ワンピース

ワンピースの古代巨人族の失敗作ナンバーズとは?パンクハザードの子供たちから作った?

ワンピースのナンバーズの正体は古代巨人族の失敗作?パンクハザードの子供たちから作った?
Pocket
LINEで送る

大人気漫画「ワンピース」では、現在ワノ国編が大盛り上がりで、遂にカイドウたちとの全面戦争が始まりますね。

カイドウサイドの強力な陣営の1つが、過去に登場したオーズと並ぶ、古代巨人族の大きさを誇るナンバーズの正体を確かめたいと思います。

ナンバーズの正体はパンクハザードで行われてた、巨人族の実験の失敗作なのでしょうか。

今回徹底的に調べたいと思います!

今回は「ワンピースのナンバーズの正体は古代巨人族の失敗作?パンクハザードの子供たちから作った?」と題しお届けします。

>>ワンピースの最新話はどうなる?<<

 

ワンピースのナンバーズの正体は古代巨人族の失敗作?

前々からナンバーズという存在は、八茶が出てきてから判明しました。

体が非常に大きく、角が生えていますが、頭が少し普通じゃない特徴を持っています。

まだまだ謎な部分が多かったのですが、最新のジャンプ40号で他のナンバーズが登場しました。

さらに正体まで明らかになりました。

ナンバーズは「パンクハザード」から、買い取ったいう「古代巨人族」の失敗作と、ビックマムから説明されました。

今回はお酒が入っていることで、仲間から恐れられるほど、周りが制御出来ていない様子でした。

また、名前に数字が入っていることから、カイドウの元には10人程度いるのかなと予想されています。

 

ワンピースのナンバーズはパンクハザードの子供たちから作った?

パンクハザードは元々は政府の研究施設でしたが、4年前に実験を失敗し、爆破してしまい、毒ガスまみれになってしまいました。

その実験は元政府の実験班のシーザー・クラウンが原因とされています。

元々、囚人たちを用いた人体実験なども行われていました。

毒まみれになったパンクハザードは、政府が閉鎖しますが、2年前から赤犬と青雉の戦争の場所として、環境が変わるほどの戦いが起こりました。

そして一年前に、シーザーが上陸し実験の拠点として、ローが3か月前から隠れ家として上陸しました。

そんなパンクハザードから買い取った失敗作は、どのような人だったのかまとめたいと思います。

 

ナンバーズは元々パンクハザードの子供?

ナンバーズは20年前の時に影ですが、圧倒的な大きさの人物が暴れまわっている描写があります。

これはパンクハザードから、買い取った失敗作だと考えられます。

さらに、パンクハザードの人体実験は昔から行われていますが、子どもを使った実験はシーザーが、パンクハザードに上陸した時の1年前からだと予測されます。

また、パンクハザードには氷漬けされた人物が、大量にいたことから、彼らが政府に実験台にされており、カイドウに買い取られたメンバーだと思います。

なので、ナンバーズは元々パンクハザードの子どもでは無いと考えられます。

 

ナンバーズの元は巨人族?

ナンバーズの大きさは巨人族より大きい、古代巨人族の大きさ位とされています。

巨人族より大きいと驚かれたのは、過去にはオーズとオーズJrと、パンクハザードの氷漬けにされている謎の人間が挙げられます。

パンクハザードの人たちは、通常の大きさの囚人に巨人化させる人体実験を行ったとされています。

また、ナンバーズは自我を失ったような、周りに制御できない様子でした。

それは普通に育ったのではなく、人体実験の副作用と考えると合点が合うと思います。

元々、ペガバンク率いる政府の実験班による、人体実験の失敗作をカイドウが所有しているのは、謎が深まりますね。

なので、ナンバーズは元から巨人族ではなく、人体実験による巨大化と考えています。

 

ツイッターでのナンバーズの正体についての考察は?

ナンバーズは巨人化の実験での失敗作とありますが、カイドウはどうやって政府から失敗作を買い取ったのか気になります。

カイドウと政府と繋がっているのでしょうか?

 

まとめ

ここまでワンピースのカイドウの戦力の一角である、ナンバーズの正体は何なのかまとめて見ました。

いろんな説が挙げられていますが、パンクハザードの巨人化実験による失敗作によるものだと考えています。

大きさは古代巨人族並の大きさを誇りますが、副作用として自我が制御できないようになっていると予想されます。

今後厄介な相手になると思いますが、戦いぶりに注目してみたいですね。

以上「ワンピースのナンバーズの正体は古代巨人族の失敗作?パンクハザードの子供たちから作った?」と題しお届けしました。

Pocket
LINEで送る