかない事を暗示してるようにさえ感じます。

しかしこれほどまでに満羽達を大事に?秦国、将軍達のライバル扱いをはっきり描くという事は後に行われる大戦をより鮮明に思いを含めて描くからでしょう。

生け捕りにされた寿胡王は何故に蒙武に満羽達の過去を語りたがるのでしょうか?

きっと敵国の将軍といえど、自国の汗明大将軍を打ち破った蒙武を認めているからでしょう。

楚国に吸収される前は、満羽も玄右も千斗雲達も大国の大将軍達でした。

秦軍も魏軍も苦戦した什虎軍です、当然楚国もかつての大国というのを落とすには一筋縄では行かなかったと思います。

純粋な武力だけではなく、策や戦略戦術はもちろんですが政治も絡んでいたのではないでしょうか?

満羽は失うと表現しておりますが、裏切りに近い形、不当な扱いを受けた挙句に戦は大敗、そして自国も滅んでしまったのではと感じます。

寿胡王はこの先一体何を語るのか?

寿胡王は知略として出なく、語り部として大活躍は間違いないでしょう。

 

キングダムネタバレ660話最新話考察|ツイッターの予想・感想

以下がキングダム659話を読んでの感想、予想をしていたツイートの一部です。

 

キングダムネタバレ660話最新話確定速報

キングダム660話の内容がわかりましたので、文字のみでお届けします。

ここからネタバレを含みますので注意してください。

 

キングダム660話ネタバレ|蒙武と寿胡王会敵‼︎

前話キングダム659話で謄に捕縛された寿胡王は蒙武に話たい事があると告げてました。

そして660話では戦場から戻ってきた蒙武、録鳴未、そして蒙殻や謄の前でかつての什虎城の事、そして満羽、千斗雲達の事を語り出します。

寿胡王は何を思って敵国の蒙武達に語るのか?

何故蒙武を指名したのか?

それは本来満羽なら勝つはずだった戦を、心に変化を感じ勝ちきる事が出来なかったきっかけの相手、蒙武と話たかったからです。

満羽の真実とは?

什虎カルテットとは?

 

キングダム660話ネタバレ|什虎城軍の過去が判明‼︎

かつて満羽や千斗雲達は大国楚国に隣接する国の大将軍でした。

満羽は楚国に攻められるも、戦場では負けなしの大活躍で自国からも英雄扱いで国民からも人気がありました。

まだ若い青年からも熱烈な声援を受けてました。

しかし、満羽の国のトップ達は楚国の侵略を恐れて降伏した方が良いのではないかと悩んでおりました。

満羽は戦いが苦しいかも知れないが、千斗雲がいる隣国と同盟を結び楚国に挑めば戦えると提案します。

しかし国のトップ達は満羽がいない時に楚国に降伏を決めてしまいました。

それでも戦場にいる満羽軍には楚国軍が攻めてくるので満羽軍は楚国軍を全滅させ勝利を収めてました。

 

キングダム660話ネタバレ|満羽の絶望‼︎

楚国に勝利を収めて自国に戻ろうとした時にふと、倒した楚国軍の兵士の顔が見えました。

それはかつて、自分に熱烈な声援を送ってくれた青年でした。

なんと自国の国民が楚国に寝返った後、楚国の兵士として戦場に加わってたのです。

満羽は自国の国民を守ろうと必死になって戦ってたはずが、気づけば自国の国民と戦っていたのです。

戦争で戦って倒した沢山の骸を前に満羽は絶望にひしがれます。

満羽は何を守ればいいのか、自分が信念をかけて守ってきた物とは?

千斗雲や玄右も満羽が感じたものとほぼ同じ環境だったようです。

 

キングダム660話ネタバレ| 寿胡王の思い。

満羽は沢山の思い、気持ちを失い満羽自身も楚国に降伏するのでした。

秦軍の将軍達、蒙武、謄、録鳴未達は最後まで話終えるの聞いてました。

全てを話終えた寿胡王は自ら秦国に首を差し出すような事を言ってます。

満羽達への遺言を残してます。

そして次週キングダム661話へと続きます。

 

キングダムネタバレ660話最新話確定速報まとめ

前話キングダム659では、

まさかの寿胡王の生け捕り、しかし什虎カルテットの4人はその目に灯火は宿ったままでした。

そして電光石火の勢いで鳳明の戦略により什虎城を落としました。

寿胡王は蒙武に話たい事があると謄に告げました。

そして最新話速報としてキングダム660話のネタバレを紹介してきました。

キングダム660話では、とうとう什虎軍の真実が寿胡王より語られました。

満羽達のかつての自国で起きた悲劇を守ってたはずの国に裏切られ守る物、自分の信念が揺らいだ満羽達、そして千斗雲達とのお互いを認め合った強さの絆。

全てを失ったはずの満羽の心に変化を与えた蒙武と話す事で寿胡王が感じた事。

この戦いはこれから後に繰り広げられる秦国と楚国の前哨戦のように感じました。

そして最後に寿胡王が告げる遺言とは?

戦いの終わった後も余韻の残すキングダムまだまだ目が離せませんね。

以上「【キングダム最新話660話ネタバレ確定速報】城を失った什虎軍はこれからどうする?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る